無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月28日 (月)

大宮戦~負けに等しい引き分け

2017/08/24 大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島 NACK5スタジアム
 
「おいおい、どうしたんだ?」
 スタンドから見下ろしたピッチでは攻められるサンフレッチェの姿しか見えなかった。縦へ突破される。クロスは入れられる。シュートは打たれる。この試合、条件敵に勝たないといけないのはサンフレッチェのはずなのに。
 大宮はゴールを目指して突進してくる。対してサンフレッチェは攻撃をしていかない。後ろでボールを回してばかりで前にいけない。もうこの時点でどちらが上位にいるチームなのか誰が観てもわかってしまうのだった。
 こんなのでヨンソン監督は満足するんだろうか。時折パトリック目指してロングボールが蹴られるが、そのどれも精度がなくて単発で終わってしまう。大宮が2次攻撃、3次攻撃と繰り返してくるのに対してそれはあまりにも勢いに欠けてるのだった。
 それもそのはず、サンフレッチェの選手はちょっとプレッシャーを掛けられると途端にボールを失ってしまうのである。かつてはパスでいなしてすり抜けていたというのに。プロとしてずっと生活してる選手にも関わらず下手になるということってあるのだろうか。その辺が大いなる謎なのであった。
 それでも右サイドからの崩しの機会が訪れる。ロペスに渡る。するとロペスは相手が何人いようとゴールへ向かってドリブルを始めてしまう。結果相手にカットされ攻撃を終わらせてしまうのだが、肝心なところで適当にゴール前へクロスを上げるとかパスをするという選択肢がない。どうしていつもドリブル一択なんだ。その辺がチーム内得点王という位置づけに違和感を持ってしまう。なぜならこの選手にはあまりにもガッカリするプレーが多すぎるからだった。
 せっかくゴールに近い位置までいけたというのに球離れが悪く攻撃を終わらせてしまう。結果、カウンターを招いてしまう。適当に中に蹴ればパトリックがいたにも関わらず。その辺の引き出しの少なさがブラジル人ぽくないのだった。
 もはや頼みはパトリックしかいない。GKもロングフィードもラストパスも全部パトリックめがけてしまう。そんなバレバレの状態で自分のボールにしてしまうのだから凄い。そしてゴール前の小さなクロスに相手DFと競りながらもゴールに入れてしまった。パトリック、やっぱり凄すぎるよ。
 先制ゴールに沸くアウェイゴール裏。ここから畳みかけてやりたい。ところがここで失点が怖くなったのか、途端に腰が引けてきたのである。
 攻め込まれ、攻め込まれ。もはやクリアするのが精一杯。そんな様子に気をよくした大宮は一層攻撃の圧力を強めてくる。CK、ヘディング。入れられた。簡単に同点にされてしまったのだった。
 どうしていつもこうなんだろう。まるでわざとやってるかのように同じパターンでやられてしまう。そして再び点を取らなければいけなくなるのだった。
 ところがプレーに精度がない。野上はロングフィードがずれる。ロペスはずれてる。サイドバックの高橋はろくすっぽ縦への勝負をしない。これで点が取れるか。それは果てしなく無謀な挑戦のように思えた。
 対して大宮のパスはよくつながる。プレスをかけても簡単にかい潜る。もはやサッカー選手としての質が一段違うような気がした。それならせめて選手交代で打開を計りたい。
 それなのにヨンソン監督はちっとも選手交代をしようとしない。それも忍耐なのかと思ってた時期もあったが、実は監督も引き出しが少ないんじゃないだろうか。もしかして同点で満足してるのでは、そんな様子も伺えたのだった。
 一応終了前に稲垣とフェリペを入れたものの、あまりにも遅きに失した感があった。打つべき手があったんじゃないか、そんな消化不良感は残ってしまった。
 かくして試合は同点のまま終わった。負けたに等しい結果でだった。
言葉を失ってしまう。それでもスタンドは総立ちになり90分の死闘を繰り広げた選手へ拍手が鳴り止まないのだった。
 不甲斐なさ、稚拙さ、ひ弱さ。もはやパトリックがいなければ高校生にも勝てないんじゃないかという手詰まり感。そんなものを内包しながら皆が皆讃える。それが広島の流儀であり仲間意識なのであろう。なのでぼくもそれに習い一緒に拍手に加わった。
「でも負けなくてよかったよ。あんなボロボロの状態でよく引き分けで止まった」
 仲間が発したコメントがこの試合を総括してたのかもしれないのだった。

2017年8月27日 (日)

大宮戦~スタジアムへ到着

2017/08/24 大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島 NACK5スタジアム
 
 仕事を終え大急ぎで電車に乗る。とはいえ千葉から埼玉への移動はそもそも距離があるので当然のことながら間に合う訳がない。そんな慌ただしさの中、メールを見てみるとどうやら現地では雨が降ってるらしい。ああ、そんな用意などやってこなかった。レインコートも大ビニールも家にはあるのに一切持ち合わせてない。もはや濡れることは覚悟しないといけないようなのだった。
 電車の速度が恨めしい。これでも結構な速度が出ているのだろうが亀のような愚鈍さを感じる。自分がこんなにも焦ってるのに他の乗客ときたらサタデーナイトを満喫しようと皆リラックスしている。この意識の違い、ぼくはまるで一人だけ異世界にいるような感覚にとらわれる。
 何せ今回の対戦は残留に向けての大一番の勝負である。直接対決とも言えるこのカードは間違いなく勝った方が大きなポイントを得ることができる。思えば2006年も残留争いの終盤戦にこのカードがあった。そしてあの時は負けた。そしてその敗戦が結果的にJ2降格につながったようなものだった。
 今シーズン、ホームではすでに0ー3という屈辱的なスコアで負けてしまった。そして2年前には守備の要であった佐々木が悪質なタックルを受けシーズンを棒に振ってしまった。それはサンフレッチェの世代交代にとって大変な弊害となったこともあり、色んな意味で因縁のある相手である。勝たなければいけない。絶対に勝たなければいけないのだった。
 そんなモチベーションがあったせいか、ぼくは大宮駅に降り立つと同時に走りだした。試合開始時間は迫ってる。遅れたくはない。呼吸にリズムを取りながらランニングしていくのだった。
 ところが気力に体力がついていかない。胸が苦しい。息が続かない。汗が滴り落ちる。夕立が降ったというのにちっとも涼しくはない。おういえば雨降ってないな。もう上がってしまったようだ。この時間に来たのはあながち間違いではなかったのかもしれない。
 スタジアムのアウェイゲートを潜ることができた。階段を昇ってる間声援のボリュームが段々と大きく感じられた。ああ、もう手の届くとこまで来た。
 そしてスタンドに出るとそこには席に入りきれない人の群だった。こんなにもいて本当に席の確保はできたのだろうかと不安になる。が、2階席の真ん中を探してると向こうから気づいてくれて手を振ってくれた。ああ、やっぱり持つべきものは友達なんだ。
 仲間に合流する。
「お疲れ、走って来たの?」
「うん、お陰で吐きそうだよ」
「でも走れるだけ大したもんだよ」
 年甲斐もないようでいながら一応誉められたらしい。でもこんな汗だらだらの男が隣に座ってさぞうざかったに違いないのだった。
「今日は勝たないと」
 そう、今日は勝たないと。でも呼吸すらしんどいぼくは次々に落ちてくる汗をタオルで拭いていくのに精一杯なのだった。

2017年8月20日 (日)

甲府戦~長かったホーム初勝利

2017/08/17 サンフレッチェ広島vsヴァンフォーレ甲府 エディオンスタジアム広島
 
 いよいよここまで来てしまった。いつかは勝てる、いつかは勝てると軽く考えてたものの、結局半年経ってもホームでの勝利がない。いい加減火がついてほしい。焦りを出してほしい。エンジンを始動してもらいたい。
 残留へ向けての直接対決となる甲府。選手の質からいってもサンフレッチェの方が断然有利なはずである。それなのに順位は下。いい加減その現実にチームに気づいてもらいたい。
 さすがにこの状況は不味いと思ったか、開始から前線への圧力を強める。甲府にボールを触らせないくらいに攻めに力強さがある。右サイドからパトリック。そこから中央へ入れると駆け上がった丹羽がシュート。が、枠に入らない。攻撃の形としてはよかったが最期が決まらない。ああ、ということはいつもと同じではないか。
 そんな悪い予感は的中してシュートの入らない場面が続く。
 柴崎のミドルシュートは枠に入らない。そして丹羽がクロスを上げパトリックが競り勝ったヘディングシュートはバーに当たった。やはり今日もゴールが決まらない。そんな不安に襲われるのだった。
 そして何よりもこうしてシュートを外していると相手チームがサンフレッチェの攻撃に慣れてしまうのだった。どこをどうツツこうと甲府のDFは跳ね返してしまう。そしてそのセカンドボールを拾うとカウンターへと向かうのだった。
 1点取られると終わり。それはもう今シーズン何度も味わっている。ボールへ寄せるも簡単にかわされる。そしてボールを回される。中央からグラウンダーのシュート。距離があった分GK中林はキャッチしたが、枠に入ってるとこが不気味なのだった。
 甲府の作戦はじっくりと時間を掛けさせわずかなチャンスを生かすというもの。その甲府の術中にジリジリとはまっていってるように見える。そして徐々に甲府の攻撃の時間が増えてくるとペナルティエリアに入られたり一発を決めそうな雰囲気へと傾いていったのだった。
 マズい、マズい。この流れをなんとか変えないと。
 そんな不穏な空気を払拭するかのように青山が甲府の守備網を切り裂く。スルーによりマークを外したとこでボールを貰い左斜めへの縦パス。ロペスがそのままドリブルで縦へと抜ける。シュート。が、GKに弾かれるものの、セカンドボールを打った柴崎。ボールはGKをすり抜けるようにゴールにぶち込まれたのだった。
 先制。先制、先制、先制!
 喜びを爆発させる柴崎はベンチメンバーの元へ駆け寄った。皆がそのゴールを讃えようとまとわりついた。
 だがまだ試合は終わってない。残り20分、どのように使っていくかだった。
 しかし、監督にこのまま守備固めという発想がなくパスでボールを動かす。そして隙あらばとチャレンジしたボールを出すものの、そのどれもが精度がない。追加点を狙ってるのだろうが、それでは相手にみすみす攻撃権を与えてるようなものだった。
 甲府も同点にしようと出てくる。サイドからクロスを上げる。何とか防いでいるものの、競り合いに弱いサンフレッチェの守備ではそれだけで驚異だった。
 そんな前掛かりになった甲府の最終ラインは当然高くなる。が、そこに広大なスペースができることを利用して青山がロペスに出した。縦へ向けて猛烈なドリブルを突っかけたのだった。
 ロペスの力強いドリブルは喰らいついてたDFを振り払いペナルティエリア内でシュート。これは決めるだろうと思ってたそのシュートはGKにぶち当たって跳ね返されたことであんぐりとしてしまった。
 これが決まると大きかった。それなのにロペスは決めきれなかった。最期のワンタッチが余計、もしくはループシュートを狙うべきだった。チーム内得点トップのロペスはこういう決めるべきとこで見事に外してしまうのだった。
 もうサンフレッチェに得点はできない。そんな思考になってくるともう守りきることを願う。ボールホルダーにもっと速く寄せて。人を捕まえろ。徐々にそんな守備への要求が大きくなっていくのだった。
 メンバー交代もしないサンフレッチェは選手の負担が大きくのし掛かる。それなのにヨンソン監督はメンバー交代をしない。だがよく考えたら他に代えれる選手がいないのだった。
 相手ボールをカットするとパトリックめがけて前線へフィードする。そこへは当然マークがついてるものの何とかボールを収める。攻撃につながらないにしてもファールをもらえる。そして時折柏がドリブルによって相手の守備網を切り裂き柴崎も孤立してもボールキープで時間を稼ぐ。守備陣も無失点でしのいでる中、やはりこのバランスは崩したくないのだった。
 気づけばアディショナルタイム。意外にも時間の経過が速いと感じたのはただクリアするだけの守備一辺倒とならなかったからだろう。隙あらば追加点、本当にそれさえできれば息の根をとめられるのだ。
 アディショナルタイムに入る。あと一息。そして3分が経過するとタイムアップの笛が鳴り響く。勝った、勝てたのだ。
 雄叫びを上げる青山。パトリックが加入することにより見違えるように存在感が大きくなってきた。やはりいる時といない時では攻撃の引き出しが大きく変わってくるというのを見せつけられた。
 今シーズン、ホーム初勝利。それは長い長い道のりだった。だけどまだ降格ラインにいるという現実は変わってない。それでもわずかに脱却へ向けての階段を一歩進んだ。
 これから昇っていきたい。もう1試合たりとも無駄にはできない。勝利に歓喜きながらも余韻を味わうよりも次なる闘いへ向けて気を引き締めるのだった。

2017年8月13日 (日)

仙台戦~突き抜けない壁

2017/08/13 ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島 ユアテックスタジアム仙台
 
 お盆を前にして猛暑が一服してきた。それまであまりにも暑かった為におこか涼しく感じる。が、それは気分的なもので少し動き回ると途端に汗が滴り落ちるのだった。
 出場停止で青山を欠くサンフレッチェのボランチには柴崎が入った。そしてトップ下には森島。これはこれで楽しみな布陣だった。柴崎がゲームメイクをし、森島が攻撃を活性化させる。そんな展開を期待してた。
 ところが実際に攻撃への推進力を高めたのは2人の外国人選手だった。裏へのロングボールはパトリックが収めライン際のイーブンのボールはロペスがもぎ取る。ドリブルをしてパスをしてシュートまで持ち込む。ロペスのヒールキックで抜けたパトリックがゴール前でシュート。が、これはGK真正面でキャッチされてしまった。
 やはりパトリックは存在感がある。そしてパトリックのお陰でロペスも生きる。そして他の選手も明確なターゲットを得ることができたことで攻撃への推進力を強める。圧倒的にサンフレッチェが攻めてる。いつ点が入ってもおかしくなかった。
 ところがこれが入らない。そして肝心なとこでパスミスをして相手にボールを渡してしまう。そして何より、森島が完全なる穴となっていた。前線でパスを受けても簡単に潰されてしまう。あそこが耐えることができない。せっかくフェリペからポジションを奪ったと思ってたものの、全く消えていたのだった。
 そしてそんなサンフレッチェの自らチャンスを潰してしまう状況に気をよくしたのだろうか、後半になると仙台はどんどんと前に出るようになっていった。守備に回るサンフレッチェ。ボールを取ろうにも取れない。ロペスが右サイドで奪ったもののすぐに囲まれ誰もサポートに来ない。その内に奪われゴールに向かわれる。そしてシュート。中林も一旦は弾いたもののそのこぼれ球を決められてしまった。またしても失点。力業で攻めたらねじ込まれたという感じだった。
 そしてここから仙台の猛攻が続く。もうあらゆるプレーが自信に満ちあふれてる。サンフレッチェと対戦するチームはみんなそんなムードになる。ボールが取れない。ボールに触ることすらできない。そしてシュートを打たれまくるのだった。
 森島に代わってカズが入る。柴崎に代わって茶島が入る。メンバー交代をしていくと少しずつ変わっていく。それによりロペスがシュートを打つ。が、枠に入らない。やっぱりロペスはシュートが下手だとぼやくもそれでもシュートを打つだけマシなのだった。
 人数を掛けてゴールを守る仙台に攻めてがない。クロスはクリアされる。パトリックを狙った裏へのボールはオフサイド。点が取れない、点が取れない、点が取れない。ああ、パトリックが入ったのでこの台詞を言うことはなくなるのだろうと思っていたのにそんなことは全くないのだった。
 監督が替わり、前線に強力なFWが入り、身体を張るディフェンダーも入ったのに結果は何も変わらない。いいとこまではいくけどその先がいかない。一体どこをどうやれば勝てるようになるのだろうか。単なる一敗という以上に敗北感が重く乗し掛かるのだった。

2017年8月10日 (木)

ガンバ戦~追いついたしぶとさ

2017/08/09 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪 エディオンスタジアム広島
 
 丹羽、パトリック。今シーズン途中で移籍してきた2人にとって古巣対決となる。どちらかというと戦力外の意味合いが強い移籍だっただけに因縁としては強いものがあるだろう。ガンバにとってもついこの前まで在籍した選手にやられる訳にいかないというのが本音だろう。
 日本各地で今年の最高気温を出してる中でエディスタには雨が降っていた。照明の光からはっきり見える雨粒。それに打たれる選手は水分をまとっているものの、それは雨によるのか汗なのかわからなかった。
 優勝を目指してるガンバ。残留を目指すサンフレッチェ。両者の現在の目標の差に愕然とするもののここで勝てるとこの自信は計り知れない。そして未だリーグ戦ホーム未勝利。どちらの意味でも現状を打破するのにサンフレッチェとしては格好の舞台であるのだった。
 そんな条件の中、サンフレッチェは決してひるむことなくアグレッシブに動いた。前線のパトリックに出すと横パス、ロペスのシュート。が、これは枠に入らなかった。一連の流れはよかったものの、やっぱりロペスはシュートが下手だと天を仰いでしまった。
 ところがそんなゴールに近い位置にまたしても縦パスが入った。トラップと同時にターンしたロペス。振り向きざまシュート、入った。電光石火の動きによりゴールを決めてしまったのだった。
 ああ、ロペス。今まで散々シュートが下手だと罵っててゴメンね。そして何気にチーム内得点王。一体この選手は上手いのか下手なのかわからない。でもこうして得点を重ねる内にどうしても外せない選手になりつつある。でもそれだったらどうして今まで決めるべきところで枠に入らないシュートばかり打っていたんだろう。
 連勝。もはやこんな早い時間でこんな言葉が頭に浮かんだ。まだまだ時間はたっぷりあるというのに。それが災いしたのだろうか、サンフレッチェはどんどん受け身となってしまい守ってばかりの展開が続く。そして後半開始早々右サイドの突破からグラウンダーのクロス。それを遠藤に詰められ決められてしまったのだった。
 やっぱりやられた。どう考えても攻められ過ぎてる。守備の人数も揃ってたしそれ以外に選択肢のない中でのプレーだった。それを防ぎきれなかったのは自陣でのプレスの弱さによる。それが相手に攻撃への余裕を生ませてこういう強引なプレーで得点を許してしまうのだった。
 同点になったガンバは更に気をよくして攻めてくる。するとアデニウソンがドリブルで仕掛けてくる。追いかける水本。スライディングにいったとこで倒れてしまった。ただ、これは相手にはカスリとも触ってない。それでもシュートを空振りした勢いで自分で倒れてしまった。ふう、危なかったと安堵のため息をついたのも束の間、審判はPKを宣言したのだった。
 はあ、PK?
 どこをどうやったらあのプレーがPKになるのか。判定への不満からスタンドから怒号のようなブーイングが起こる。それでも一度下した判定が覆ることなく、PKを蹴られるとゴールの端にきっちりと決められてしまった。GK中林も掌に当てるまではしたものの、得点を阻止するまでには至らなかった。
 逆転である。結局今日もホームで負けてしまう。しかも完全なる誤信によって。呪われてる。もうこれは呪われてるとしか思えない。
 その後もパトリックがヘディングするとファールにされ、相手に当たってゴールラインを割ったボールをゴールキックにされ、先に腕を引っ張られた高橋がアフターチャージのイエローを貰い、もう滅茶苦茶だった。結局審判は弱いチームだという先入観からサンフレッチェに不利な判定を平気でやっていた。それによりスタジアムの不穏な空気は一層大きくなっていった。
 敵はガンバだけじゃない。打ち負かしてやらないといけないのは審判もだ。そんな感情から余計に負けたくなくなってきた。
 だが攻撃に活路を見いだせない。ガンバの方が守備の戻りが速い。左サイドから柴崎が中央のロペスに渡したものの、すぐにシュートコースを消された。ボールを動かしシュートを打った。さすがに4人もディフェンスしてる中じゃブロックされる。が、入った。その4人の選手の目を縫うようにゴールに入ったのだった。同点、同点ゴールだった。
 ロペス、決める。あんなコースも空いてないようなシュートを決めてしまった。追いついた。不本意な判定により逆転をされそのまま意気消沈しそうな中、追いついてしまったのだった。
 勝ちたい。ここまで来たら勝ちたい。ところがガンバの攻撃ばかり続く。CKに逃げるのが精一杯。それでもそれらの危機を耐えしのぐと最後にチャンスが訪れた。ガンバのゴール前まで運ぶと最後にシュート。ところが工藤の放ったシュートは当たり損ねの力のないものでGKへのパスとなってしまった。
 そしてここで試合終了。最期の最期、あれが決まればなあ。そんなもどかしさがあるものの、難しい精神状態であろう中よく追いつくことができた。相変わらず失点をなくすことはできないがそれでも点を取ることができてる。パトリックが来てロペスのシュートが決まるようになったのが大きかった。
 またしてもホームで勝つことができなかった。審判の変な判定にも泣かされた。やはり呪われてるのかもしれない。だがその呪いを解くのも自分たち自身でできるのでは、そんな希望を見出すことができるのだった。

2017年8月 6日 (日)

磐田戦~勝利に導いた補強選手

2017/08/05 ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島 ヤマハスタジアム
 
 勝ち点3。欲しいのはそれだけだった。なので絶対に先制点が欲しかった。先に失点してはいけない。それなのにしてしまった。それは開始16分だった。
 中村俊介をサイドに追いつめた高橋。また抜きで突破されると後ろから引っ張ってしまいPKを与えてしまう。キッカーの中村はGK中林の指にかすりともできないキックを蹴り込み決めてしまった。
 ああ、あまりにも早い失点。しかもPK。こんなので負けるのか。いや、まだ試合は終わった訳ではないが点の取れないチームにとって先に失点するというのはもはや致命的であるのだった。
 それでもサンフレッチェのトップにはパトリックがいた。中盤から長いボールが入ると胸トラップ、流れたボールを柏。ガツンとバーに叩かれたボールは地面に叩きつけられた。
 その一連の流れがあまりにも速かったせいだろう、一瞬何が起こったかわからなかった。が、入っている。ゴールに入ってるではないか。決まった。決まった、決まった、決まった。柏のシュートは同点ゴールになったのだった。
 ここで振り出し。まだまだ可能性あるぞ。息を吹き返したサンフレッチェ。もう点をやる訳にはいかない。CKを与えてしまったがそう簡単に点をやりはしないはずだ。
 中村俊介の左足でのキック。ファーに流れたボール。千葉は競り負けた。その結果大井にまるでシュート練習をするかのように容易に決められてしまった。ああ、いくらがんばってもこういう局面で勝てないとどうしようもないんだという事実をまざまざと見せつけられてしまった。
 再度勝ち越されてしまった後、よくよく注意してみると磐田はCKを全部千葉のところを狙ってるように見えた。千葉は競り合いに弱い、そんな弱点を見透かされてるかのようだった。
 せっかく同点にした後のこういう失点は重く乗し掛かる。今日も負けてしまうという絶望感がにじみ出る。そして前半が終わるとピッチ上で繰り広げられてるハーフタイムショーの華々しい踊りがとても霞んで見えるのだった。ああ、これって仕事してる時にデズニーランドの花火が見えた時の感覚に似てるなと思うのだった。
 そして後半になるとさすがにヨンセン監督から檄が走ったらしく動きがアグレッシブになってくる。果敢なプレス。簡単にかわす磐田。さすがに6連勝中のチームは違う。対してこちらは7戦勝ちなし。その辺は余裕となってプレーにも現れてるようだった。
 それでも高い気温の中、ペースを緩めることなく続けたプレスが効いたのか、ボール奪取から青山が前を向くと一本のパスを出した。それは磐田DFの網の目をかわし裏に抜け出ると一気にパトリックの足下に収まる。
 ドリブル独走。GKと1対1。キックフェイントから抜くとシュート。入った。入った、入った、入った。追いついた。
 パトリック、パトリック、パトリック!
 いくら絶叫しても物足りない気分だった。得点の為に来た選手。そしてその最大の目的を果たし、本人も喜びを噛みしめてるようだった。
 そして再び振り出しに戻るとまたしてもカウンターからパトリックのドリブル。ゴール前、強引にシュートに行くかと思いきや右に出すと走り込んだロペス。右足で放った角度のないシュートはGKをすり抜けてゴールに入ったのだった。
 逆転。しかも肝心なところでいつも外してしまうロペスが決めた。そしてまたしてもパトリックのアシスト。ああ、やっぱりパトリックの存在感は計り知れないものがあった。
 それでもまだ時間は30分もある。喜んでばかりはいられない。点を取りにくる磐田。そしてサンフレッチェはさっきまでの勢いが守備に追われることでなくなってしまった。クリアがゴールラインを割る、はたまたファールを犯してしまう。すると中村俊介のプレースキック。ここが恐怖なのだった。
 跳ね返すとまた磐田ボール。そこでまた前線に入れられるが丹羽がダイビングヘッドで跳ね返す。そしてその都度接触プレーとなりピッチにうずくまる。これぞ身体を張ったプレー。サンフレッチェに足りない闘志であり粘り強さなのだった。
 アディショナルタイムは5分。長く、長く、途方のない長さだった。それでもボールの出所にプレスをかけることでゴール前へ自由にボールを入れさせない。
 苦しい、苦しい時間帯。息は上がりユニフォームは汗でべったりと肌にまとわりついてる。そして終了のホイッスルが鳴り響いた時、歓喜の雄叫びを上げるのだった。
 勝った、勝った、勝った。よくやった。よくやったよ。でも負けはしたもののその兆候は前節から感じられた。そしてそれを実現化させたのはパトリックであり丹羽だったろう。新加入の選手の活躍は補強の成功を意味してた。
 ヨンソン監督のサッカーもより深度を増し、新しいサンフレッチェの形が出来ようとしている。たった1回の勝利であるがそこまで期待していいのだろうか。そこはまだ試合を重ねての結果になるが、とりあえず今日は試合を見直すとしよう。
 ああ、こんな気分一体いつぶりなんだろうか。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31