無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

2015年10月31日 (土)

旭化成の杭データ改ざん報道について

 正直サッカーとは何の関係もない話だがあまりにも目に付いたので書かせてもらう。興味のない人は読まなくていいです。
 横浜のマンションの傾きから始まった旭化成の杭データ改ざんだが、あまりにもマスコミの執拗な報道に辟易してきた。その理由について述べたいと思う。
 まず、横浜のマンションの傾きは杭のせいだろうか。それは個人的にかなり懐疑的に思ってる。というのも2011年の東北地方太平洋沖地震の際、この物件は倒れることがなかった。もし杭が支持層に達してないなどの強度不足があるならこの時何らかの異常があってしかるべきだがその報告はない。同じ横浜市で倒壊したビルがあった中で件のマンションは少なくとも崩れなかったのは事実である。そんな地震に耐えた建物が10年経って傾いたのが杭のせい。しかもその傾き2cm、これはさすがに行き過ぎではなかろうか。
 そもそも杭が支持層に達してないという報道がある。ではその支持層の深さをマスコミのみなさんはどう計測したのだろう。果たしてすでに建ってるマンション下の地盤をどのように調査したのか。少なくともぼくは知らない。もし何も調査もしてないのに支持層に達してないと言うなら根拠がないのに報道してることになる。つまりそれはデータを改ざんしてると批判してるマスコミも同じことをしてるのだ。
 次に、データを改ざんして支持層まで杭を打ち込まなかったという論点について。確かにデータの改ざんはあったのだろう。そしてそれは支持層に達してないのを誤魔化す為だというのがマスコミの論調だがこれもおかしい。そもそも杭の材料というのは元請けから発注を受けてメーカーが製造するもの。つまりこの場合旭化成が三井住友建設から杭径、杭長、杭種、本数などの発注を受けて製造したのである。そしてできた杭材を現場に納入し現場代理人はそれを図面に記された場所に指定された深度に打ち込むよう管理するものである。つまり、現場代理人は図面に記載されてる以外のことはできない。仮に深く打ち過ぎるようなことをやれば逆に現場代理人として責任を取らされる話。旭化成も杭の引く止まりとして補強費を請求されるだろう。つまりここまでの要素に現場代理人の責任となる要素は一切ない。
 そこでデータの改ざんの話をしよう。これは施行結果として工事完了後に施工報告書に電流計というものを添付する。杭打機が掘削する際の電流抵抗がチャート用紙に表示され、電流抵抗の増減により支持層の確認を行うという趣旨のものである。これが改ざんされてるから支持層に達してないとしてるがこれはちょっと的外れだ。なぜなら電流計というのはあくまでも目安でしかない。それはどの杭メーカーも予めそのようにうたってる。その理由を説明しよう。
 電流計というものは杭打機が杭を入れる孔をスクリューで掘削する際の電流抵抗を計るもの。地盤が硬くなれば電流値が上がるので支持層に到達したという目安ができる。ここで目安というのはあくまでも杭打機が杭を打つ機械であって地盤の調査をするものじゃないからだ。地盤の調査をするなら一定速度で水を使わない空掘りをする必要がある。だがそれでは施工性が悪くしかも機械の負担が大きい。更に言えば20~30m掘削で杭が入らない危険性がある。結局のところ施工者は杭を入れるということが第一の目的であるから水を使う、スクリューをを反復させて排土するなどといったことをしてなるべく機械に負担を掛けず、尚且つ効率の良い掘り方で進めていく。なので現場によっては上手い施工チームほど電流値が上がらないということが起こる。それ故に施工業者が支持層の深さを判別するというのは無理な話なのだ。それでも1本1本じっくり時間を掛けてやればいいという話になるかもしれないがそれを要求するなら杭の施工単価は大幅に上げてやらないとできないだろう。
 仮に電流計の値が低かったとしよう。それを発見しても杭の現場代理人が杭長の変更を提案できるだろうか。元請けから渡された図面は設計者が製作したもの。現場員は設計の知識までは持ち合わせてない。図面が間違ってるということは設計者に異を唱えること。現場代理人とはいえいち労働者でしかないのにそれはできない。
 結局のところ現場代理人は図面通り施工することは仕事であり、逆にそれを逸脱することはできないのだ。つまりデータを転用したからそれが支持層に達してないというのはどうにも飛躍した解釈でしかないのだ。
 ではもう一つのデータ改ざん、流量計についてである。これについては本当にそんなことやったのか疑わしいと思ってる。なぜならこれについてはデータを改ざんするメリットが何もないから。一人の勤め人でしかない現場代理人にとってセメントの量を減らすメリットがない。却ってそんなことをしたらデータを偽造しないといけない。実はそういうデータを作るのは結構面倒臭い。だったら規定量のセメントを注入してきちんとデータを取った方が現場代理人に取っては楽だ。そもそもセメント量は出荷したセメント会社に聞けばその総量が出る。不正をしたならその量が足りないはず。納入量は満たしてるのに杭の注入量が足りないとしたらそのセメントはどこに消えたのか。それも後処理を考えたら正規に使った方が楽なのである。
 それらのことから各地で杭の施工データの不正を探しそれを報道してる様は滑稽でもある。探した方がさぞ不正を正したという気分でいるのだろうがマスコミが大々的に報道することで変に不安を煽ってるだけである。杭業者というのはあくまでも設計された通りに施工しただけ。施工データというのはあくまでも完了した報告書としてまとめただけのもの。逆に杭業者が施工中に支持層に達してないと気付くくらいならそもそも設計がおかしいという話になる。設計をする前に綿密なボーリング調査をしてないということでそれは杭業者の範疇ではない。加熱する杭データの改ざん報道、それによって仕事もやりにくくなるのは容易に想像できる。ただでさえ人手不足気味の業界にあって尚更やる人いなくなるのではという機具を抱くのだった。 

2009年4月 4日 (土)

ガンバ大阪戦~ミサイル発射予告

2009/04/04 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 万博記念競技場

【北朝鮮】ミサイル準備完了か

北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、人工衛星「光明星2号」の打ち上げ準備が完了し、「衛星は間もなく打ち上がる」と報道した。ロイター通信などが伝えた。(産経ニュース)

 全くきな臭いニュースだ。といっても煽ってるのは報道機関だけで外で出るといたってほぼ平凡な日。何事もない一日の朝だ。恐らくTVもラジオも新聞もネットもなければ何も知らないだろう。かくいうぼくもこうしてのんびりと記事を書いてる。実に危機感がない。これが平和ボケというものだろうか。

 どんなことがあっても日本にミサイルが落ちてくることはない。

 結局はみんなそう思ってるんだろう。北朝鮮という得体の知れない国がすぐ真近にいながら何のしんぱいもしていないのはそのせいだ。ただ実際には北朝鮮に拉致されてる人だっているし不穏な噂は絶えない。ただ、それもSFじみた陰謀論のように語り継がれることによって現実味を感じないというのが現状ではなかろうか。

 こんな時にサッカーの試合なんてやってもいいんだろうか。日本人は危機感が足りな過ぎる。こんなことではいつ日本が滅亡してしまうか分からないぞと激高しそうな知識人でもいそうだが意外とそういう人も日本が平和であるがために成り立ってる部分もあるというのは穿った見方だろうか。

 だが世界の紛争地域にサッカーがないかといったらそうでもないのだ。実際に旧ユーゴスラビアでは内戦の只中にあろうが国際試合をやってるしそういうビッグイベントがある日には停戦状態になったらしい。中東においてはイラクはイラク戦争の後でも代表チームはオリンピックに出場したし年がら年中紛争が起こるイスラエルなど国内リーグがあり日本から中田浩二移籍かという記事まで出た程だ。だから身の危険が迫ってるのにサッカーにうつつを抜かして大いに結構なのである。

 しかし、またしても陰謀説となってしまうがこの世界というのはほんの一部の人に動かされていて世界経済も国際情勢も全てその人たちの意のままに操られてるというのだ。それが金融などの手段により世界のほとんどの人は動かされ結局巡り巡ってそういう一部の人を肥大化させるのに貢献してるだけというのである。言ってみればみんな奴隷ということだ。ただ、かつての奴隷と違うことは皆自由で自らの意思で働いてるという幻想を抱かせるということだ。つまりどんな辛い仕事でも何か熱狂させるものがあればそれを忘れさせる。それにはスポーツが都合がいいというので普及させてるということだ。

 一理はあるかもしれない。だけどそういう一部の人の活動拠点となると当然金融の中心であるスイスやアメリカ。そこにもサッカーがある。だけどそういう場所から普及していった訳ではない。お金だけばら撒けば簡単にスポーツが根付くならそんな楽なことはないのであってサンフレッチェだってお金を使ってサッカー専用スタジアムを建設すればもう安泰ということになる。そしてそれはガンバとて同じことだ。

 今やすっかり強豪クラブという看板を背負うようになったガンバだが残念なことにスタジアムの評判は悪い。そこでサッカー専用スタジアムを建設するという声はあったものの具体的に計画が進んでるのかどうかサッパリ分からない。是非とも実現させてもらいたいものだ。これでガンバがサッカー専用スタジアムを造ったら広島に与える影響もいくらかあるだろう。

 そういう意味でガンバには期待してるものがある。関西で強くて人気のあるクラブとして君臨してくれれば地理的に近い広島は影響を受けずにはいられないだろう。とよそ様の検討を期待してしまう。これが広島。他力本願、どうせガンバには勝つことができないと思ってる自分。当然相手も広島には勝てると踏んでいる。ここで勝ったら、それこそミサイルを撃ち込んだくらいの衝撃が走るだろう。

2008年12月 6日 (土)

ぼくの金銭事情

2008/12/06 サンフレッチェ広島vs徳島ヴォルティス 広島ビッグアーチ

 リーグ最終戦。もはや消化試合なのだがどれくらい客が入るのだろうか。Jリーグ公式サイトのチケット販売状況では30%~50%の売り上げがあったがこれがあんまりあてにならないのが実際に自分が行ってみた試合で経験済みだ。これくらい前売りが売れてるんならかなり客が入るだろうと思いきや13千人くらいしか入らなかった。もっともビッグアーチで13千人も入れば良い方だ。それもちょっと寂しい気もするのであるが。

 人伝に現地に行く仲間がいることも聞いた。正直ぼくも行こうかとも考えた。だけど断念したのはやはり4万円近く掛かる出費にはそう易々と行動ができないというものだった。もしぼくの実家が広島ならまだ行くにも理由ができる。だけど1試合だけの為に行くとなるとやはり負担が大きいのだった。

 ぼくには夢がある。それはデカイ薄型TVを買うということだ。未だに24型のブラウン管TVを使ってるぼくとしてはこれは買う理由がある。いずれにしたって2011年までには買い換えないといけない。だったらもっといいやつにしよう。Jリーグが観れるTVにしよう。その為には4回広島に行くのを我慢すればいいのだ。何て合理的な考えなんだ。

 ただ、デジタル放送だが実際に2011年に移行できるのかどうか疑わしい面もあるようだ。全世帯への普及率がまだ50%いってないらしい。これは移行直前になってラッシュのように買い替えがあるのだろうか。それともまだ実感が沸かず何にも考えてない人が多いということだろうか。まあTVなんて多チャンネルになる必要がないと考えている人が大半なのかもしれない。そもそも平日仕事をして休みの日も出掛けて実際にTVを観る時間なんてごく限られてる。それなのにその限られた時間で何チャンネル見られようがあまり意味をなさないのだ。今はネットも普及しTVだけが娯楽という訳でもない。本当にそこまで普及させるにはイギリスのドラマ『マックス・ヘッドルーム』のようなTVと一体化したような社会にならないといけないということではなかろうか。

 文明というかテクノロジーが発達して便利になったようでいながら却ってそれに伴う負担も増えてる気もする。例えば携帯電話が普及していつでもどこでも連絡が取れるようになったが結局その料金を払う為に何かしらの娯楽を削らなければならない。その分余計に働かなれればならない。それって相対的に生活を豊かにしてるんだろうか。文明の発達にはそういった背反性があるというのは夏目漱石が文明論の中で記したものだった。

 ここまでカバチをたれたのも結局はぼくが金を掛けたくないという本心に理屈を付けたかっただけなのだった。ここにきて世の中不況になってきた。ぼくにもいつ解雇の言葉がやって来るかも分からない。ぼくだけじゃないと思うがそんな中でよくみんな色んなとこへ遠征に出掛けたりするものだ。その精神たるや羨ましい。大体こうやって遠征に出る人はバイタリティに溢れてるので仕事でも上手くやれる人なんだろう。

 しかしちょっと前まで景気がいいと言われてたのにぼくの給料はちっとも上がらなかった。それなのに景気が悪くなると給料は下がるような話が出る。一体この会社の給与体系はどうなってるんだ。こうなったらtotoビッグに当選して当選金で毎節広島行きできるようになるしかないな。といってそのtotoビッグさえ買うのが惜しいと思ってるぼくなのであった。

2007年2月12日 (月)

女性の役割

 関東決起集会なるものが企画されてる。各自実行委員とされる人達はそれに向け会場の店と連絡をしてイベントの進行や催しを色々と思案している。ぼくも案を出してもいい立場だがここはノータッチで成り行きをお任せしている。正直あまりにも手際よく進んでるようなのでぼくの出る幕はないといった感じなのだ。だからぼくは一人のお客さんとしての立場を貫くつもりだ。

 でもこの企画を先頭に立って進めてる人は女性である。結構バイタリティのある人だ。ある意味関東の広島サポがここまで集まるようになったのもこの人の功績が大きい。やはり集団において女性がいるというのは雰囲気を明るくするのに極めて重要だ。

 そういえば最近柳沢厚生労働大臣が「女性は子供を産む機械」と発言したことによって大バッシングをされている。まあ表現の仕方は良かったとは思えないがこの発言で傷ついたという女性もぼくはどうかと思う。大体普段大臣の発言なんて気にも留めないのにそういうマスコミが騒いだ時だけこんな酷い発言をしてとヒステリーを起こすのはどういうことだろう。中には女性の代表として断固大臣の辞任を訴えるという議員もいるがそういうのが女性の代表と自ら名乗るというのに首を傾げてしまう。あれには夜中の討論番組で「あなたは女性をバカにしてる!」と叫ぶオバサンと似たものを感じる。女性ってそういうものじゃないでしょと思うのだ。女性って一人いるだけで雰囲気が明るくなる。それだけでもいる価値があるのだ。だから肩肘張ってる女性の中にはずいぶん損をしてるなという人がいると思うのだがどうだろうか。

 Jリーグのサポーターの中には女性も多い。その分応援の時イングランドのように図太い地響きのようなチャントにならない。レッズのような特殊なクラブもあるが大抵のJリーグの応援は声が軽い。それは声援の中で女性や子供も入ってるからである。これは逆にいえばヨーロッパにはない日本だけの文化であるといえる。これこそが世界に誇れるJリーグの特徴ではないだろうか。

 中には本場のヨーロッパではこうだとしきりにヨーロッパを基準に語る人がいる。でもこの辺はヨーロッパはヨーロッパ、日本は日本でいいんじゃないだろうか。少なくともぼくは今の子供も女性も応援の輪に加われる、そういう環境のJリーグを楽しんでる。そういう環境がある限りフーリガンの問題も起きないだろう。暴力事件を起こす可能性のあるのは男だろう。それが女性や子供のいる前でそんな暴力事件を起こすだろうか。ぼくは却って規制を緩めた方がいいと思う。そして女性や子供をもっとスタジアムに呼ぶことの方が抑止力になると思う。ついでに言うと警備員もオジサンではなくおばちゃんにした方がいい。女の人にそう威圧的なことを言う人もいない。例えば町場の工事現場の前に女のガードマンが立ってるのを想像してみると良い。例え自分の通行の邪魔だと思っても女のガードマンだったら逆にこっちの方が気を使ってしまうということがないだろうか。女性というのはそういうものなのである。

 サンフレッチェのサポーターももうちょっと女の人が増えて欲しい。やっぱり女の人のいるところに人は集まる傾向がある。その為にも先ほどの女性にはこの先もがんばって欲しい。こんな他人任せなことばかり言って自分は何もやらないのかと言われそうだがまあある程度当たってる。だってぼくが女の子に声を掛けるとササササ、ササーと逃げられるの眼に見えてるから。その為にぼくは何度涙を流したことか。いや、女性は雰囲気を明るくさせると言っておきながらぼくの記憶には辛い思いしかないのだった。

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30