« 2023年12月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月23日 (金)

浦和戦~新スタジアムでの開幕戦

2024年2月23日 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッドダイヤモンズ エディオンピースウィング広島

 

 開幕戦。すでにプレシーズンマッチを行ったとはいえ公式戦ではこれが柿落とし。チケット完売。浦和のサポーターも押しかけ声援で圧倒する。それに負けじとサンフレッチェのサポーターも声を振り絞る。声が揺れ動く。このうねり。これぞサッカー専用スタジアムであり新たなホームスタジアムなのだった。

 そんな揺れる声援の中での選手入場。そしてセレモニーとして国家独唱。出てきたのは吉川晃司。そこに観客はサプライズの感嘆をあげ、マイクを取った。低い声で絞り出す声は渋かった。更に後半になるとハイトーンで声を張り上げスタジアムの観客を巻き込む合唱へと化し、最後は両サポーターの声援で包まれるのだった。

 そんな大事な新スタジアムでの初戦、スタートとなったのは昨シーズンとほぼ変わらないメンバーではあるがシャドーに新加入の大橋が入っていた。そして浦和にも新加入の選手が入っていたものの中でも存在感を放つのがトップのチアゴ・サンタナだった。そこをどう抑えることができるか。そしてサンフレッチェは大橋が上手く試合に入れることができるかが注目点だった。

 曇り模様で気温の低い広島市。その中でのキックオフ。両者前から運動量を厭わずボールにプレッシャーを掛ける。そんな激しい動きの中で徐々に浦和がボールを持つ時間が長くなる。左サイドから松尾が侵入し折り返し。それを押し込まれる。が、これをGK大迫がキャッチ。右手手術の為直前までリハビリしてた大迫は早速安定したセービングを見せつけた。その後も浦和の攻勢が続くもターゲットとなるサンタナには荒木がマンマーク。肉弾戦になりながらも決して自由にさせることはなくそれが守備での粘りを与えるのだった。

 後ろが踏ん張ってるだけにそれを攻撃に繋げたい。浦和の攻撃を跳ね除けるとそのボールを満田が回収。右へと大きくサイドチェンジ。広大なスペースへ出る。が、これに中野が追いつかない。その後にも左サイドで抜け出した東がクロスを上げ大橋が頭に当てるも枠の外。大橋が突っ込みすぎていた。いい場面はつくり出すけどゴールが奪えない。これでは昨シーズンと一緒ではないか。その為に奪った大橋だったが何となくサンフレッチェに入った途端に得点力が下がるような気がしてきたのだった。

 それでもサンフレッチェのシュート意識は高くボランチに入った満田はフリーになると遠目からもシュートを放つ。そしてシャドーの加藤もダブルタッチで相手をかわしミドルシュート。なかなかボックスには入れないものの遠目からでも狙うという姿勢はサンフレッチェに攻撃への波をもたらせた。ショートパスでのビルドアップ。トップのピエロスに入れると収まりがよく全体が前を向ける。バイタルエリアを固める浦和にパスで散らしスイッチを入れるタイミングを図る。真ん中で川村が受けるもプレッシャーからサイドに流しリターンを受けるも受け損ねたかに見えた。が、ルーズボールのようなそのボールをダイレクトに打ち込む。血を這うシュート。GK西川止めるもボールの威力によりこぼれる。大橋が詰めた。シュートが大きい。枠を外れたかと思ったものの次の瞬間ボールはゴールの中でしっかりと跳ねていたのだった。

 入った、入った、入った。大橋、決めた、ゴール。新スタジアムの最初のゴールは大橋。数チームの争奪戦の中サンフレッチェに来たものの早くも結果を出した。得点力不足のチームにおいて足りないものが満たされたのだった。

 幸先のいい先制。しかも前半終了間近だった為、リードのままハーフタイムを迎えることができた。

 後半に入り浦和は攻め手を変えてくるか。失点することにより尻に火がついたチームが巻き返すことはよくあることだ。ところがその出鼻を挫くようにサンフレッチェは高い位置からのプレスで相手のビルドアップに蓋をする。GK西川を含めてパスによってプレスを回避する浦和。だが遂にはペナルティエリア内へ追い詰めルコとでパスカット。それを大橋が切り込もうとしたとこを倒された。笛が鳴る。PK。スタジアムが揺れるのだった。

 早くも追加点のチャンス。自分の奪ったPKだけに自分で蹴りたいと主張する大橋。それを頑として跳ね除けるピエロス。結果的にペナルティスポットへボールをセットしたのはピエロスだった。

 主審のホイッスルが鳴るも動かないピエロス。左に角度を取りゆっくりとした助走からシュートモーション。蹴った弾道は左へ。しかしGK西川はそちらに跳んだ。コースを読まれたことに動揺したかピエロスのシュートは枠を外してしまったのだった。

 ああ、ピエロス。何となくまずい気はしてた。大橋が決めたことでCFとして自分も結果を残したいという焦りがあったのだろう。どことなく決められそうな雰囲気がなかった。これならやはり大橋が蹴った方がよかった。そんな悲嘆に暮れる中、浦和が勢いを持って攻め込んできた。一気に流れを持っていかれそうな展開だった。だがこれをカットして前線へ繰り出すと左サイドのポケットに出る。加藤が受けてゴール前を見定めるとクロス。浦和DFの壁がある中を飛び込んだ大橋。これがボールを捉え再びゴールに叩き込むことができたのだった。

 決まった、決まった、決まった。大橋2点目。ピエロスがPKを外したことにより流れが変わりかけたもののそれを一気に突き放してしまった。自信がPKを蹴らないことによって決められなかった得点をすぐに補った。この1点は大きい。まだまだ点を取りに行く、そんな闘志を燃やしていくのだった。

 どうにか反転したい浦和。ウィングに前田を入れると左サイドをドリブルで切り裂かれ後手に回る場面が増えた。そしてトップのサンタナに代わって興梠が入るとサイドからのクロスに対して絶妙なタイミングで入られる。前田、興梠。この2人はどこのチームに行っても厄介だ。浦和はどんどん攻撃の厚みを増していく。次第に防戦一方になっていく。

 ピエロスに代えてヴィエイラ。加藤に代えて松本泰志。サンフレッチェもフレッシュな選手を入れることで押し上げをしようとするも上手くつながらない。何度かカウンターのチャンスを迎えるもののフィニッシュが決まらない。それどころかシュートにいく前に浦和に奪われてしまうと一気にピンチに陥る。目の錯覚だろうか、このスタジアムはピッチが狭いように見える。ゴール前の攻防によりシュートを打たれる。GK大迫が最後の砦として防ぐ。するとここまで攻守に渡ってピッチを駆け巡ってた川村が座り込み山﨑との交代を余儀なくされる。残り時間、何とか無失点で乗り切りたい。浦和のCKが入る。前田の蹴ったボールは合わせられゴールに向かう。が、ポスト。跳ね返りをクリア。満田が拾い中野が受けようとしたとこで倒された。ピッチでうずくまるも正直ファールによってプレーが切れたことに安堵した。

 そしてそのままタイムアップ。新スタジアムでの試合を2-0の勝利で終えることができたのだった。旗が揺らめき歓声がこだまする。よかった。初戦で勝つことができた。そうそう思い描いたようなストーリーとは実現化しないものの理想的な結果となった。素晴らしい、素晴らしきチームでありスタジアム出会った。

 ただ、この雰囲気を作り出したのは間違いなく浦和サポーターの声援もあっただろう。地響きのようなチャントはこの空間を一種独特なものへと変えていった。声量で言えば間違いなく浦和の方が圧倒してたのである。

 まずは開幕戦を制した。そしてこれをどこまで続けていくことができるだろう。熱くなりながらもまだ1戦終わっただけという冷静な理性が働いてしまう。それはやはりまるで人気もなく低迷してた時期を知ってるからだろう。改めてこの新しい歴史の第一歩が光り輝くものであれば良いと願うのだった。

2024年2月11日 (日)

プレシーズンマッチ~新スタジアム柿落とし

2024年2月10日 プレシーズンマッチ サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪 エディオンピースウィング

 

 サッカー専用新スタジアム。これをどれだけ待ち望んでいたことだろうか。ピッチまで遠くアクセスにも劣るエデイオンスタジアムはJリーグの中でもワーストに入るスタジアムだった。広島じゃしょうがない。いつしかそんな諦めも持ったものだが突如として決定した新スタジアムの構想。興奮したものの本当に建つんだろうかと最後まで疑念を抱いていた。それがこうして実際に柿落としを迎えたのだった。

 感無量、それでいて呆気なく具現化したという不思議な感覚である。いずれにしてもここから新しいサンフレッチェの歴史が始まる。その最初の試合。公式戦ではないもののこのスタジアムに相応しいパフォーマンスが発揮されるだろうと胸躍る。その期待は公式戦でもないのに満員となってるスタジアムに現れているのだった。

 そして現れたスターティングメンバー。左サイドに柏、ボランチに青山とベテラン2人が入ってる他はヴィエラがワントップに入ってる以外はほぼ昨シーズンと同じメンバー。プレシーズンマッチの割には硬くきたものの青山、柏といったベテランを入れてる辺り、ちゃんと興行としての手心も入っているのだった。

 両者の声援が鳴り響く中、スタートした柿落とし。前から嵌めていこうとするサンフレッチェに対して相手の隙間、隙間に上手く通していくガンバ。そして前への推進力に迫力がある。ガンバの攻勢が続く。後手に回るサンフレッチェ。それでも局面でのボール奪取から一気に前線へ駆け抜ける。ただここでパスの意図が合わない。もしくはそのパスの出しどころを上手く嵌められてるせいで思うように攻撃が繋がらない。それにより裏を突かれペナルティエリアまで持ち運ばれシュート。これはGK川浪がブロックしたもののオフサイド判定。それでもここで止めたというのは大きい。正GKの大迫が不在の中で川浪がその役目を全うできる判断となりうるのだった。

 その後もガンバの攻勢は続くものの意表を突くようにゴール前へ持ち上がる。そこで柏がカットインからシュート。これをGKがパンチングで逃れる。惜しいシュートだった。だけどあの決定的場面で決めきれないのがサンフレッチェである。そしてこれにより得たCKで荒木が競り勝つもまたしても枠の外。決定機が活かせない、CKで点が取れない、2つの要素が具現化された場面だった。

 そしてこのままスコアレスのまま前半を終え後半では5人のメンバー交代を行う。GK川浪、青山、柏、ヴィエイラ、荒木を下げ、GK田中、東、大橋、ピエロス、山﨑が入る。するとここから停滞してたリズムが躍動する。最終ラインの山﨑からロングキックが縦にに入りそれを受けた大橋が左サイドに流す。そこに走り込んだ東がクロス。ゴール前NI入ったピエロスのヘッド。入った。交代選手によって決め切ってしまったのだった。

 湧き上がるスタジアム。この押し寄せるようなうねりはエディオンスタジアムにはないものだった。この勢いでたたみかけたい。突き進め。もっともっと突き進め。

 ところがここでガンバが再びゴールに押し寄せる。何とかCKに逃げたもののこのCKでニアDEフリックされファーNI詰められ決められてしまった。呆気ない失点。せっかくのリードは最も簡単に追いつかれてしまった。しかもCKというのが後味が悪い。サンフレッチェは何度CKを得ても得点に結びつけられない一方、ガンバはたった1回で決めてしまう。この辺が昨シーズン勝ちきれなかった要因なのだというのを再認識させられてしまうのだった。

 その後もベンチ入りメンバーに出場機会を与える為の交代が行われ、松本泰志がシュートを放つ場面をつくるも決め切ることができず。そしてエゼキエウはカウンターで抜け出したものの転けてしまった。そこから一気にガンバに攻め込まれ決められてしまう。アピールできる場面がありながらもそのことごとくを残念な結果に終わらせてしまう。いつかはブレイクするだろうと思ってた選手はやはり僅かなところで打破できないのだった。

 活気付くアウェイゴール裏のガンバサポーター。それに比べるとサンフレッチェの応援は圧が足りない。それもそのはず、ゴール裏の多くのエリアでまったりと座って観戦しているからだった。せめて手拍子くらいしてほしい。というのが正直なとこ。この辺り、まだ広島に応援の文化というものが育ってないことを感じざるを得ないのだった。

 そしてこのまま1-2での敗戦。記念すべき新スタジアムでの初戦を勝利を飾ることができなかった。これには流石にこたえた。期待が大きかっただけに失望も大きかった。だがもしかしたらこれでよかったのかもしれない。

 そもそもが開幕前にサンフレッチェの評価が高すぎた。昨シーズン13ゴール奪った大橋の獲得などもあり優勝候補などに挙げられた。そのせいでぼくらもそれにのぼせ上がってしまった。だけど現実はそう甘くないのである。そしてそれ以上にサンフレッチェの場合評価が低い時の方が成績を残す傾向があるのである。

 これで他チームもサンフレッチェへの警戒を緩めてくれるだろう。世間の評価も落ちるだろう。その時こそサンフレッチェが本領を発揮できるのである。そう考えてこの敗戦をポジティブに考えていこうと思うのだった。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年3月 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

サンフレッチェの魂~リンク集

  • Flashscore
    世界の様々なスポーツ試合速報を、リアルタイムで発信しているサイト
  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles