無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月28日 (日)

磐田戦~精一杯のスコアレスドロー

2017/05/27 サンフレッチェ広島vsジュビロ磐田 エディオンスタジアム広島
 
 前節勝ったことで少し気が大きくなったものの低迷したチームはそうそう変わるものでもなくやはりパッとしなかった。手数を掛け少しずつ少しずつ持ち上がるサンフレッチェに対して磐田は単純に中へ放り込んでくる。そしてそれをトップの川又がガツンとシュートに持ち込むが、幸いにもフィニッシュのとこで精度が出せず事なきを得たのだった。
 そのため全体の重心が下がり攻撃を跳ね返す方に重点を置かれる。それでいてクリアしたボールが必ず敵のとこにいくのだからたまらない。ああ、一体サンフレッチェの攻撃はいつになったら観れるのだろうか。
 ただ、それでも無失点でくい止める。それには林のビッグセーブもあった。その為か、どことなく失点しないような気がしてきた。そしてそうやって我慢の時間を堪えきるとやはり波は訪れるのだった。
 左サイドの柏にボールが渡る。縦へ仕掛けようとすると寄せが速く蓋をされる。逆サイドのミキッチにはあまりボールが渡らない。もうサンフレッチェがサイドから攻撃するのはどのチームも分かっててそこは自由にやらせてもらえないのだった。
 それでも何とかクロスを上げたとしても中で合わせる皆川はヘディングが下手だった。青山も上がって頭に合わせた場面があったがやはり枠にいかない。サンフレッチェの選手ってどうしてこうもヘディングが下手なんだろう。もしかしたらこの辺がセットプレーでの守備が脆いのと関連性があるのだろうか。
 動きがない。前線で相手の守備を崩す流動性がない。それでも皆川は脚に入ったボールを敵を背負いながらターン、シュート。枠にはいってたもののGKの伸ばした脚に当たってはじき出されてしまった。
 惜しい。それでも皆川がストライカーらしい動きをしたことに希望の光を感じる。あとは入れるだけ。あとは入れるだけ。でもこの入れるだけというこれが最も困難な作業なのだった。
 青山のパスも冴えない。ミキッチのドリブルも往年のキレがない。数人が絡むパスワークも劣化した。結局のところこの不調の原因って年齢の問題ではという気がしてきた。若手の溌剌としたプレー、そういうのをしばらく観てないような気がするのだった。
 スコアレスドロー。サンフレッチェにしてみれば勝ち点1取れただけでもよかったのかもしれない。ゴールの予感でいえば磐田の方に部があった。そこはもう認めざるを得ない。
 しかし、無失点で終えたとはいえこの低調感は何なんだろう。はちきれんばかりに盛り上がる攻撃ってあっただろうか。何かつまらない。悲壮感ばかりが漂う。明るく賑やかなサンフレッチェのサッカー、もう一度そういうのが観たいと思うのだった。

2017年5月21日 (日)

甲府戦~勝利の陶酔感

2017/05/20 ヴァンフォーレ甲府vsサンフレッチェ広島 山梨中銀スタジアム
 
 何かを変えなくては。
 そう考えるのは当然のこと。今シーズン、未だに1勝しかしてないというのは問題だ。そしてその解決策として真ん中の前と後ろを替えた。それにより、ついに工藤は見切りを付けられたという気がした。
 前線で張ってても何のインパクトも残せない工藤。我慢して使い続けてきたがここで皆川が起用された。といってもこれは消去法でしかなかった。今シーズンまだゴールのない皆川であるが他にいないのだからしょうがないことだった。
 そしてCB。ここについても失点の多さを考えれば致し方ない。しかも最近の千葉はフィードや組立においてもどことなく行き詰まってしまってるように見えた。そして野上自身のプレーも悪くないのでここは順当な交代とも言えた。
 そんな布陣を敷いたサンフレッチェだが、照り返す日光の中、最初こそ落ち着いてボール回しをしてるような気がした。が、甲府がカウンターで息を吹き返すと前掛かりに畳みかけてきた。そしてサイドからクロス。足を伸ばしてクリア。するとちょうどそれが真ん中に転がっていくと狙い澄ましたミドルシュート。低い弾道のボールは水本に当たることによって軌道が変わるとそのままゴールに入ってしまった。
 失点。ああ、また失点した。クリアしてもクリアしても相手ボールになってしまい最後は相手にフリーで打てるようなセカンドボールあ行ってしまう。攻められすぎ。だから結局こういう結末に至るのだ。
 げんなりとしてしまう。どうせこのまま点が取れずに終わってしまうのだろう。そんな諦念感が思考を支配した。そして攻撃の形になるとどことなくズレてるパスが命取りとなるカウンターを受ける様にその想いは強くなるのだった。
 だがそんな中にでもロペスが強力なミドルシュートを打つ。後ろからの青山のクロスを皆川がヘディング。どちらも可能性を感じさせながらもバーに当たったりGKに阻まれたりした。が、そんな時皆川に入った。
 ターンする皆川。振り向きざまシュート、と思いきやスルーパス。そこに出てきたロペス。中へ折り返す。マークを外した柴崎がまさに当てるだけで入った。入ったのである。ゴール、ゴールだった。
「うおおおおお!」
 雄叫びをあげてしまった。ワントップ、ツーシャドウの3人の連携。各自がそれぞれ自分の役割をこなしゴールにつながった。3人はこのゴールの祝福として抱き合っていた。
 振り出しに戻し後半CK。ちっとも入らないサンフレッチェのセットプレー。すると柴崎のキックはニアサイド野上の頭上を越えたとこでワンバウンドし蹴り損ねのように見えた。が、逆にそのボールの軌道が甲府の選手の脚を止めてしまいゴール前で水本が頭で押し込んだのだった。
 逆転。しかもゴールを決めた水本は失点の借りを自分で返したのだった。
 それでもまだ安心はできない。サンフレッチェの守備の弱さは想像を絶するものがある。もはや前線に皆川一人を残して全員で引いて守る。だが今シーズン、人数を掛けて守っても守りきれない。かといって攻めていけばカウンターを食らってしまう。
 跳ね返す。皆川が前で収める。そこから展開しようにも自由にはさせてもらえない。が、ファールを貰う。これが助かった。労せずしてポジションを修正することができるのである。
 他にもロペスがボールキープにより時間をつくることによって全体を押し上げることができた。どうにも今まで良い印象のない2人が効いていたのである。
 そしてミキッチの突破から皆川シュート。これで追加点と思っていたらラインを割ってたという判定でノーゴールになってしまった。取らせてやりたかった。ここまで奮闘してくれたのならゴールという結果を残させてやりたかった。でも結局脚をつってしまい交代を余儀なくされたのだった。
 あとは時間を稼ぐだけ。それなのによりによって最後の最後にCKを与えてしまう。しのげ、しのいでくれ。そんな願いを込めて声援が一層大きくなる。
 キックが入る。ファーサイド。密集の中をシュート。
 うわっ、目を覆いたくなった。が、それを枠を捉えることができずコロコロと後ろに転がっていったのだった。
 と同時に試合終了。勝った、勝てたのである。もはや明白に残留を目標に掲げるようになったサンフレッチェはまずはその足掛かりとなる1勝を手にすることができた。チームが勝てない、そんな状況にありながらもアウェイゴール裏はぎっしり詰まっていた。
 この余韻に酔いたい。そしてもっとこの陶酔感を味わいたい。その為にもまた次なる試合での勝利を願うのだった。

2017年5月14日 (日)

セレッソ戦~思考停止の敗戦

2017/05/14 セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島 キンチョースタジアム
 
 今期初めてのベストメンバー。不調のサンフレッチェにとって浮上へのキッカケとしたい試合である。特にカズのポジショニングで相手の攻撃の芽を摘みつつ配給を整える。それによっていつもより安定してるように見えるのだった。
 そして柏が左サイドから中へ。青山が縦パス。抜けだした柴崎はマイナスクロスをすると真ん中でロペスが詰めたのだ。2人、3人と連動したゴール。美しい、美しいゴール。これぞサンフレッチェのゴールだった。
 ああ、やっぱりメンバーさえ揃えばサンフレッチェは強いんだ。そんな高揚感を抱えながらも浮き足だつこともないチームに安心感を憶えるのだった。
 相手に自由を与えずこれなら追加点も狙えると思ってた時、青山が左サイドでスライディングをスカッと抜かれてしまった。どフリーでドリブルで進まれる。慌てて戻るディフェンス。中へパスを送られるとシュート。入ってしまった。
 入った。ああ、入ってしまった。何でこれが我慢できないんだよ。今シーズン何度も観てしまった失点劇にやっぱり無失点はないんだとため息をつく。そんな幻滅感はどうにかならないのかと思っていたがこれだけで終わらなかった。
 続いて2点、3点とあっという間に失点をしてしまう。特に3点目はCK。またしてもセットプレーでやられたのだ。何回も何回も同じ失敗。2点目までは保ち続けた気力も遂にこの時潰えてしまったのだった。
 だが後半、気を取り直したか左から右へ。ミキッチのボレーシュート。閃光が放たれたようにゴールに突き刺さった。1点差。追い上げだ。行ける、行けるぞ。
 そんな気鋭を上げ前掛かりに行く。パスを回し相手の動きを読みゴールを狙うもズレてしまう。これが今シーズンのサンフレッチェの典型である。無駄にコネてチャンスを潰してしまう。そしてそのままカウンターと突き進まれ決められてしまった。杉本はピッチの真ん中からドリブルで駆け上がって決めた。その馬力を止められない。それに引き替えサンフレッチェのFWは何とか弱いことか。
 そして今度はまたしてもCKで決められてしまう。1試合に2回も同じ失敗。5失点してしまったこの時、もうこれで試合は決まってしまった。セレッソはもう守備固めに入った。サンフレッチェの得点力のなさを考慮した実に効率的な試合運びである。
 セレッソのユン監督は終始ほくそ笑んでいる。もう余裕という感じである。そしてセレッソの選手にも笑顔が浮かぶ。クロスが上がっても簡単に跳ね返すことができるしミドルシュートには精度がない。そしてサンフレッチェは追いかける展開になればなる程精度が落ちる。パスがズレる。ボールが取られる。そしてカウンターに入られる。たった1人か2人のドリブルにもうアップアップだ。
 もう勝てない。どうせ点なんか入る訳がない。負けるのは決まってる。もはや感情もなしに試合を眺めていた。来年はJ2、本気でそれを覚悟した瞬間だった。
 もはや負けることに慣れてしまった。もはや勝つことよりも未来を考えた方がいいかもしれない。得点力もシュートへの迫力もない現FWには見切りをつけて他の選手を試してみるべきではないだろうか。来期、工藤や皆川がFWとしてポジションを得ているとは考えにくい。貴重な出場時間を結果を出さない選手で消耗してていいのだろうか。ああ、でもそれってもう勝つことを諦めたということだよな。でなければ一体どうすればいいのだろう。一体どうすれば・・・・・。

2017年5月11日 (木)

ルヴァンカップ鳥栖戦~フェリペのゴール

2017/05/10 ルヴァンカップ予選リーグ サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖 エディオンスタジアム広島
 
 日が沈み掛けた空はコバルトブルーのような透き通ったような青がきらめいていた。観客はいないけどその景色が観れただけでもよかったかもしれない。
 カップ戦の常として両チーム普段試合に出てない選手が中心となったメンバーだった。とはいえ連携を根幹とするサンフレッチェには不利である。特に攻撃陣にシュートの上手い選手がまるでいないものだから尚のこと厳しさを感じるのだった。
 ところが蓋を開けてみると結構鳥栖のプレスをかわしているのである。お互いの距離感を保ちギャップを生んでは前に運んでいく。それは華麗であると感じることもあれば一体誰にパスを出したつもりなんだと唖然とするようなミスパスもあるのだった。
 やっぱりサブの選手だからレベルが低い。そう思っていたらスルッと相手をかわして攻めていく。敵と敵の間をすり抜けていく様はサンフレッチェの神髄である。ところがゴールに近付いたところで精度が落ちる。一瞬ボカッと空いたゴール前にボランチの松本はミドルシュートを打ったが、その方向は見事に明後日の方だった。
 その後も稲垣がミドルシュートを放つも枠のはるか上。フェリペが裏へ完全なスルーパスを出すも茶島はGKにぶち当てる。更に次なるチャンスでもGKを意識して枠を外してしまう。ああ、サンフレッチェの選手はみんなシュートがヘタだ。特に攻撃のポジションである茶島の決定力の低さには目を多いたくなった。
 茶島ってループシュートと打てないのだろうか。
 そんな疑問が浮かぶのも、中盤ではボールの運び役として高い技術を見せる茶島はゴールの時に限って精度が落ちるからだ。いい加減プロとしてやっていたらわかりそうなGKの動きというのがまるで読めてないのだ。だから茶島のシュートはいつもGKにぶち当たってしまうのだ。
 そしてFWの皆川はというとこの日もシュートが打てない。もう本当にこの選手はプロとしてのキャリアを諦めなければいけない時期に差し掛かってるかもしれない。そしてシュートが打てないという意味ではフェリペ・シウバも同じだった。未だにゴールを決めたことのないフェリペにはもはや外れ外国人という感情しか持てないのだった。
 ところがこのフェリペが前線で相手のボールをパスカットする。そしてゴールに向かってドリブル。対応する鳥栖のDF。フェイントを入れ右に抜けると飛び出したGK。が、次の瞬間フェリペはボールを浮かした。ふわっと上がったそのボールはGKの頭上をすり抜けゴールにすいこまれたのだった。
 入った。ゴール、ゴール、ゴール。フェリペのゴール。これだ、こういうシュートを打って欲しかった。茶島、これをやってくれよ。
 初めてフェリペの技術の高さが試合で生きたような気がした。もしかしたらサンフレッチェで一番シュートが上手いかもしれない。たった一本決めただけだが運や偶然で決まったゴールでないのは明白だった。
 今シーズンまだ勝ちのないエディオンスタジアム。あともう1点あれば安泰なんだがこれが決まらない。そこで守備の安定も兼ねて青山と塩谷が交代で入るのだった。
 それでも入らない。青山のスルーパスに皆川は反応できない。塩谷のミドルシュートもDFに当てられてしまう。CKを蹴っても単純にクリアされてしまうのだ。そんな入らないシュートは段々と時間稼ぎへと試合展開を変化させていくのだった。
 守って守って守って。最後は引いた状態が続いてしまった。それでもこの1点を守りきってサンフレッチェは勝利したのである。今期初めてのエディオンスタジアムでの勝利を決めたのだった。
 この一勝がチーム浮上の原動力になる。そんな決まり文句が頭に浮かんだのはこれがフェリペのゴールだったからだ。高い評価を得ていながらなかなか機能してなかったフェリペが結果を出した。本人も自信が持てただろう。
 そんなに甘いものじゃないのは分かっている。それでいながらこれからの躍動を感じる。鳴り物入りで入団したフェリペの成功はチームにとっても大きな鍵を握っているのだった。

2017年5月 6日 (土)

神戸戦~やっと手にした勝ち点1

2017/05/06 サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸 エディオンスタジアム広島
 
 開始10分以内での失点、セットプレーでの失点、守備で人数が揃ってる中での失点。もはやこれさえ達成できれば文句は言わない。それほどまでに要求のレベルは下がっているが、逆にこれさえできていればそうそう負けるものではないのだった。
 今のサンフレッチェは当たり前のことが当たり前にできなくなってる。得点力不足や連携のミスなども大きいが、単純なパスミスが多い。そんな基本的なことすらできないのに難しいことをやろうとしてる。それはまるで尻に火のついた受験生が基礎をないがしろにして難しい問題ばかり挑戦する様のようだった。
 だが蓋を開けてみればいい連携からいいパス回しができている。最終ラインの千葉からの縦パスが攻撃へのスイッチとなり前線への圧力を強める。それにより柏とミキッチの両サイドも生きてきた。
 塩谷もオーバーラップから攻撃へ参加する。ゴール前からラストパスを送ると柴崎。ふかしてしまった。完全に崩した場面だった。決めきれない。それを象徴するシーンだったが、こともあろうに前線で一番シュートの確実性のある柴崎が決めれなかったというのは大きな誤算だった。
 ワントップの工藤は遠目からのシュートを枠に入れないどころかパンチ力がない。そしてペナルティエリアで自分でシュートをするという意志がないので恐さがない。もっとFWらしいギラギラとしたものが欲しい。
 更にもう一人の前線、ロペスは顔はいかつい。ボールキープに力強さがある。そして前が空けば遠目からシュートを打つという積極性も見せる。だけど入らない。ロペスはシュートがヘタなのだった。それでどうやって点を入れたらいいのだろうか。
 そんなヤキモキしている中、守りを固めてた神戸はカウンターが始まる。シュートブロックに入る。が、フェイントでしかなくスルーパス。走り込む神戸の選手に塩谷も付いていたもののシュートコースに入りきれず打たれてしまった。GK林の手の届かないゴールの隅に決まってしまった。正直当たり損ねだろう。それが逆にGKの逆を突いてしまったらしい。
 またしても失点した。どうしてこうも失点してしまうんだろう。無失点ができない。守りきれない。だがゴール前ではシュートを打てば何かが起こるという典型かもしれななかった。
 後半に入りギアを入れたサンフレッチェは前掛かりになっていく。中盤のブロックにザックリと切り込むパスが入っていく。そこから縦に横に斜めにとパスを織り交ぜ進んでいく。すると左の柏からマイナスのパスがゴール前ロペスの前に入るとシュート。神戸のブロックに防がれる。が、再びロペスの足下に転がり逆足で打った。入った。ネットが揺れた。ゴール、間違いなくゴールだ。
 ドワーッ、という歓声が響きわたる。またこのまま負けるのかと諦めも少しはあった。得点力のないチームにおいて先に失点してしまうのはもはや死を意味してるからだ。そんな中でのロペスのゴール。シュートがヘタだと思ってたがこういう混戦だと決めてしまう。そういえば今までのゴールもこういう類のものが多い。ペナルティエリア内で敵味方入り乱れる、そんな時こそロペスが生きる。サンフレッチェが点を入れる為の一つのヒントを得たような気がしたのだった。
 スタンドのチャントが音量を増し、追加点を入れるべく選手を後押しする。そしてカズが野上と交代で入ると持ち前の危険察知能力で相手の攻撃の芽を潰し更に前への推進力を高めていく。その為にも最前線の工藤にボールを収めたい。
 が、その工藤にボールが渡ってもドリブルをすれば競り負けてしまうしポストプレーをするとトンチンカンな方向に行くし自分で勝負すればいいとこで味方を待った挙げ句奪われたりしてしまう。ここにも勝てない理由が見えてきた。結局ボールの収め所がないからだ。体格がいい割には簡単に倒されてしまう工藤には一体何を期待すればいいんだろう。それでも他にこのポジションの適任がいないというのがサンフレッチェの苦しさなのだった。
 両者勝ち点3を狙ってスクランブルのような展開になる。ボールを奪いたいのに奪えない。運良く奪えたとしても前でつかえてしまう。それでもロペスのドリブルからファールを貰う。いい位置からのFKだ。
 ボールに立つ塩谷とロペス。角度的には左足のロペスだがシュート精度のなさを考えればそれはありえない。塩谷しかないだろう。だが右足ではちょっと厳しいかもしれないと思ったら壁の外側から巻いていくシュートを打った。ネットが揺れた。一瞬歓喜に沸こうとしたがそれはサイドネットであった。立ち上がりかけたものの崩れ落ちてしまった。今シーズン、FKからの得点が1点もないが、その記録はまだ続いていきそうだった。
 柏が左サイドからクロスを入れる。だが誰も合わせられない。右サイドからも交代で入った高橋がクロスを上げるも合わせられない。どうしてここまでクロスが上がって点が入らないのだろうか。よくよく観るとサイドで勝負してる時、工藤を始めとしてサンフレッチェの選手はゴール前で張っているのである。クロスが上がってから入るではないからよほどピンポイントのクロスじゃないとヒットすることができない。おまけにディフェンスにしてみれば守りやすいときてる。だからクロス上げたってすぐにクリアされてしまうのだった。
 そして引き分けのまま終わった。勝ち点1。今のチーム状態ではそれが精一杯だろう。負けなきゃいいのかもしれない。でももういい加減勝ち点を積み上げなければどうにもならないとこにきてしまった。補強の失敗、ワントップの人材不足。それらを踏まえてこの先どのような活路を見出していけばいいのだろう。

2017年5月 4日 (木)

ルヴァンカップセレッソ戦~アピールのない若手

2017/05/03 ルヴァンカップ予選リーグ サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪 エディオンスタジアム広島
 
 カズが帰ってきた。怪我で戦線から離れている間チームは骨格をつくれなかっただけにカズかえ戻れば何とかなる。それが唯一の希望でもあるのだった。
 確かにチームは安定してた。若い選手を多く起用し、松本のように初出場の選手がいる割に試合として成り立っていた。それでいてどこか面白くない。予定調和的な空気。眠い、眠たくなる。正直途中一回意識をなくしてしまった。
 観ててワクワクするようなことがあっただろうか。プロとしてこういうプレーを続けるのはどうなんだろう。単純なパスミス、攻撃のアイデアのなさ、シュートを枠に入れられない技術の低さ。そこに最も目がいってしまうのが皆川だった。
 クロスを上げてもまともに合わせられない。楔のパスを出したら味方もいないのにスルーをしてしまう。そしてフィジカルを生かしてボールを奪うまではよかったもののシュートを打てば信じられない方向に打ってしまう。あのプレーを観た瞬間、もうこの選手はプロとして終わってると思ってしまった。
 その他入団1年目、2年目の選手が多くピッチに入ってるもののそれが若いからとその後の可能性に掛ける訳にはいかなかったのがこの皆川を観てれば分かる。大卒ルーキーとして鳴り物入りで入ってきたこの大型FWは最初こそよかったものの段々精細を欠いてきた。それでもまだ若いからと伸びしろを期待したものの成長は一向に進まずむしろトーンダウンしていった。今にして思えば暖かく見守るような視線がこの選手をスポイルさせていったのではと感じなくもないのだった。
 そう考えるとピッチにいる若手選手もうかうかしてられないのだった。実際森島や長沼などは随所で高い技術を見せたプレーを出している。そんな瞬間は明るい展望を抱かなくもないがそれでも物足りなさを感じる。というのも彼らにかつて青山や柏木を試合で観た時の衝撃はないからだ。どことなくスケール感の乏しいというのが正直な印象だった。
 そんな物足りなさは得点に結びつかない攻撃という面において如実に現れているのだった。攻めても攻めてもゴールに結びつかない。展開としてはほぼサンフレッチェの方が有利に進めていたようだがCKで決められてしまった。しかもこのCK、何度も何度も続けてしまい結局清水がとんでもない方向へクリアすることによって相手へのパスとなってしまった。そしてゴール真正面からのミドルシュートを決められてしまったのである。決められた瞬間、思わず「またかよ」とつぶやいてしまった。
 点は入れられない。逆に失点は簡単にしてしまう。絶対に勝てない。だけど本当に悔しいのはこの状況を受け入れてる選手にであった。
 確かに全力でやってるのだろう。でも若手と言われる選手がここでレギュラーを取ろうとしてる気概というものを感じない。特に皆川のよいうにサンフレッチェを解雇されたら間違いなくプロとして次の契約がないという選手ですらまったりとしてるような気がする。そこがまた悲しかった。
 かつてのサンフレッチェには今の選手のように上手い選手はいなかった。中山元気なんて選手がいたが、本当にヘタだった。それでもガッツと根性だけで試合に出ていた。当時は糞味噌にヤジを飛ばしたものだが今になってみればああいう選手がもう一度観てみたいような気がするのだった。

2017年5月 1日 (月)

FC東京戦~ストライカーの欠如

2017/04/30 FC東京vsサンフレッチェ広島 味の素スタジアム
 
 ゴールデンウィーク。
 この響きは特別な高揚感をもたらす。連休、新学期の後、そして何より気候として温暖で一番過ごしやすい時期というのが大きい。そんな中でのアウェイゲームは本来であればまたとない楽しみだった。それがややもすると苦行であるかもしれないのだった。
 それもそのはず、今シーズンのサンフレッチェは絶不調。新戦力として獲得した選手はことごとく外れ、未だに選手の構成に悩んでる感がある。その為、スタメンの発表を見ないと誰が出るのか分からないのだった。
 そんな浮かない気分のまま訪れた味の素スタジアム、アウェイのスタンドには予想外に人がいた。それどころか空席が次々に埋まっていく様子に一刻も早く仲間を見つけなければと探すもどこにいるのか分からない。さすがにそれだけ人がいると無理があったものの、お互い通信という文明の機器により合流することができたのだった。
「いやあ、勝てませんねえ」とドクトル。
 フェリペは外れだったとか工藤がGKとの1対1を決めないと言った話をしていると段々と悪口大会へとなっていく。ああ、この光景。2002年の降格争いをしてた頃と一緒だ。点が取れない。それなのに簡単に失点してしまう。せめて今日は開始10分は踏ん張って欲しい。そんな極めて消極的な願望しか出てこないのだった。
 強い日差しによりスタンド屋根の陰の境目がくっきりと見えるピッチで試合は始まった。堪えろ、堪えろよと最初から失点への警戒ばかりをする。それでも攻められる。ペナルティエリアに入られる。シュートを打たれる。だがそれらは精度のなさに助けられた。いや、もしかして今日は運がいいのかもしれない。
 それでも高萩洋次郎のスルーパスで崩された時には肝を冷やされた。敵として観てみるとやっぱり上手い選手なんだと感じる。高萩がいたお陰で優勝することができた。それに引き替え今のサンフレッチェには高萩のポジションだったシャドーの人選に苦慮しているのだった。
 柴崎を軸としてアンデルソン・ロペスが出るがこの選手、キープ力がありいいとこまでは行くがどうにもシュートが下手くそだ。一度自ら持ち込んでゴール前まで進出したものの結局摘み取られてしまったようにあと一歩が足りないという非常にもどかしいとこがあるのだった。
 そんななかなか攻撃に進めない状況においてサイドからクロスが上がる。だがこれが決まらないどころか枠にさえ入らない。せっかくサイドで持ち上がったとしても中で合わせる人がいないと何の意味もないのだった。少なくともワントップの工藤はクロスのターゲットとして物足りなさがあった。
 それでもDFを背負った工藤は反転、ゴール前に出た。ワッと盛り上がるアウェイゴール裏。だがこれをGKにぶち当てた。ああ、工藤ってGKとの1対1苦手なんだよな。そんなストライカーとしての致命的な欠点をまざまざと見せつけられたのだった。
 そんな最後の一手が詰めれずもどかしさを感じてる中、相手のCKとなってしまう。それでも何度かあったセットプレーを防いでたことからそれほど不安を感じずに観てたら決められてしまった。しかもゴール前で頭に当てたのはサンフレッチェの選手である。だがよりによってそれを後ろに逸らしてバックヘッドになってしまった。するとそれがFC東京の選手への絶好のパスとなってしまい簡単にゴールに決められてしまった。ああ、どうしてヘディングをあんな方向へやってしまうんだろう。ウワーっと盛り上がるFC東京の応援を後目にため息が漏れるのだった。
 それでもサンフレッチェの応援席は気落ちするどころか一層声を張り上げていく。自分たちにできるのは応援でチームを盛り立てていくこと。そんなみんなの気概がサンフレッチェを余計に前に突き動かす。右サイドにミキッチが入り左右のサイドから崩していく。特に左の柏はドリブルで相手を抜いていく。抜いて抜いてクロス、パス、そしてシュート。多彩なバリエーションからゴールへの予感をたぐり寄せる。が、決まらない。シュートが入らない。枠に入れても東京のGK林にことごとくセーブされる。入らない。入らない、入らない、入らない。
 あと5分あれば、あと10分あれば、あと15分あれば。時間が進むに比例してもっと時間が欲しくなる。それほどまでに攻め立てている。いつかは入りそう。それでいて入らない。これこそが今シーズンのサンフレッチェである。どこをどうやっても点が入らない。そして空しく終了のホイッスルが鳴ってしまったのだった。
 また負けた。また点が取れなかった。そんな落胆があるものの皆選手を拍手で讃えてた。結果が出ないでもこの温かさ、サンフレッチェサポーターは素晴らしい。でも結果が欲しい、結果が欲しい。
「点が取れないねえ」
 ドクトルがつぶやいたがその理由は明白だった。
 点が取れない。点を取る選手がいない。これはまさにストライカーの問題だった。工藤、ロペス、2人とも絶望的に得点力がない。唯一前線でシュートが上手いのが柴崎だがそもそもがゲームをつくる方の選手。交代で入った皆川に至ってはもう来シーズンはプロの道を諦めた方がいのではというレベルである。
 ストライカー、ストライカー。そう呼べる選手がたった一人いないだけでサッカーとはここまで苦戦するんだと思い知らされたのだった。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30