無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月28日 (金)

ルヴァンカップ神戸戦~苦境の中の光

2017/04/26 ルヴァンカップ予選リーグ ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島 ノエビアスタジアム神戸
 
 開始1分。もう失点した。ああ、もうやられたのかよ。早い時間の失点、これで今シーズン3試合目である。さすがにこれにももう悔しさを通り越して呆れてしまった。
 リーグ戦とは層取り替えのメンバーにした。それにも関わらず同じ過ちをしてしまう。いくら何でもこれは酷すぎる。真面目な話、アマチュアチームであってもここまで早く失点することはないだろう。つい2年まえ優勝したチームはここまで落ちぶれてしまったのだろうか。
 その凋落ぶりはその後更に顕在化された。まずは稲垣のドリブルのミスによりボールをかっさらわれるとそのまま手数を掛けずに決められてしまった。そしてその後はフェリペのスルーパスから茶島が抜けだしシュートするもGKにぶち当ててしまった。茶島、本当にシュート下手だ。前線の選手が決めきれなければ後ろの選手も守りきれない。酷い、酷すぎる。やはりアマチュア以下である。
 そして今度はトントントンと運ばれて最後は清水が1対1で負けてシュート。また決められた。更に今度は各自が各自とも1対1で負け続けた挙げ句ゴールまで決められた。それぞれがそれぞれ、プロとして局面での勝負に負けてしまってるのであった。
 恥ずかしい。恥ずかしかった。もはや観ているのが苦痛でしかなかった。これはもはやどうしようもない。打つ手なしと思ってたものの後半になり入ったのが青山と野上だった。フェリペ、稲垣という新加入の選手と交代したが、これで戦況がガラリと変わる。たった2人代わっただけでサンフレッチェはまともに攻められるようになっていった。それどころか攻撃の時間が増えていく。もっともこの時にはすでに4点差がついてるから神戸も攻めなくていいという余裕があったかもしれないが。
 ところがこれだけ優勢に進めててもゴールには結びつかない。それもそのはず、トップにいる皆川がちっともボールを収めてくれないからだ。スペースに出しても走ってない、ロングボールに対してはオフサイドが取られる。FWとしてまるでいいとこがない。もう何年もこの選手を観てるがそろそろプロとして限界かもしれない。
 そして茶島に代わって入ったロペスは粘り強いボールキープから前線を活性化させる。それにより左サイドの長沼も縦に抜ける機会が増えてくると積極的に勝負に出る。ゴールに切り込み中央へ流すとワンツーからシュート。GKの位置を意識してファーサイドへ巻いていくシュートを見事に決めてしまった。真正面からのシュートをGKにぶち当てる茶島と大違いである。
 もはや1点返ったとこで負けは決まってるものの少し溜飲は下がった。そして20歳という若い選手が自らの崩しから決めたということで未来への展望にわずかながらの光を感じることができたのだった。
 4ー1。大敗である。特に前半は手も足も出なかった。そういった中で一つだけ言えることがある。選手交代でこれだけ戦況が変わったということからも交代させられたメンバーには問題があった。フェリペ、稲垣、期待してた新加入選手はもはや失敗だったと確信してしまった。補強の成功、それこそがサンフレッチェの強みだったはずだがそこが外れてしまったことの打撃が大きい。それを前提として残りのシーズン、この苦境をどう乗り越えていけばいいのだろう。

2017年4月23日 (日)

仙台戦~天文学的に脆い守備

2017/04/22 ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島 ユアテックスタジアム
 
 戦術柏。そう言いたくなるくらいに柏の存在は圧倒的だった。
 右サイド、高橋のクロスからゴール前で柴崎が粘る。ディフェンダーを背負いながらも粘って粘って出したとこに柏がシュート。ゴールに突き刺さるシュートだった。そして左サイドからクロス、ロペスのシュート。ブロックに遭うも折り返しを工藤が押し込む。これで2点目。全て柏によってもたらされたようなものだった。
 開始5分以内の失点が続いたこともあり、せめて15分間無失点でいればいいという限りなく消極的願望を持っていただけにこの得点は至高の喜びであった。そして確信してた。もうこれで勝てるだろうと。そしてそれが災いしたのかもしれなかった。
 実際、後半に入ってもスコアは変わらなかった。攻める仙台、ブロックを敷いて守るサンフレッチェ。今まで逆の状態になりながらも全く点が取れなかった。つまりリードしてるチームにとってみれば守備を固めて時間を稼ぐというのは造作もないこと。それなのに崩された。人数は揃っているのに崩された。どうやればこの状態から点を取られるのか不思議でしょうがなかった。
 すると今度はバイタルエリアでファールをしてしまう。そしてFKを与えると決められてしまった。綺麗に決められてしまった。与えてはいけない時間に決められてしまった。それは素晴らしいキックであった。だがどうしてこんなとこでファールを犯してしまうのかわからなかった。強くいく場所が違う。どうしてこんなエリアで一か八かのアタックをしてしまうのだろうか。
 そして極めつけはサイドから崩され石原に合わされ逆転されてしまった。ああ、一体なぜ2点もリードしておきながら逆転されてしまうんだろう。そしてこの時もゴール前に人数は揃っていた。ああ、一体このチームは本当に勝つ気があるんだろうか。どうやればここまで簡単に点を与えることができるんだろう。脆い、何て脆い守備なんだ。
 情けなさに目の前の光景がぼやけてきた。もはやこれは夢か幻か。人間、あまりにも辛い現実の前には脳が現実逃避をするのかもしれない。
 追いつきたいサンフレッチェ。ちょっと前までの仙台と逆の状態になったというのにサンフレッチェの攻撃はちっとも威力がない。守備を固められると崩せない。前のめりになればなる程相手の守備が堅くなる。点が取れない以上にどうしてサンフレッチェはこういう守備ができないんだろうかと涙が出そうになってきた。
 時間がない、時間がない。ああ、何で3点も取られるんだよ。3点も、3点も。考えれば考える程わからない。そして納得いかない。どうして3点も取られるんだよ。
 アディショナルタイム。もはやそれは惨めさを噛みしめる為の修行の時間だ。攻めて攻めて点が取れない。またそんな結末を迎えるのか。いよいよそう思った時CK。こういうのを決めないとと思うも決まりはしない。ああ、何でサンフレッチェのセットプレーはここまで入らないんだ。
 残り1分。それは死刑のカウントダウンが始まってるような心境だった。右サイドからゴール前へのロングキックが出た時、それはもうやけくそ的な選択であるように思われた。が、ゴール前のヘディングが柏の前に落ちると中へパスを流す。浮き球をトラップした柴崎、ゴールに流し込んだ。入った。入った、入った、入った。ゴール!
 追いついた。最後の最後に追いついた。かろうじて引き分けに持ち込むことができた。地獄の縁から這い上がったのである。
 しかし、しかしだからこそ思うのである。何で3失点もしてしまったのかと。そして何度かあったシュートチャンスをどうして決められないのかと。どうしてサンフレッチェの選手はこんなにもシュートが入らないのだろうか。
 悔しさが収まらない。それは相手に対してでなく自チームに対してである。次につながる、次につながる。森保監督はインタビューで同じ台詞を繰り返すものの、ちっとも次につながってない。一体いつになったらこの泥沼から抜け出せるんだろうか。

2017年4月16日 (日)

マリノス戦~たった4分での敗戦

2017/04/16 サンフレッチェ広島vs横浜Fマリノス エディオンスタジアム広島
 
 開始4分。右サイドから早くもFKを与えてしまったのは守備に重点を置こうとした結果だろうか。それでも早い、あまりにも早いFKだ。
 そして放たれたFKはファーサイドへ巻いて入ると中澤に意図も簡単に決められてしまった。早い、早すぎる失点。点の取れないチームにとってこれはもはや試合終了を意味してるのではなかろうか。
 そんな疑念が浮かぶも公式戦ではここ2試合勝ってる。点を入れる素地はできてきた。まだ諦めるのも早すぎる時間だろう。
 気を取り直し最初のコンセプトの通りまずは守備を固めて失点を防ぐ。確かにマリノスに自由にはやらせてない。際どいパスが入ったりするが最後の最後は防いでいて守備は機能してるのかもしれない。
 が、これって負けてるチームがやることだろうか。そんな疑問が浮かんだ。マリノスも勝ってる余裕から後ろにちゃんと人数を残した状態で攻めてくる。お陰でボール奪ってもカウンターにつながらない。工藤、アンデルソン・ロペス、フェリペ、前線の3人組は前に押し上げる推進力を持ち合わせてない。それもそのはず、ボール持っても必ず単騎でサポートが全然ないからだった。
 ああ、ちっとも攻められないじゃないか。それでも柴崎のボールの配給が攻撃の起点となっていく。右サイド高橋からクロスが上がる。おお、高橋もああいうクロス蹴れる用になったんだ。そこに喝采を送るものの簡単に跳ね返されたことで喜びはしぼんでしまうのだった。
 しかしそれからもチャンスは訪れる。最終ラインを通して工藤が抜け出す、打てない。カウンターからロペスがゴール前からシュート、外した。清水や柴崎が遠目からシュート、入らない。うう、入らない。入らない、入らない、入らない。どこをどうやっても入らない。この試合に限らずサンフレッチェのシュートは本当に入らない。そういう意味で今のサンフレッチェにはストライカーがいないのだった。
 本来の役目でいえば工藤であろうがさすがに2点しか取ってない選手にストライカーの称号は与えられない。フェリペに至ってはゴールを決めたことすらない。そしてロペスに至ってはシュート体制に入っても絶対に入らないという確信を抱くほどになってしまった。
 どうにか攻撃のギアを上げたい。その為に青山が入った。柏が入った。すると確かに前への推進力が増した。青山から長短織り交ぜたパスが出る。柏が左サイドでドリブル、クロスが上がる。そしてファーサイドに上がったボールに高橋がヘディングで合わせた。
「入った!」
 そう叫んだシュートはカツンとポストに当たって跳ね返ってしまった。ああ、入らない。あと数センチの差がどうしても突き破れないのだった。
 急ぎたいサンフレッチェ。だがどれほどチャンスをつくりだそうとシュートが入らない。22本ものシュートを放ちながらも1本も入らないのだった。
 もう一回、もう一回とやり直すも最後はマリノスにボールを持たれ時間を稼がれてしまう。奪いたいサンフレッチェ。が、奪おうとすればする程ピンチになってしまう。シュートを打たれCKを与え。こういう時他のチームは簡単にボールを奪ってしまうというのに。
 そしてそのまま試合終了。開始早々失点して攻め続けるも点が取れず負けてしまった展開は柏戦と一緒だった。たった2節前の失態を繰り返してしまった。同じことの繰り返し。負けたことよりもそのことがより惨めに響き渡るのだった。
 勝てない、勝てない、勝てない。しかもそれは開始4分で取られたゴールによって決まってしまった。開始4分での敗戦。せめて15分くらいはしのいでもらいたい。もはや勝利というよりそんな低レベルなとこに望みを託すようになってしまったのだった。

2017年4月14日 (金)

ルヴァンカップ新潟戦~若手メンバーの奮闘

2017/04/12 ルヴァンカップ予選リーグ アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島 デンカビッグスワンスタジアム
 
 新潟の夜は気温10度。まだまだ寒い。それにも関わらずサンフレッチェのサポーターの中には半袖が目立ち、気合いの大きさに逞しさを感じた。
 そんなビッグスワンだがさすがに平日のナイトゲームということで閑散としている。またこれが収容力が大きいことがその印象を助長する。気温の低さと相まって場末のような雰囲気がしてしまうがやはりこの客足についてはどうにかならないものかと思ってしまう。
 そんな観客動員への対策としてかつてはベストメンバー規定なるものがあったが、往々にしてそれは議論の対象となったものだった。出場機会を与えたいクラブと興業を重視するリーグ側の綱引きだ。でも結局のところどんなメンバーでやろうとそれが注目度に結びつかない。ましてや若手の実践経験不足は国際試合で勝てないことから危機感として叫ばれるようになりいつの間にか規定はなくなっていった。むしろ積極的に若手を使うように推奨されるようになっていった。
 そういう背景もありサンフレッチェには森島、長沼、川崎といった出場のない若手の名前があった。もっとも育成クラブと掲げてるサンフレッチェとしては規定さえなければ初めからこういうメンバーになるのは明白だった。
 普段観てない選手の出場、それでも後ろからパスでつないでいくスタイルは貫く。が、さすがにそこは安定感が欠けている。と思ってたものの、その割に上手く切り抜けて中盤まで運べてしまうのだった。
 右サイドの長沼が縦へ仕掛ける。この選手はボールテクニックに高い技術がありスルスルッと抜いてしまう。そこに感嘆するものの身体ごと当てるような守備をされてしまうと当たり負けしてしまう。やはりサイドをやるにはパワーがちょっと足りない。
 そして今度は川崎が守備で奮闘する。がんばっている。が、その後同サイドから攻撃される機会が多くなったということは相手にとってもやりやすさがあったのかもしれない。実際何度か突破を許してしまったことからもここももう少し力強さがほしい。
 更にもう一人の若手森島に目を向けると高い位置でボールを触る機会が訪れないので評価の下しようもない。むしろそこではもう少し工藤にがんばって前線でのタメをつくってもらわないとどうにもならない。
 そんな粗ばかりに目がいってしまうのも水本や柏といったレギュラーメンバーにボールが入ると抜群の安定感があるからだった。こうして一緒のピッチにいると両者のレベルの差は明確に現れるのだった。
 それ故にどことなく攻撃に力強さがない。そう思ったその時、丸谷が中盤から持ち上がる。右サイド開いた長沼。が、縦へボールを走らせると森島が裏へ抜け出す。サイドからグラウンダークロスに工藤に引きつられたDFのマークが剥がれてる茶島がシュート。見事GKの逆を突いて決めてしまったのだった。
 素晴らしい。3人、4人と連動して決めたゴール。これぞサンフレッチェ、これこそがサンフレッチェのゴールだ。今シーズンになってこういうゴールを観たことなかっただけにこのメンバーでこれをやったということに陶酔するのだった。
 これに気をよくし、あと何点取れるかなどと気楽なことを考えたらこの後ほとんど攻撃の場面が訪れなくなった。それでもどことなく切迫感がなかったのはブロックを敷いた守備が効いていたのかもしれない。ただ、それでも最後は塩谷が川崎と交代して入ったのは守りきることを考えれば致し方なかっただろう。
 そしてこのまま1点を守りきって試合終了。ルヴァンカップ初勝利である。若手中心のこのメンバーでやり遂げたというのが大きい。ここに出た若手、これからレギュラー争いを繰り広げてくれてチーム内の活性化をしてくれることを期待したい。
 育成型クラブ、それがどうもここ最近若手の台頭が少なくなってることからこれが足掛かりになってくれればいいがと思うのだった。

2017年4月 7日 (金)

ガンバ戦~今初勝利の味

2017/04/07 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 
 
 4連敗、勝ち点1。そんなチームに何を想うかというとそれはせめて引き分けてくれればいいだった。勝利などもう望んでない。90分しっかり堪えてスコアレスドローに持ち込んでくれれば御の字である。そんな後ろ向きな感情しかないのだった。
 濡れたピッチでのナイトゲーム、もう桜が咲いてるとはいえ夜になると気温が下がる。そのせいか選手の動きが悪い。いや、ここ最近サンフレッチェの選手の動きのよかったとこなんて観たことないのだった。
 後ろでボールを回せば前からのプレスにボールを取られる。そして全員でブロックを敷いて守備に徹する。ところが人数をかけてもボールが奪えない。奪ったところで前線に出してもワントップの工藤は全くボールを収めることができないのだった。
 出し手と受け手の意図が合ってない。特に工藤の動きというのは前線へのパスに対してことごとく逆の動きをしている。右に出せば左に動く。スペースに出せば足下で受けようとしてる。縦へ出すとパスに追いつけない。ああ、もしかして工藤は失敗だったのでは。この選手、シュートの精度がない上にゲームをつくる能力にも欠けている。とんでもない見込み違いだった。
 そしてもう一人の見込み違いがフェリペである。超絶テクニックで攻撃の核となる選手という触れ込み通りの活躍は一向に見せない。ゴール前の密集にパスを出してはカットされる。その結果カウンターを受け自陣に戻らざるをえない。結果守備ばかりしてるように見えるのだった。
 その結果際どいシュートを打たれてしまう。その都度「ああ」と目を背けそうになるのだが、この日は林が冴えていた。強烈なシュートをことごとくセーブしてしまうのだった。ああ、あの鉄壁のセービングをする林が戻ってきたのだ。そしてそれに呼応するかのように守備陣はシュートに対しては身体を張りブロックしてしまう。崩されても最後の最後は防いでしまう、あの粘りっこいサンフレッチェの守備が戻ってきたのだった。
 後ろが守れば前は安心して攻めることができる。ガンバのプレス網をくぐり抜け前線へ進んでいく。リーグ戦2試合目のスタメンとなる右サイド高橋もがんばって高い位置でボールを受ける。1対1を仕掛ける。ミキッチ程成果はあげられないが、チャレンジする姿勢に喝采をおくりたくなった。
 確かにゴールは上げられない。前線の連携で相手の守備を崩すということができないだけにシュートすら打てない。それでもこうして攻めてるだけで満足してしまう。あまりにもゴールがないだけにもはや得点の期待はしてないのだった。
 ところがバイタルエリアの密集地からフェリペがシュートを打つ。
 「行った!」
 思わず立ち上がりそうになる。が、ガツンとゴールバーに跳ね返される。ああ、もう少し低ければ。そう頭を抱えそうになった次の瞬間セカンドボールをヘディングする姿があった。そのシュートは山なりだった為打ち損ねのようだった。
 駄目だ、こりゃ。そう諦めた次の瞬間ボールはゴールに吸い込まれたのだった。
「入った。入った、入った、入った。ゴール、ゴール、工藤のゴールだ」
 興奮は本人も一緒のようで勢いそのままサポーター席めがけて走る。期待を背負ったストライカーにとって今までの鬱憤を晴らしたかのように高揚してるのが遠目からでも分かるのだった。
 それでもまだ1点。ガンバの攻撃力にすればそれをひっくり返すのなんか容易い。だからこそこの1点を守るべく皆が守備に奮闘するのだった。
 インターセプトを狙い、打たれてもブロック、そして最後の砦林のビッグセーブ。勝てるかも、勝てるかも。そんな誘惑に胸が高まる。いやいかん、こんなとこで浮ついていたら勝てる訳がない。もう1点取るくらいじゃなきゃ。
 それでも時間が進むにつれて段々現実的に時間稼ぎへと移行する。無理をせず行けなければボールを下げる。ロペスがサイドでボールキープする。そんな中でも隙を突いて攻めようとするとファールを受けFKを貰うことができる。得点は1点だが、これはいい流れのように感じた。するとガンバもシュートに精度がなくなり救われる。
 アディショナルタイム、あと5分。あと4分、あと3分・・・・。
 そして鳴った終了の笛の音が響いたのだった。勝った、ああ、勝ったんだ。今シーズン初勝利。その達成感からか、工藤はピッチに仰向けになったまま動けなくなっていた。
 やっと勝てた。今シーズン初勝利の相手がガンバというのは予想の範疇ではなかっただけにその高揚感は一塩だった。やはりまだ降格を覚悟するには早かったようだ。そしてやっとシーズンが始まったような気がするのだった。

2017年4月 2日 (日)

柏戦~永遠に勝てないイメージ

2017/04/01 サンフレッチェ広島vs柏レイソル エディオンスタジアム広島
 
 開始25秒、大谷のロングシュートが入ってしまい唖然とした。得点力のないチームがこんなにも簡単に点を与えてしまったことに開いた口がふさがらなかった。もう負けた、完全に負けた。高笑いする柏の選手の表情を観るにつけ敗北感が重くのし掛かるのだった。
 未だ勝利のないチームでありながらそれでも今日こそは勝ってくれるだろうという淡い期待は脆くも崩れ去った。それもこれも柏の前からのプレスの圧力に屈してしまったからだった。
 それにより柏はより自信を持って前に突き進んでくる。縦パスを入れゴール前に突進してくる。そんな攻撃に人数を掛けようとまるでモノともせずシュートまで持ち込む。対してサンフレッチェの攻撃となると全く持ってお寒い限りだった。
 ゴール前でやっとこさボールを奪う。そして前に蹴り出すもそれが全て相手へのパスとなってるのだった。ああ、情けない。情けない、情けない、情けない。もはやこれは大人と子供の試合だ。
 それでもカウンターの場面が訪れる。フェリペがゴール前、裏へ出す。飛び出す工藤。GKと1対1。これは決める、決めろ。そう叫んだ声も空しくGKにぶち当ててしまった。ああ、このフィニッシュの場面でこの結末。確かにぼくのような素人がやるとこうなるだろう。だがプロのストライカーとしては致命的だった。この時点でもはや工藤に得点を望むことは諦めてしまった。
 点を取るはずのワントップに得点力がない。それならばとサイドから清水が何回か仕掛けを試みるもやはり得点にはつながらない。それなら後ろからミドルシュートと塩谷が狙うも打った瞬間外れるとわかるくらい精度がない。どこからどうやろうと点が入らない。これはもう絶望的だ。せめて失点さえしてなければ同点に希望を見出すことができた。
 観てて段々と意識が遠くなっていった。チームに活力がない。どよーんと靄がかかったかのようだ。沈んでいく、沈んでいく、沈んでいく。まるでここは日の落ちた海洋であるかのようだ。陸はどこにも見えず波は荒れている。船には穴が空き静かにその船体を水面から下がっていくかのようだ。
 それでも波に抗うが如く攻撃への姿勢を見せる。左右に振りパスでつなぎやっとサンフレッチェらしさが出てきたと思ったその時だった。低い位置で青山がボールを奪われるとゴール前へ入れられるとフリーで入られた柏の選手を林が倒してしまった。PK、文句の言いようのないPKである。
 そしてそのPKをあっさりと決められ万事休すだ。もはや2点を追いつくなどということは3人くらい増やしてもできそうもなかった。それでも柴崎が入ると攻撃にテンポが訪れる。高橋壮也が右サイドからクロスを入れようとする。清水もサイドの攻防を仕掛ける。だがどれも効果的な攻撃へと結びつかない。ああ、やはり欠場してるミキッチ、柏には及ばないのだろうか。
 宮吉を入れ皆川を入れ攻撃にテコ入れする。が、惜しいとこまではいくものの決めきるとこまではいかない。何だかいつもそんなことを繰り返してるような気がする。いい攻撃はできてる、あとは決めるだけ。だけどいい攻撃ができてないチームに何度も失点を食らってるだけにそれが何の慰めにもならないのだった。
 そして点の取れないまま試合終了。喜ぶ柏の選手には余裕に満ちた笑顔が観られた。ああ、惨めだ。どうしてこんな惨めなんだろう。それはそのはず、開幕未勝利の上4連敗なのだから。
 工藤、フェリペ、それらの新加入選手はちっともインパクトを残せてない。そして青山、千葉、林などチームの中心である選手達もピンチを量産している。ボールは奪えない、マイボールにしても敵にパスをする。どこをどうやっても勝てる要素というのが見つからない。やはり今年は厳しいシーズンになるみたいだ。
 せめて1勝、1勝くらいはしてくれないだろうか。もはや永遠に勝てないような気がしてきた。どうやったら勝てるのだろう。いや、せめて開始25秒で失点しない方法だけでも教えてくれる人はいないものだろうか。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31