« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月27日 (月)

FC東京戦~残留決定

2017/11/26 サンフレッチェ広島vsFC東京 エディオンスタジアム広島
 
 ミキッチ退団。
 その発表があった時、やっぱりそうだったのかという気がした。困った時のミキッチ、そんな台詞を言い合ったものだ。攻め手のない時、行き詰まった時、劣性にたたされた時、ミキッチにボールを割たして右サイドをドリブルで駆け上がってもらった。あんなスピード、あんなテクニック、あんな駆け引きの上手さ、それはもう憧れを感じてしまった。背番号14のレプリカユニフォームを着たサポーターは多かった。
 ホーム最終戦。勝ってミキッチを見送りたい。だがこの試合はそれ以上の意味があった。この試合の勝敗はそのまま残留の結果に影響するからだった。
 シーズン前、一体誰がこの状況を想像しただろうか。まさか4年間で3回優勝したチームが残留争いをやるとは。だがその原因を突き止めるとするとやはり新加入選手に行き当たる。補強の失敗といっていいだろう。稲垣、フェリペのように終盤になってやっと試合に絡める選手が出てきたものの、即戦力という見立ては大きく外れてしまった。
 そんな中、チームのパフォーマンスも崩れていき全く機能しなくんってしまった。ボールのつなぎ方もわからない、守備の仕方もわからない、連携をすることもできない、まるでそれは負ける為にやってるようなサッカーだった。そしてあれだけ胸躍らせたサンフレッチェのサッカーはつまらなく、気怠いだけの退屈なものとなってしまった。
 そんなチームの建て直しの為に就任したヤン・ヨンソン監督の元、徐々にサッカースタイルを変えていった。その集大成とすべき試合だった。
 サンフレッチェはボールを持つと有機的に選手が絡み合い、目まぐるしくパスを回す。そして気づいたら前線に。ワントップのロペスを目指すが中盤の青山も飛び込んでミドルシュート。枠には入らなかった。それでも入ったかもしれない。そんな感覚があったのか、虎視眈々とゴールを目指す青山のプレーがあった。
 そしてそれに呼応するかのように高橋が上がる。クロスを放つかと思いきや柏へスルーパスを出して2人の連携で相手DFを翻弄させる。クロスが跳ね返されたとしても青山始めリスク管理に備えてる選手によってセカンドボールが拾われまた攻撃は続いた。ボールがまるでピンポン球のように小気味よく動くのだった。
 ああ、この感覚。いつか忘れてた爽快感だ。ゴールが決まった訳ではない。それでもどこかで誰かが決めてくれそうな予感がある。そしてフェリペが中へ切れ込んでミドルシュートを放つとゴール前の誰かに当たって弾道がかわることでゴールに入った。ネットが揺れた。紛れもない先制点だった。
 ドワーッとスタジアムが沸く。一体誰のゴールなのか。すると得点者として柴崎の名前がアナウンスされる。おお、柴崎。今シーズンあまりにもシュートを外し過ぎた柴崎がこんな予期せぬ形で決めたのだった。
 勝利へ向けて、残留に向けての大きな足掛かり。このままイケイケでいけそうだ。これまでの鬱憤を晴らすように追加点を重ねていきたい。
 ところが後半、徐々に攻勢を高めてきたFC東京にCKを与えた。するとゴール前に飛び込まれたヘディングに対応できず失点を許してしまった。これまた散々悩まされたCKでやられてしまったのだった。
 同点。ああ。ここでガクッと落ちそうだった。ところがそんな感覚に陥らなかった。まるで振り出しに戻ったという事実に気づかないかのように。追いつかれたにも関わらず有利であるということに代わりがないかのように。
 すると再び攻勢を強めていくとフェリペがペナルティエリアに侵入する。多くのDFの壁が立ちふさがりここからは狙えないとあっさりと後ろへ下げてしまうと稲垣が受けた。テクニックのない稲垣。運動量でピッチを広く駆けめぐるのがストロングポイント。そんな稲垣が遠目の角度をつけたとこからキック。するとボールは放物線を描き綺麗な弾道でゴールの隅に入ったのだった。
 うおおおおおっ!
 雄叫びを上げてしまった。キックの正確さと精度がないとできないプレー。稲垣にあんなシュートが打てるとは。そして今シーズン一番の素晴らしきシュートだった。勝てない理由に稲垣の力量不足を考えたこともあった。まるでそれを払拭するかのようなゴールに本人も激高するのだった。
 この勢いに乗って追加点。そうなる気配はあった。実際ロペスが反転シュートを放つと決まったかと思った。だがFC東京も諦めてはいない。選手を代え攻撃への圧力を高めてきた。
 まるで引力が掛かってるかのようにサンフレッチェのゴールに向かってくる。ボールカットしようと跳ね返そうとどうにも反撃の芽がつくれない。もはや勝てればいい。堪えて、防いで、クリアして時間を稼げばいい。時間稼ぎのプレーをする。そうやって苦しい苦しい時間を集中力を切らさず切り抜けたのだった。
 試合終了。ホイッスルの響きは歓喜へのスイッチだった。沸き上がるスタジアムに残留決定の安堵の気持ちが漂う。
 よかった、よかった。言いたいことは色々あるがそんなことはどうでもよかった。降格を覚悟した時期もあった。それでもここまで這い上がったチームに誇りを感じる。チームを去るミキッチにもいい餞ができた。来年もJ1の舞台にいれる。今はただそれだけを喜び祝いたかった。

2017年11月19日 (日)

神戸戦~素晴らしき勝利

2017/11/18 ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島 神戸ユニバー記念競技場
 
 2週間の中断期間の後のリーグ戦。無得点による3連敗の中、その中断はありがたかったもののいっそこのまま再開してほしくないと思ってた。それほどまでにサンフレッチェに勝つイメージというのが浮かんでこないのだった。
 残り3試合。勝ち点1差での降格圏順位。つまりもう絶対に勝たないといけない。そしてそういう試合で負け続けてしまった。その結果がこの順位なのである。それもこれも全ては点が取れないことに起因していたのだった。
 3試合連続無得点。その打開策としてアンデルソン・ロペスをトップに据えてきた。そして右SBに椋原。トップ下の柴崎は久々の出場となった。この組み合わせは新しい試みではあった。
 ところがこれが意外にも機能する。ロペスは無理のあるパスでも足下に納めるし柴崎はそんなロペスと有機的なポジション取りからゴールに迫る。そして椋原は最後列からオーバーラップを見せクロスを上げる。そこは丹羽に比べてキックの精度は高かくゴールへの匂いを感じさせるものがあった。
 ところがゴール前で連携を見せても最期が決まらない。ボランチの稲垣が駆け上がって真正面からシュートを放ったものの、それはゴールの枠はるか上を越えていった。ああ、そういえば稲垣って積極的にミドルシュート打つ割には入った例がないんだった。
 そんな折、相手の攻撃を中盤で奪うと小気味いいパスワークが繰り広げられる。左SBの高橋が上がるとその軌道に出てまた折り返す。そしてまた前線へ走った高橋へ出るとクロスを上げる。ペナルティライン中央に向かって放物線を描いたボールに飛び込んだ。ヘディングはジャストミートしゴールにガツンと突き刺さったのだった。
 美しい、華麗、魅惑的。2人、3人と絡んで守備を崩したこのゴール、まさにサンフレッチェならではのゴールだった。そしてそのヘディングを叩き込んだのは意外にも稲垣なのだった。確かにあの選手の運動量がないと演出できないゴールではあったが、さっきまでシュートが入らないと散々こき下ろしてことに申し訳なさを感じつつも喜びを爆発させるのだった。単なる先制点というだけでなく広島ならではのゴールというのが素晴らしかった。
 ゴールの後も勢いを殺すことなく前へとなだれ込むように攻撃のパスが繰り広げられる。そしてここで追加点と取っていれば楽になるのだがそういう時に限って逆襲を受けてしまう。そしてサイドから隙間を縫うようなパスが出るとペナルティエリアに入った渡邉千真に決められる。止めに入った椋原はがっしりとガードされ全くの無力化されてしまった。数人絡んで奪ったゴールの後で個人の力でゴールを奪われた。果たしてそれはサンフレッチェの守備が弱いのか、本来のFWがそうあるべきなのか。シュートの入らないサンフレッチェにしてみれば、それは羨望でもあるのだった。
 その後サイドからのクロスに裏に抜け出されてハーフナーにシュートを打たれる。が、ふかしてくれて助かった。そして逆サイドからもクロスが入り小川のシュート。これもポストに当たり難を逃れた。ホーッと胸をなで下ろすも守備の隙を感じざるをえなかった。
 そんな時、ヨンソン監督はパトリックを投入した。柴崎との交代で前線でのターゲットを増やすということは勝つというメッセージだった。そしてそれに呼応するように椋原のオーバーラップからのクロス。GKを通り越した先に待ちかまえていたのはパトリック。頭に当てると逆サイドのゴールに流し込んだ。
 ゴール。入った、入った、入った。勝ち越しゴール。残り時間をからいってもかんり有利になる得点。パトリック、パトリック、パトリックーッ!
 勝利へ向けて、そして残留に向けての大きな足掛かりとなる得点にパトリック本人も激高する。ここ5試合ゴールのなかったこともあり、溜まっていたものを吐き出すかのようだった。
 そして後は時間の経過を待つだけ。ただ神戸も追いつくべく前に重心を傾けてきた。バイタルエリアから細かいパスをつなぎドリブルでえぐってくる。ルーカス・ポドルスキーに入ると相対した椋原などは吹き飛ばされてしまいシュート体制に入られてしまう。それでもGK林の懸命なセーブによりゴールを許さない。DFも身体を張ってる。CKにFKといったピンチが続く。息をもつけない。途切れない攻撃。だがそんな防戦一方な中で茶島がボールをカットした。
 縦へ失踪するドリブル。茶島のスピードは瞬く間にゴール前までたどり着きパトリックへ。が、ここで何らかの躊躇が生まれたか、折り返してしまうと相手にボールが渡ってしまったのだった。せっかくゴールを決めたというのにここ最近シュートを決め切れてないというマイナスイメージは払拭できてなかったのだろうか。
 そしてシュートが入らないという意味ではもっと深刻な皆川がロペスに代わって投入される。だが、こういう状況になるとむしろ心強い。相手の攻撃を跳ね返す、イーブンなボールを収める、身体を張って時間を稼ぐということにかけてはこれほどうってつけの選手はいないのだった。
 ゴール前に人数を掛け跳ね返して跳ね返した時、終了のホイッスルが鳴った。勝った、勝てた。ベンチお含めた全ての選手、スタッフ、そしてアウェイ席に大挙して押し寄せたサンフレッチェ・サポーターは喜びを爆発させたのだった。これで順位の上では降格圏を脱出できた。あとは2試合勝てば残留決定なのである。
 サンフレッチェの良さもウィークポイントも顕著に現れた試合だった。それでもこの土壇場で補強をした選手が結果を出したというのが大きい。まだまだこのチームは延び代がある。やはり生き延びないといけない。どんな形であろうと残留をしていきたい。それを強く思わせた勝利だった。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles