« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月20日 (土)

清水戦~ヨンソン監督に叩きのめされる

2018/10/20 清水エスパルスvs サンフレッチェ広島 IAIアウトソーシングスタジアム

 

 首位陥落。2連敗。連続無得点。

 順位こそ2位であるが完全な落ち目である。点が入らない、守備で堪えきれない。まるでいいとこなく今や高校生と試合をやっても勝てないような気がしてきた。そんな時に清水との対戦。ヤン・ヨンソン監督である。昨シーズンのサンフレッチェの監督。城福監督にしてみれば自分の存在価値を見出すには絶対に勝たないといけない試合なのだった。

 澄み切った秋の日差しがピッチの芝の緑を映えさせる。心地よくサッカーができる。代表戦のせいで2週間中断したこともあってこれまでの悪い流れは止まるだろう。そして選手も自らその流れを断ち切るべく素早い寄せ、激しい当たりというのを体現していった。この一戦に掛ける想いというのを感じた。

 ところが清水の攻撃ばかりが目立つ。右サイドで出場した川辺はボールを受けても孤立してしまい個人技で切り抜けるもサポートに入った青山が簡単に奪われてしまった結果CKを与えてしまった。

前半のCK。それだけで嫌な予感がする。が、マンマークはしっかりしてる。競り合いで負けれない。そんな空中戦の裏を突いてグラウンダーでニアへ。そこへ飛び込んだ北川がゴールのわずかな隙間に見事に決めたのだった。ああ、またしてもCKでの失点。毎回毎回同じパターンでやられてる。あれだけ中断期間があったのにどうしてこの課題が解決されてないのだろう。

早く追いつきたい。でもどんなにボールを回そうとハーフラインを超えないのだ。DFで回してるだけ。だから相手も守っててちっとも怖くない。チャレンジで縦パスを入れるとことごとくカットされてる。どことなく観ててそのタイミングが読めてしまう。受け手の位置とかもう少し改善できないのだろうか。その辺を修正という監督の采配には疑問を感じてきた。

それでも前線でサイドから中へと入るボールに工藤が入打った。ジャストミート、入ったと思ったもののGKにストップされてしまった。ああ、やっぱり決めきれない。工藤は本当にシュートが苦手だ。それなのにFWというポジションであることに悲哀を感じる。

そして後半に入る。追いつきたい。だが柴崎が右サイドで息詰まった。すると中途半端な浮き球を中央に送ると簡単に清水ボールになってしまう。そしてそこから少ない手数で前線へ。カウンター。追いかけるDF。だがゴール前でパスを出されるとフリーのチョンテセにガツンとやられてしまった。

終わった。もう勝てない。巻き返すつもりが逆にやられてしまった。この追加点は精神t歴にも物理的にも巨大なダメージを受けてしまった。

もうこれ以上観る必要はない。そう思いながらも惰性で眺める。工藤がティーラシンと交代した。その後柏が入る。するとさすがに危機感を感じたか、ゴールに迫るプレーが多くなる。するとついに絶対的なエースであるパトリックが交代を告げられる。ベリーシャが入った。それで更に攻撃への比重を高めていった。

サイドからのクロス、青山のスルーパス、ゴール前へのパス。そういったシーンがありながら決めることができない。ベリーシャ、ティーラシン、川辺。それぞれ持ち味を出しながらシュートを放つが決めきれない。どんなにいいサッカーをやろうと最後を決める選手がいないのだった。

そして終わった。本当に無得点で終わった。3試合連続完封負け。想像はしていたが実際に目の当たりにするとキツイ。もう何をやっても勝てない気がしてきた。

得点力不足。それは単に頼みのパトリックが点を取れなくなったというだけだ。かといって他に点を入れる選手がいるかといえばいない。そしていつも同じパターンで失点をしてしまう学習能力のなさでいつもやられるのだった。

ヨンソン監督の時、セットプレーでの失点は克服できたんだよな。そしてパトリックがいなくても最後残留できたんだよな。そして今回そのヨンソン監督に叩きのめされてしまった。

もしかして監督交代しない方がよかったのでは。今更ながらそんなことを思ってしまう。少なくとも残り試合の中でそれを覆すものを見せてくれるのか見守りたいとこだ。

2018年10月17日 (水)

ウルグアイ戦~新たな力

20181017日 日本vsウルグアイ 埼玉スタジアム2002

 

 サイドハーフからのキラーパスを受けドリブルからのシュート。中島のパスと南野のシュート。これはもはや個人技の差だった。DFの壁を切り裂くパスとDFをかわしてシュートを打つ技術という2つのプレーの結晶。これまで点が取れないのは連携ができてないからと何度同じ言い訳を聞いてきただろう。そんなわだかまりを打破してくれたゴールはこの後3回も訪れた。もっとも3失点したという課題はあったものの間違いなく面白いという感覚を持って観ることのできる試合だった。

 それもそのはず、前々監督のハリルホジッチ時代があまりにも面白くなかったからだ。選ばれるのは今までの代表キャップのある欧州組ばかり。しかもその面子は前々会のワールドカップメンバーと変わらない。そもそもそれって岡田監督が選んだメンバー。結局実績を重視するあまり新戦力も出なかったし、何よりも観てるこちらの方が飽きてしまってた。それで結果が出ないと連携を深める時間がないと嘆く。あんなのだったら誰でも監督できる。そう思った人は多かったのではなかろうか。

 それなのにどうしてあんな監督が約4年近くも監督を任されたか考えてみる。当時から日本人監督でいいんじゃないかという声はあった。それでも外国人にこだわったのは結局のところ選ぶ人が自分でやりたかったからだろう。自分を差し置いてライバルでもある同業の日本人監督にやらせるのは心情的に許せない。それはとうに監督業からも退いた人であってもサッカー協会に所属してた人の中にはそういう人もいただろう。現に日本人には代表監督はできないとはっきりと言い切った重鎮までいた。

 ところがロシアワールドカップ直前に西野監督に交代。そしてこれが決勝トーナメント進出を果たすという結果を出してしまった。改めてこの時の功績は大きい。なぜなら日本人監督でやれるということを証明してしまったのだから。しかもその方がいいサッカーをしてしまった。

 今にして思えばあの監督交代劇のタイミングはあそこしかなかったのだろう。ハリルホジッチに疑問を持ちつつも簡単に切れない事情があったのかもしれない。何かを変える時、タイミングというのが大事なんだというのを見せつけられた。

 森保監督が代表監督に就任したのもそんなギリギリな可能性の中から生まれたのだろう。いつかは代表監督、確かにそんな願いをした。それなのにピッチで指示を送ってる監督はまるでそんな威厳を発してなかった。そう、それこそがサンフレッチェを3回も優勝させた森保監督のスタイルなのだった。

2018年10月 6日 (土)

柏戦~目標1ゴール

2018106日 サンフレッチェ広島vs 柏レイソル エディオンスタジアム広島

 

 台風接近の影響から一時は中止の懸念もあったものの結局試合は開催された。ただ、やはり台風の影響から強い風が吹き荒れてた。コーナーフラッグが傾き選手の髪とユニフォームは波打っている。その影響を考慮し、コイントスで勝った柏は逆の陣地を取ったことでいつもと逆たのは変な気分だった。

 するとその風上の利を生かした柏は攻めてくる。どんな質のボールを蹴ろうと前に進む。それを食い止めようとクリアしても押し戻される。ヘディングでクリアなどするとどこに落ちるかわからない。その結果いつも黄色いユニフォームの選手ばかりボールを拾うのだった。

 そんな状況でのCKだった。風の影響をもろに受ける。だがGK林はパンチングで飛ばす。それで難を逃れたと思いきや真正面に。伊東がダイレクトでミドルシュート。林は全く触ることすらできずゴールに入ったのだった。

 仕方ない。1点は仕方ない。それだけにこれは異常だ。ただ、またしてもCKでの失点だったということに懸念を感じた。いつもと同じパターンでの失点というのが同じく負けのパターンでもあるのだった。

それでもせめて1点で抑えればまだ望みはある。このまま時計を進めたい。ところがこの後すぐに攻め込まれ頭でクリアするもコントロールできない。飛ばして、飛ばして、飛ばした先には伊藤が。そしてまたしてもダイレクトでシュート。ゴールに吸い込まれる見事なゴールを決めてしまった。

ついてない。と同時にどうしていつも伊東がフリーでシュートが打てるのか不思議でしょうがなかった。ただ、サンフレッチェに同じ状況があったとしてもあそこで決めきることはできないだろうとそもそもの技術の差のような気もしないでもなかった。

せめて前半これ以上失点したくない。できることなら1点でも返したい。パスをつなぐのも困難な中、攻撃へと軸足を向けるも奪われるとポンポンポーンと単純なパスで前線のオルンガにつながる。完全なカウンターとなりドリブルを進めるとDFが追いつく前にシュート。またしても林は掌に触れることもできずにグラウンダーのシュートを決められてしまったのだった。

3点差。さすがにもう諦めた。点の取れないこのチームにとってそれはもう天文学的な点差であった。それでも火のついたサンフレッチェはロングボール主体に攻める意識を強める。ゴール前に人数がかかり逆サイドで出る。が、これを青山がトラップミス。せっかくのチャンスを潰してしまう。どうも青山は守備の場面でもこういう単純なミスが多いような気がするのだった

そして後半。今度はサンフレッチェが風上。当然ボールは前に進む。ところがシュートを打てない。柏に上手くブロックを造られてる。クロスを入れても跳ね返される。裏に出そうとしてもコースを切られる。シュートコースも空けてもらえない。どこをどう考えても前半柏が見せてたような攻撃は見せてない。そこで攻撃のテコ入れとして川辺が入る。更にDF

を削ってベリーシャも入った。

 もう柏は守備固め。そこを打開するのにCKで川辺がセットする。が、このキックの精度が悪く余裕でラインを割ってしまう。あれ、と思うもミスを非難することなくやり過ごすその後またしても同じようなボールを蹴ってしまう。川辺、もしかしてキック下手だったのか。そういえばサイドチェンジのキックのような長いレンジのパスを失敗することが多い。それなのになぜセットプレーのキッカーに指名されてるのか不思議でならなかった。

 更にゴール前までボールは来るけどシュートが入らない場面が続く。唯一パトリックだけ振り向きざまのシュートをポストに当てて可能性を見せた。ああ、やっぱりシュートはパトリックしかできないんだ。他の選手が枠を外したシュートを打つ度にそんな諦念を抱かざるを得ないのだった。

 0-3。結局そのまま負けてしまった。監督の作戦負け、個人での競り合いの負け、シュート精度という技術の負け、押し込まれた場面でも守り切るという粘り強さの負け。全ての要素で負けてしまった。ここまで落ちぶれてしまったか。

 前節、シーズン終わるまで1勝できるだろうかという疑問を呈した。だが今は違う。もはや1つでもゴールを決めることができるか。それすら危うくなってしまった。

 目標1ゴール。優勝とかそういう壮大な目標よりまずは1点だけでも取りたい。果たしてそれだけでも達成することはできるだろうか。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles