« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月24日 (土)

札幌戦~開幕

2018/02/24 サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌 エディオンスタジアム広島
 
 開幕。その相手は札幌だった。ミシャが監督をしてチャナティップがいることはサンフレッチェのティーラシンとのタイ人対決への注目が集まる。そしてサンフレッチェから宮吉が移籍し、佐々木に悪質へのタックルで2年ものリハビリに追い込んだ横山がいる。因縁は多い。だからこそ開幕にこのカードを持ってきたのだろう。
 ところが横山も宮吉もスタメンに名前は入ってない。逆に佐々木はピッチに現れた。長い長い復帰までの期間だった。そして2年間ろくにピッチに立ってなかったというのに左サイドからの攻撃は見事にシャットアウトしてるのだった。
 そしてセットプレーではニアサイドに飛び込んでヘディングを合わせる。そして左サイドを駆け上がりクロスを上げると千葉が足を伸ばして当てるとゴールまであと一歩というとこまで行くとこに逞しさを憶えるのだった。
 他にも右SBに入った和田は前評判こそ低かったものの、的確な位置取りと攻撃参加でバランスが取れてる。そのせいかCBの千葉や水本まで安定してる。その影響でボランチの青山があまり目立ってない。それが無理なプレーをしないでよくなるという効果を生み出してるような気がした。
 柏は縦横無尽にピッチを駆けめぐり左サイドからクロスを入れる。ゴール前で佐々木が合わせた。入ったかと思いきやポストに当たった。ああ、入らない。とはいえ段々とゴールに近づいてるような気がするのだった。
 そんな時だった。またしても左から柏がクロス。DFの頭を超してゴール前の空間にジャンプしたのはティーラシン。頭に当てたシュートはGKの手の届かないとこにふわっと入ったのだった。
「うおーっ、ティーラシーン!」
 決めた。ティーラシンが決めた。Jリーグ・デビュー戦でいきなりのゴール。スタンドでタイの国旗を振るサポーターの姿が目立つ。ぼくも一緒に旗を振りたくなった。
 そのティーラシンと2トップを組むパトリックも体調がいいらしく競り合いで負けない。磐田から復帰した川辺もいろんなとこに顔を出す。そこに稲垣の運動量も光る。それでつなぐとこはつないでいくというチームスタイルに追加点の可能性も十分に感じられたのだった。
 ところが後半に入ると戦況が一変する。札幌のボール回しに取りどころを見いだせない。プレスは簡単にかいくぐられ逆に攻撃を加速させてしまう。つなぐとこはつなぎ気をみてはサイドからクロスを放つ。最前線にジョーという大型FWがいるので脅威だ。だが最後のとこで札幌のファールや林のセーブによって助けられるのだった。
 跳ね返して跳ね返して跳ね返すだけの展開。まさか札幌相手にここまで押し込まれるとは思わなかった。セカンドボールは拾われゴールキックやスローインさえもすぐに奪われてしまう。今までもこういうシーンはあるにはあったがここまで防戦一方というのはなかったのではないか。
 その内に千葉が負傷交代。ティーラシンも渡に交代した。だが押し込まれた状態は続く。これは一方でカウンターのチャンスでもある。そして前線の渡につないだ時、まさにその場面なのだと思った。が、ドリブルでボールをコントロールできずラインを割ってしまう。更には中盤でボールを持った瞬間ディフェンスラインの裏へボールを出したらそのままGKの手に渡り一服する間も与えてもらえなかった。ああ、渡。カウンターにならないまでもせめて時間ぐらい稼いでくれよ。その2つのプレーによりこの交代は失敗だったように見えたのだった。
 もはや耐えしのぶだけ。疲労からクリアさえもままならなくなってきた。クロスを入れられる。跳ね返す。シュートを打たれる。身体を投げだしブロックする。もはやつなぐことなど考えてない。CKになってもいいのでとにかくボールを飛ばすことに徹するのだった。
 アディショナルタイム。ゴール前に放り込まれる。なだれ込む札幌の選手。が、GK林のセーブによって事なきを得るとピーッと長い笛がなるのだった。
 それは試合終了の合図だった。最後の最後、本当に最後のワンプレーまで攻め続けられた。でもそれを堪えた。我慢して我慢して勝つことができたのだった。
 この辺は昨シーズンにはないことだった。理想を求めるサッカーをミシャの下で目指し今は札幌がそれを実現させていた。が、それとは対局な割り切ったサッカーで勝つことができた。それでもゴールシーンなどは上がれるような美しさがあった。果たしてこれが今シーズンのサンフレッチェなのだろうか。それともまた新たな姿を見せてくれるのだろうか。そんな期待と不安を抱えたまま開幕勝利の余韻に浸るのだった。 

2018年2月18日 (日)

プレシーズンマッチからも見えないスタメン

2018218日 プレシーズンマッチ レノファ山口vs サンフレッチェ広島 維新みらいふスタジアム

 

ちばぎんカップ。同じ千葉県を本拠地とする柏レイソルとジェフ千葉のプレシーズンマッチだ。千葉県民として何度か観戦にも行ったことがあるが、その時いつも思ってた。

サンフレッチェにもあればいいのに。

それには中国地方でJリーグのクラブができなければならないだけあってさすがにそれは無理なような気がした。が、いつの間にか岡山ができ鳥取ができ山口までできた。それにより隣県同士のプレシーズンマッチが組めるようになり、山口とは昨年に続いての開催である。もはや恒例行事と定着していったと考えてもいいのではないだろうか。

ところがこのプレシーズンマッチ、そのシーズンの戦力をはかるにしてはあまりにも当てにならないのだった。昨シーズンのこの対戦ではフェリペの技術の高さに舌を巻き、工藤の得点力に胸を高鳴らせた。が、ふたを開けてみればフェリペのプレーは噛み合わなく工藤の得点は年間たったの3点。期待外れもいいとこだった。

そしてチームは降格圏をさ迷い自信を失っていく。と同時にフェリペも工藤もポジションを失っていきこの補強は失敗だったと感じた。特に得点量不足は深刻でワントップに入った皆川の得点能力の低さといったらプロのレベルではなかった。だがそんな皆川にポジションを奪われた工藤はもはや終わってしまった選手と見られても致し方ないだろう。なので退団せずチームに残ったというのは驚きであった。と同時にクラブがまだこの選手を諦めてないのを知ったのだった。

そしてタイ・キャンプでの練習試合。工藤は得点という結果を残していった。もしかしてまだ使えるのかという希望を見出したものの、それはライバルの存在があっただろう。昨年途中加入のパトリック、J2から這い上がりの渡、タイに英雄ティーラシン。これらの選手の陰に隠れてもはや存在感をなくしていたものの、逆にそれが刺激となったのではなかろうか。ただ、この試合に限っては終了間際の出場に留まりフェリペに至っては出場すらできなかった。出場機会という意味でいえばやはり厳しいシーズンとなるのではなかろうか。

一方でスタメンだったティーラシンである。追加点となる得点をあげ早々に結果を残した。やはり今シーズンの軸はこの選手になるのだろうか。

そんな色々な想像を掻き立てられる。やはりプレシーズンマッチはありがたいのだった。

青山のPKから始まり02で勝った。山口がJ2であることを考えれば当然のノルマは果たしたのではないだろうか。

果たして開幕スタメンはどうなるのだろう。新加入の選手が多い上に城福監督がどの程度手腕を発揮できるのか想像もつかないのである。結果を残すこと以上にサンフレッチェのカラーが出せる監督なのかどうかがわからない。どちらかというと本当に大丈夫?いう疑問の方が大きいのだ。

そんな不確かな状態。それって2012年に似ているというのが頭をよぎるものの、それ以上公言するのはどことなく恐ろしいきもするのでそこで言葉を飲み込むのだった。

2018年2月 6日 (火)

ムアントン・ユナイテッド戦~タイ遠征最終日

201825日 プレシーズンマッチ ムアントン・ユナイテッド vs サンフレッチェ広島 サンダードーム・スタジアム

 

 タイ・キャンプの最終日として観客を入れての試合。相手はACLにも多数出場経験のあるムアントン・ユナイテッド。タイ国内では強豪であるこのクラブの試合はさぞ多くの人が集まってるだろう、と思いきや空席ばかりが目立つ閑散とした状態だった。そこに多少の見込み違いがあったものの、中継があるというのことは喜ばしいことだった。こんな試合まで中継してくれるなんてDAZNに多大なる感謝をするのだった。

 選手の入場。一人一人顔を確認すると昨シーズンからかなり顔ぶれが変わってる。新加入の選手含めて若返りの様相が強い。そしてキャプテンマークは柏が巻いていた。一体誰がつけるんだろうと議論になったこともあるが、これは盲点だった。

 だが一番気になったのはアタッカーである。昨シーズンの不調の原因はとりもなおさず点が取れないことだった。だからこそJ2 20ゴール決めた渡のプレーが観たかった。そんな期待に応えるべく城福監督はスタメンで使ってくれたのだった。

 開始早々サンフレッチェはボールを支配し敵陣に攻め込む。森島が技巧的なパスで相手の間を抜く。丹羽もサイドを駆け上がって攻撃参加する。そんな右サイドのボール回しから中央へ行くと磐田のレンタル移籍から復帰した川辺がスルーパス。飛び出したのは稲垣。が、シュートは枠をとらえることはできないのだった。

 その後もサイドからクロスが入るも中で合わせることができない。そして柏のドリブルから中央ペナルティエリア内でボールを受けた渡がシュート。が、これも相手のブロックに防がれる。更につぶれ役となった渡のこぼれ球を稲垣がシュート。が、これもGKにぶち当ててしまうのだった。

入らない。

 ああ、この言葉を今年も続けなくてはいけないのだろうか。ゴールまでほんの数メートル。それが何と遠いことか。

うう、もどかしいい。もどかしい、もどかしい、もどかしい。

 沢庵の端をギ~ッと噛みしめたいようなモヤモヤの中、後半になるとメンバーがほぼ一新された。そしてその中にはティーラシンの姿も。前半にはムアントンのユニフォームを着て敵として出てたというとこからホームのサポーターへのサービスの演出なのだった。

 一体どんなプレーをするのか。注意深くそのプレーを追うが合流して間もないだけにサンフレッチェのサッカーに馴染むのはまだ時間がかかるだろう。

 そんな時、中盤のボールカットからゴールに向かう。ムアントンの選手は素早い戻りでゴール前を固めると最後尾からオーバーラップした馬渡の姿が。右サイドでスルーパスを受けた馬渡は弾道の低いクロス。中央で触ったティーラシンのシュートはGKに触れることすらできずに入ったのだった。

 先制点はサンフレッチェ。だが決めたのがティーラシンということで両方のサポーターの喜びの歓声が聞こえる。2人、3人と絡んだサンフレッチェらしいゴールに新加入の2人が絡んでるというのは嬉しい驚きでもあった。

 そしてそのまま01のスコアのまま試合を終える。最低限の結果は残した。でもムアントンのプレスは緩かったようにも感じる。そして決定機でシュートが入らないというのも相手のプレイスキックで競り負けてしまうというウィークポイントも改善されてない。なので単純に勝ったことを喜んでいいのかどうか悩むところでもあった。

 ベンチのコーチ陣も社長も代わった今シーズン。正直まだ違和感はぬぐえない。そしてこのままJリーグを戦うにはあまりにも不安が大きい。不安で不安で不安だらけだ。この不安、そういえばかつて味わったことがある。だけど今はまだそれを口にするのは控えることとしよう。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles