悔しかった。本当に悔しかったという表現が当てはまる。でもよくやったとぼくらは選手を褒め称えた。こんな気分になったのはいつ以来だろう。所詮は負け犬の遠吠えになるが勝てなくはなかった。それだけに思い出すとやっぱり悔しくなってしまうのだった。