無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月28日 (水)

ルヴァンカップ・FC東京戦~埋もれる若手

2017/06/28 ルヴァンカップ プレーオフ サンフレッチェ広島vsFC東京 エディオンスタジアム広島
 
 もう2度と観ない。
 大敗した大宮戦の後、そんなことを誓った。が、その舌のねも乾かない内にやはり観てしまうのだ。サンフレッチェの試合がある限り、やっぱり観てしまうのは性としか言いようがない。
 不甲斐なさに情けなくなり観る価値を見いだせなかった。それでも全メンバー入れ替えたこの試合にはアグレッジブさが見て取れた。相手のボールには身体を寄せ、ゴールに迫られても全員で守る。普段出てるメンバーよりもボールへの執着心があるように思えた。それ故に危ない場面もギリギリでくい止めることができたのだった。
 ところが攻撃になるとこれがとんと遅い。絶好のカウンターのチャンスもボールキープするのが精一杯。ああ、これだから相手は自信を持って攻めることができる。その結果守る時間ばかり増えてしまう。結局この流れはどの選手が出ても一緒なのだった。
 上手くいかない。
 いつも思うことをこの試合もまた思うのだった。たまに攻撃をすれば肝心なとこでミスをしてしまう。深い位置までドリブルで入っても最後の最後でフェリペが滑ってしまうとこがこの試合を象徴してた。シュートは打っても入らない。手を替え品を替え攻め立てるが、ちっともゴールが入ることはないのだった。
 更に守備はがんばってると思ってたものの右サイドであっさりとかわされクロスを入れられると真ん中で当たり損ねのヘディングをされるとGK中林は手には当てたものの止めきれなかった。失点。またしても先制点を入れられてしまった。前半終了間際だったというのにまた同じ展開かよ。
 点を入れないといけない展開。それなのに後半になっても一向に攻めに転じることはないサンフレッチェ。相手ボールにも実にぬるいプレス。一体本当にボールを取ろうという気があるのだろうか。
 もうこのまま終わるのだろう。そんな諦めが出てきたその時、宮吉が右サイドを駆け上がった。ドリブルの速さにFC東京の選手は追いつけない。そしてグラウンダーでマイナスのクロスを送ると真ん中で合わせたのは工藤だった。が、これが綺麗にゴールを越した放物線を描いてしまうのだった。
 入らない。
 一体この言葉を何回使えばいいのだろう。サンフレッチェの選手はとにかくシュートが苦手だ。せめて枠に入れてくれよと思っていたら茶島がミドルシュートを枠に放った。強い弾道の質の高いシュートだった。が、GKに弾き出されてしまった。相手はGKさえもちゃんと最後はくい止めてくれる。
 シュートが入らないならチャンスを増やしたい。でもそれも段々と終了時間が近付くにつれ攻撃の圧力がフェードアウトしていってしまうとそのまま相手を脅かすこともなく終わってしまった。
 負けた。またしても負けた。というより同じように負けたことがまた空しくもあった。点を入れられないFW、守りきれないDF。そしてアグレッシブだと思ってた姿勢はいつの間にか陰を潜め結局いつものように弱い弱いサンフレッチェに戻っていったのだった。
 つまらない、弱い、魅力がない。一体何の為にこんなチーム応援してんだろう。どこにも賞賛できる要素がない。本当にこの人達はプロなんだろうか。
 そんな疑問を浮かべてるとそれって昔はそれが当たり前だったことに気付く。3回も優勝したことですっかり忘れてたようだ。それでもあの頃は若手に希望を託していた。果たして今後、宮吉、松本、森島、高橋といった選手の成長を観ていくことはできるのだろうか。

2017年6月25日 (日)

大宮戦~勝利への渇望はあるのか

2017/06/25 サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ エディオンスタジアム広島
 
 降格争いのライバル、裏天王山。ああ、この響き、何て空しいんだろう。試合を盛り上げる要素ではあるものの改めて自分たちが降格争いをしてるという屈辱を感じざるを得なかった。
 そしてやはり降格争いをしてる同士の対戦、プレーの精度はどちらも低いと言わざるを得なかった。
 シュートさえ打てないセンターフォワード、チャンスをあってもそれを決めきれない選手達、慎重過ぎるくらい慎重な攻撃への組み立て、まずは失点したくないという両者の精神状態をよく表した前半なのだった。そんな後ろ向きな姿勢は尚のことゴールから遠ざけてるような気がするのだった。
 それでもサンフレッチェの方がチャンスはつくってるようには見える。柏のロングボールを青山がヘディングするも枠を大きく外れる。その後もクロスが入るも枠に入れられない。そして圧巻はカズから皆川へ入った時、ターンkらシュートするも外してしまった。もうこの外しっぷりには脱力した笑いがこみ上げてしまったのだった。
 決めれない、決めれないサンフレッチェ。攻めても攻めても誰もシュートを決めることができない。そんな嘆きを感じていた時大宮のFW江坂のドリブルが始まると野上は止めきれない。後ろから追うも競ることもできずシュートを打たれると決められてしまった。たった1回の決定機である。1回のチャンスをモノにした大宮と決められない皆川。両者の勝負は最初からついていたのかもしれなかった。
 当然この後からギアを上げるもまたしても相手はゴール前にへばりついて身体を張って守ってくる。そこでどこをどうあがこうと決めきることができない。皆川、ロペスに代わって工藤、宮吉が入ると多少可能性は感じるようにはなったものの依然として点は入らない。もうここまで来ると笑いがこみ上げてきてしまった。
 どうにもならなくなって攻撃への圧力を強める。最初からやればよかったのに。
 毎度毎度感じる苛立ちをこの試合も見事に再現してしまった。そして圧巻は終了間際に大宮にボールを持たれるとまるでプレスをかけようという気迫を見せなかったことである。時間がなくて焦ってるはずのサンフレッチェの選手は大宮の時間稼ぎにまったく切迫感も持たずに緩く受けてたつとするするっとかわされ追加点を取られてしまったのだった。
 ああ、終わった。
 さすがにこれ以上試合を観続ける気概はぼくには持てなかった。もう当分サッカーなんか観たくなくなった。そしてサンフレッチェという存在すらぼくの頭から消去したい、そんな気分になったのだった。
 身体を投げだし全員で一体になってゴールを守った大宮に比べてサンフレッチェの守備の何と軽いことよ。ゴールを決めれずに当たり前にスタメンを張り続けるFW、毎試合失点に晒されるDF陣、致命的なボールの奪われ方をするボランチ、このチームのどこに魅力があるのだろう。もっと昔はみんなガムシャラだったような気がした。下手でも弱くても勝とうと必死だった。だからこそ2006年の降格の時は悔しくて泣いたし2002年の時もそうだった。果たして今回降格して、本当にあの時のような気持ちになれるのか、そっちの方が心配になってしまうのだった。

天皇杯・鹿児島戦~不調の根幹

2017/06/21 天皇杯2回戦 サンフレッチェ広島vs鹿児島ユナイテッドFC 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場
 
 忘れていた。
 この試合があることをすっかり忘れていた。ああ、何たること。この失態をどう断罪すればいいことか。だがあまりにもアナウンスがなさ過ぎる。サンフレッチェの公式LINEにも登録してるものの通知はなかった。それどころか試合結果についても全く報告がない。この天皇杯、ほとんどカルトと言ってもいいようなマイナーな存在になってるのはどうにかならないものだろうか。
 それでも何とか映像を観ることができたのだが、何と4部のチーム相手に早々に失点してしまったのである。それもマイボール時に攻め倦ねてる内にボールを奪われてカウンターといういつもと同じパターンの失点だった。これってもう監督の責任、これは強く感じざるを得なかった。
 リーグ戦から中3日の為、メンバー総入れ替えをしてるにも関わらず同じ失敗をしてしまうというのはもはや選手のせいではないだろう。攻撃時に中盤に選手がいない、流動性がない、攻撃陣が前で張って待ってる。そのせいでボールはただ後ろとサイドで回ってるだけになってしまう。いや、よく考えたらこれって2006年のJ2に降格した時と同じ光景ではないか。もはやこれは降格へのフラッグが立ってると言っても過言ではなかった。
 森保監督には2006年の試合のビデオを観てほしい。そしてチーム関係者にももう一度振り返ってもらいたい。今までずっと補強した選手が外れだったと思っていたがそうではなかった。実際に工藤は宮吉とのコンビネーションからゴールを決めている。せっかくの持ち駒もそれを生かす戦術がないとどうにもならないのだ。
 勝てなくなればなるほど意固地になって周りが見えなくなる。そんな状態に陥ってるのではなかろうか。無事逆転してコマを進めたからいいものの課題の全貌が見えたような気がした。果たして指揮官はこの問題を自分で感じ取ってもらえたのだろうか。

2017年6月18日 (日)

川崎戦~切迫感のない敗戦

2017/06/17 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島 等々力陸上競技場
 
 え、こんなに並んでるの!
 開門前に訪れたスタジアムの前には今まで観たことのない長蛇の列ができていた。負けて負けて負け続けているチームなのにそれでもここまで応援に駆けつける人がいるというのはこれはもう凄いことではないだろうか。
 だがここまで人が多いと場内に入って仲間と合流できるだろうかという不安もあったものの、2階席に上がるとすぐにドクトルが見つけて手を振ってくれたのだった。
「今日は満席になるだろうからね、席確保しといたよ。前よりアウェイ席を狭められてるしね」
 それによりアウェイエリアを縮小されてたのに気付いた。
「それはそうと移籍の決まった塩谷はこの試合来てないんだね。でもメンバー表観たらそれ以外の選手はいつもと一緒。代わり映えしなくてなんかガッカリだね」
 アル・アハリへ移籍の決まった塩谷。そのポジションに野上が入りボランチに丸谷が入る。そしてトップにはノーゴール連続記録を打ち立てそうな勢いの皆川である。どうにも予定調和的でパッとしない面子であるのは事実だった。
「最近監督批判もチーム内部ではあるみたいだよ。ま、それもしょうがないかもしれないけどね」
 確かに最近の森保監督には現状を打破できる力量が伺えない。同じメンバー、同じ戦術、同じ負け方、それを繰り返す様子は2006年の降格した時の状況にあまりにも似ている。もう監督自身も余裕がなくなり視野が狭くなってるのではなかろうか。
「いっそフェリペをFWとして使ってみてもらいたいけどな」
 出場機会がないブラジル人MFはシュートや球使いの技術には突出いたものがあるのは間違いない。シュートを決める人がいない現状でそれは奇策だが、選択肢の一つとしてあり得ると皆が理解を示してくれた。
 そもそもが最近のサンフレッチェには覇気がない。降格を免れたいという切迫感はないのだろうか。そんな疑問を感じていたものの、この日のサンフレッチェは前から果敢にプレスを仕掛けてきたのだった。
 相手ゴール近い場所でも素早く寄せてボールを奪おうとする。それが好機につながり前への推進力を高める。そして守備の場面でもことごとく攻撃の芽を摘んでいく。シュートに対しては身体ごとブロックする。そこに勇ましさを感じたものの、その勢いが余ってシュートが柏の顔面に直撃した。うずくまる柏。そのまま立ち上がることなく結局清水と交代したのだった。
 そこからどことなくトーンダウンしてしまった。さっきまであった勢いは完全に相手に持って行かれてまたしても守備一辺倒の展開へとなってしまった。ボールに寄せるも簡単にかわされパスを通されシュートまで行かれてしまう。それが外れてゴールキックになったとしても林のゴールキックはことごとく相手に渡ってしまう。そしてまた守勢に回る。守ってばかり、これもいつものパターンだった。
 するとパスを回されてる間に一瞬ゴール前がポカッと空いてしまう。そういう隙を見逃されず阿部が放ったミドルシュートはまっすぐゴールネットに突き刺さったのだった。
 ああ、またしても先に失点してしまったよ。ボール回されすぎなんだよ。プレスも身体を寄せるだけで全然効いてないし。だけどそれよりも何とか奪ったボールを前線に出しても皆川はちっともそれを収めてくれないのも大きかった。身体の大きい皆川はターゲットとしてまるで機能していないのだった。
 それでも点を取らないと負けてしまう状況になったことで重心が攻撃へと移っていった。森島が交代で入ると更に一層ギアが上がっていった。すると右サイドのミキッチがクロスから上がる。飛び込んだのは皆川。ドンピシャリのタイミング。が、その後はカツンという音と共にバーから跳ね返ったボール。
 決まったと一瞬立ち上がりかけたぼくらは腰砕けになった。
「ああ、皆川って本当にヘディング下手なんだな」
 思わず呟いたその言葉に誰も否定する者はいないのだった。
 攻める、攻める、攻める。これを波状攻撃というのだろう。川崎は守備固めとばかりにゴール前に張り付く。もはや攻撃一辺倒である。それなのにゴールが割れない。それもそのはず、トップの皆川はシュートが下手なのである。そしてシャドーのロペスもドリブルまではいいがシュートが枠に入らない。いかにサンフレッチェの前線の選手がシュートが苦手かというのをまざまざと見せつけられてしまった。
 それがわかっているものだから川崎も全員下がってブロックを敷く。でもこれってどのチームもやってくる戦法だ。先制点を取って後は全員下がって守備。毎試合同じことをやられて毎試合点が取れない。でも今日こそはそれを打破したいと左サイドの清水もクロスを入れてくる。
 ところがサイドからのクロスにサンフレッチェの選手は決まってクロスの軌道にポジションを取ってない。まるでそれはボールの来ないとこ、来ないとこに配置されてるかのよう。ずっと一緒に練習しててここまでズレてしまうというのは今世紀最大のミステリーだった。
 時間がない、時間がない。時間がない。そして崩せない。シュートが入らない。点が取れない。ああ、これだけ攻めていながらどうして決められないんだよ。
 アディショナルタイムに入りそして最後の最後に追いつくこともできず終了してしまった。そしてまた負けてしまった。声を枯らしてもまるで効果はなかった。
「前節もそうだったんだよな。失点しまくってどうしようもなくなってから火がついて。それができるんだったら最初からやれよって感じだよ」
 試合後挨拶に来た選手には皆が暖かく拍手で迎えたもののやはり釈然としないものがあった。同じことの繰り返し。中にはサンフレッチェ解雇されたらプロとして続けられるかどうか分からない選手だっている。そういう切迫感が感じられないのはどうしてだろう。色んなことが不思議に思えて仕方ないのだった。

2017年6月 4日 (日)

鹿島戦~屈辱は続く

2017/06/04 サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ エディオンスタジアム広島
 
 鹿島には負けたくない。
 それはまるで合い言葉のようなものだった。汚いプレー、審判への抗議、反則をしても相手の方が悪いかの如く振る舞う態度。どれをとっても憎たらしい。それでいて強いからなおのことたちが悪いのだった。
 そんな鹿島相手に失点してしまった。またも前半の早い時間に決められた。カウンターでスパッとパスを出されこれ以上ないほど綺麗な弾道で決められてしまった。ただ、あれだけフリーで打てるならプロだったら誰でもそういうシュートが打てるだろう。サンフレッチェの対戦相手にスーパーゴールが多いのはきっとこの辺にも理由があるのだろう。
 だが気を取り直して追いつきにいこう。そんな切り替えによりパスをつなぎ前に進む。少しずつ少しずつ歩を進める。まるでそれは険しい山をのぼっているかのように足取りが重い。それでもゴール前、柴崎のところにボールが入った。打った。が、これはGKにぶち当ててしまったのだった。
 チャンスを決める。この単純明快なことをサンフレッチェはできない。それ故に得点することができない。そしてそれこそがチームに勢いを与えない原因でもあるのだった。
 攻められても点を入れない。それが相手に余裕を与え自信を持って攻めてくる。少ない手数でゴール前に迫ってくる。前からのプレスにも確信めいたものがある。そしてまたしても少ない手数でスパン、スパンと抜かれ決められた。更に同じように決められた。3点差。そのあまりもの失点の軽さにもうこの後何点取られるのか、それだけを考えるようになってしまった。
 後半、森保監督の檄が飛んだのは明白だった。これまでずっと守備と攻撃で中心的存在だった塩谷を下げて若い森島を入れた。それが好走したか、プレスのスピードが速くなり簡単に懐へ入り込ませないようになった。そしてシュートを打たれた場合もそのことごとくを身体でブロックをしてゴールに飛ばさせない。力強く気持ちの入ったプレーが続きそれが前への推進力へとつながったのだった。
 前線で跳ね返されようともセカンドボールを拾い攻撃の手を緩めない。柏が左サイドで何度も勝負を仕掛け森島も数人に囲まれようとボールキープをする。そして右サイドのミキッチも縦へのドリブルからクロスを入れる場面が出てきた。これでやっと試合が面白くなってきたのだった。
 しかし、それならそれでどうして最初からやらなかったのだろう。どうしてあんなぬるい守備をしてしまったのだろう。不可解過ぎてわからない。もういっそサンフレッチェはメンタルトレーナーでも雇った方がいいのではなかろうか。
 ゴール前を固める鹿島に対して隙をみつけようとパスを回し続ける。そして柏のクロスからゴール前の青山が折り返すとロペスが押し込んだ。入った、1点。とりあえずは1点入れたのだった。
 その勢いのまま追加点を取りに行く。が、何度クロスを入れても決めきれない。どうして決まらないのだと歯噛みしてると皆川がヘディングを放った。が、枠に入ることもなくゴールの上をふわふわふわと飛んでいくのだった。ああ、皆川はFWにも関わらずヘディングが苦手なのである。枠に入ったの観たことがない。
 皆川にはストライカーとしての資質に欠ける。そう言って悪態をついてたら、ゴール前で相手を背負った状態からターンしてシュートまでこぎ着けた。おお、ああいうプレーできるんだと前言を撤回しようとするも、これまた枠に入ってないのでいかんともしがたかった。
 もはや皆川にゴールは期待できない。すると今度はロペスが強引にボールを奪ってゴール前まで独走だ。DFが全速力で戻る。追いつく前に打ちたい。が、ロペスの放ったシュートはレロレロレロとGKの手に力なく転がっていっただけに終わってしまった。
 みんな、どうしてそんなにシュートが下手なんだ。その有り様に涙が流れそうになる。鹿島はわずかな隙を逃さずきっちりと決める。それに対してサンフレッチェは隙があってもそれを生かすことができないのだった。
 一時は追加点も狙えそうな展開もあったものの、鹿島もサンフレッチェの攻撃に慣れてしまったようだった。余裕で跳ね返され余裕で攻撃に転じる。もうレベルが一段も二段も違うのだった。かくしてにっくき鹿島アントラーズには1ー3という屈辱的な大敗を屈してしまったのだった。
 もう最初から負けるのは分かっていた。実際にtotoを買うのならサンフレッチェの勝利には入れなかっただろう。だけどもっと気持ちを見せて欲しかった。負け続けても当たり前に試合に出れる。そんな環境が甘さを生んでいるのではなかろうか。塩谷と森島の交代でチームが見違えるように変わったことからもそんな気がしないでもないのだった。

2017年6月 1日 (木)

ルヴァンカップ・マリノス戦~プレーオフ進出

2017/05/31 横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島 ニッパツ三ツ沢球技場
 暑い、暑い、暑い。五月最後の日はもう夏ともいっていいような気温の高さだった。が、日が落ちるとすっと涼しくなってくるのは湿気がないせいだろうか。そよ風が心地よく身体に当たる。ナイトゲームであるこの試合、意外とやりやすいコンディションであるのだった。
 サッカー専用のこのスタジアムでは選手がより身近に感じることができる。特に目の前のゴールに向かってくる後半は最も盛り上がるシチュエーションとなる。が、よりによってマリノスは逆に陣地を取ってしまい前半からアウェイゴール裏へ攻める配置となるのだった。
 しかし、開始早々に早々にマリノスにクロスを入れられてしまう。速いライナー性のボールにやられたと思ったものの、ここはGK中林が身体を張って止めた。だがその後も攻められる展開は変わらないのだった。
 ボールを奪おうにも個人技でスカッとかわされる。スペースの間をすり抜けるようなパスを出してくる。これはいつ守備が決壊するかと思いきや、最後の最後はガツンとクリアをしてしまう。そういうとこは今回のメンバーは秀でていた。
 ところがマイボールにした後がお粗末である。ちょっとマリノスがプレスに来ただけでパスミスが起きてしまう。フェリペがスピードに乗ったキラーパスを出してもだれもそれに追いついてくれない。そして右サイドの長沼に至っては消極的なプレーばかり目に付くのだった。
 カップ戦用の若手中心のメンバーだが、もっと現実的な戦いをした方がいいのではなかろうか。パスでつないで崩していくもは理想だができないものはしょうがないという割り切りが必要だ。
 だがそんな時、左サイド高橋にボールが入った。縦へ行こうとするも中への切り込みと切り替えゴール前へのパス。DFに当たりコースが変わってしまったが工藤がこれを収めるとヒール。何と、これがゴールに入った。あまりにも意表を突かれたゴールに一瞬息をのんでしまった。
 そしてゴールが認められると喜びを爆発させる工藤。それに呼応してアウェイゴール裏も熱狂に包まれた。リーグ戦のスタメンからも落とされてしまった工藤がこんなとこで決めてしまっtのだった。
 このまま勝つと予選リーグの3位になりプレーオフに進出できる。この座を巡ってるのが当のマリノスなので相手も必死だ。そこで後半になるとエースの斎藤学を入れてきた。
 たった一人の交代である。それなのにボールを持たれると軽くサイドを駆け上がられてしまいパスを通されてしまう。そしてマイナスクロスが出ると後ろから走ってきた仲川にダイレクトシュートをたたき込まれてしまった。斎藤は出場からほんの少しの時間で同点へと導いてしまったのだった。
 同点ならマリノスの方が順位が上になってしまう。このままなら敗退決定だ。ところがやはり細かいパスのずれなど盆ミスの多いサンフレッチェに反撃の狼煙は上げられそうもなかった。長沼から柏、松本から柴崎と交代するも戦局を替えるまでには至らなかった。そして最後に丸谷から怪我でずっと戦列を離れてた宮吉を入れた時、もはやそれはヤケクソのような気がしたのだった。
 前に重心の掛かるサンフレッチェ。柏が左サイドでドリブルを仕掛ける。フェイントを使いクロスをしようとしたのをもう一度えぐる。ゴール前へクロス。すると密集の中に速い球が入るとピンポイントで頭に当てた選手がいた。ズドンとボールはライナーでゴールに突き刺さった。
 入った、入った、入った。文句の言いようのないゴールだ。しかし決めたのは誰だ?宮吉?宮吉が決めたのか。やった、結果を出してくれたよ。
 一時は寿人の後継者とまで嘱望された宮吉だったが怪我の多さに段々その期待感もなくなっていった。リハビリを終えても出場のなかったとこをみると監督の評価も低いのだろうという想像はついた。それだけにゴールを決めたというのは意外でもあり驚きでもあるのだった。
 さあ、残り時間もうわずか。
 防戦一方のサンフレッチェ。クリアするのが精一杯。GK中林はせっかくセーブしてもパントキックを全部相手のGKへのパスにしてしまう。せめてサイドラインに出してフリースローにした方が時間が稼げるだろうに。ああ、ほんの少しでいいからボールをキープできればいいのに。跳ね返すことしかできない。時間よ、早く過ぎてくれ。
 アディショナルタイムに入るといよいよパワープレーをしてくるマリノスの攻撃に一杯一杯。ほんのワンプレーで簡単にゴールを決められてしまいそうな危うさがあった。
 が、前線に飛んだボールを工藤が収めることができた。すぐに相手ボールになってしまったもののこの数秒が終了へと導いてくれたのだった。
 響きわたる主審のホイッスル。安堵のため息と勝利の歓喜が訪れた。ガクッと腰を落としそうになるもやはり喜びは押さえつけることができなかった。
 プレーオフ進出。これでルヴァンカップは少なくとも2試合戦えるのである。サンフレッチェが観たい、そんな欲求が減少してた今シーズンにおいてそう思える感情が沸き立ったことに喜びを感じるのだった。

« 2017年5月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30