無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

福岡戦~浩司、引退前のゴール

2016/10/29 サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡 エディオンスタジアム広島
 
 森崎浩司の引退発表があり、これがリーグ戦ホーム最終試合となった。そのため、浩司の雄志を最後に目に焼き付けようと多くの観客でスタンドが埋め尽くされ高揚感が醸し出ていた。いつかはこういう日が来るとはいえ、ラストセレモニーも用意されてるとなると感慨深いものがあった。そしてスタメンの中に浩司の名前があったのが粋であった。
 他にも寿人もカズもスタメンに入ってて浩司を気持ちよく送り出すシチュエーションとしてはこれ以上のことはなかった。ただ、実際にこれでチームとして機能するのかどうか不安があったのも正直なとこだった。
 ところが中盤から後ろをカズが締め、浩司がつなぎ寿人が散らす。そのボールの回る様、それこそサンフレッチェのサッカーとして胸ときめかしたものだった。そう、この3人がいなければこのサッカーのスタイルはなかったと言っていいだろう。
 左サイドに入った清水もそれに負けじと縦へ仕掛ける。縦へ仕掛け、仕掛け、クロス。ボールの落下点、そこに入ったのは寿人。ガツンとゴールにたたき込み先制点を決めた。
「ヒサトーッ!」
 飛び上がらんばかりだった。今シーズンゴールに恵まれず出場機会も激減した寿人。それはまるでまだ終わってないというメッセージであるかのようだった。
 そしてそれに呼応するかのように浩司がディフェンスラインの間にピンポイントでパスを受け抜ける。詰め寄るGKとDFに阻まれながらも押し切りシュートを打つ。次の瞬間にはゴールネットを揺らすボールの姿が確認できるのだった。
 決まった。浩司が決めた。まさかまさかのゴールである。こんな、自分のホームラストゲームで決めてしまうとは。浩司は星を持ってる。そしてやはり思ってしまった。引退は勿体ないと。もっとできるしもっとできたはずだった。病気や怪我での離脱が多かったことはサンフレッチェだけでなく日本のサッカーとしても大きな損失だったような気がした。
 
 オーレー、オレオレオレー
 コージー、コージー
 
 スタジアム全体から浩司のチャントが響きわたる。このリズム、このメロディ、これを歌うのは本当に心地よい。もう歌うことがなくなることに一抹の寂しさを感じる。
 そんな浩司への餞にもっともっと点を入れたい。そしてそんな願望が果たせそうなくらいサンフレッチェの勢いは続いていった。
 入りそうで入らない。もっとギアを上げないといけないのかもしれない。そこで攻撃へのテコ入れにウタカとアンデルソン・ロペスが入った。代わったのは寿人と浩司。この交代に残念な想いもありながらも2人の外国人選手ならやってくれるという予測はあった。
 しかし、その後戦況はどんどん悪くなり一向に攻められなくなってしまった。守備に追われ後ろに人数の比重が重くなる。すると、クロスを入れられると城後が胸トラップ、バイセクルシュート。入った、入ってしまった。一体なんでなんなシュートが入るのだろう。
 どうしてサンフレッチェの守備時にはこういうスーパーゴールが生まれるのだろう。それは謎であったものの、やはり攻撃の時間が長くなると相手選手にプレーがポジティブになる機運を与えてしまうのだろう。
 それにしてもウタカにロペス、期待はずれはなはだしい。2人が出るととにかくゴールが生まれない。特に加入して未だノーゴールのロペスは外れだったかもしれない。
 そしてその後CKを得る。キッカーの浩司が下がったことで柴崎が蹴る。入らなくても浩司のキックする姿が観たかったなどと思っているとこのボールをウタカがそらしこぼれ球になるとそれをたたき込んだのはロペス。まさにぶち込んだという表現がふさわしいゴールだった。
 ロペスの初ゴール。やっと結果を出した。すると今度はサイドからのFKに水本のヘディング。が、ヒットせずにこぼれてしまうとまたしてもロペスがたたき込んだ。4点目、これで試合は決まったようなものだった。
 ロペスの2ゴールもこれからのサンフレッチェに希望を持たせてくれた。もしかしてこの選手、個人の力で打開するというよりこういうこぼれ球を狙うような役目の方が合ってるのかもしれない。ということは、セットプレーでの得点がない現状において一つのヒントとなり得るのだった。
 ここまでくるともっとゴールを観たくなる。カウンターのチャンスもあり、ウタカがゴール前でボールを受けた場面もあったものの決めきれない。決めきれず終わってしまった。いい場面が続いてただけにもう少し観ていたかった気がした。
 終了後、浩司引退のセレモニー。2度のJ2降格を経験し、その後4年間で3度の優勝。サッカー選手をやっててなかなかできるような経験ではない。激動の選手生活だったのではないだろうか。
 それでもまだ天皇杯も残っている。できればまだ浩司のプレーが観たい。涙声の浩司の引退メッセージを聴きながら尚のことその想いが強くなるのだった。

2016年10月23日 (日)

川崎戦~川崎劇場への引き立て役

2016/10/22 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島 等々力陸上競技場
 
 浩司の引退発表があった。森崎ツインズとしてカズと共にチームの顔となってきた選手である。左足から繰り広げられるプレースキックは類希なる精度を持ち、ルヴァンカップでも素晴らしいFKを決めたのは記憶に新しい。だが、正直なところそろそろかもしれないという予感はあったのは事実だった。
 その理由は何といっても稼働率の低さである。怪我や体調不良での欠場が多く、今一つその才能を発揮できなかったという印象が強い。勿論、2012年の初優勝には浩司も多大なる貢献をしたのだがそれでもまだ物足りない。いつかはA代表で日本を背負う選手になる、そんな夢をこの選手には感じていたのだった。
 だからこそ、予感はあったとしても実際にそれが事実となると一抹の寂しさを感じる。一つの時代が終わったと共にだからこそ次なる世代交代を怠ってはいけないという現実を突きつけられたかのようだった。
 そしてそんな次への段階を狙ったかのように大きくメンバーは変更された。ワントップの皆川、シャドーのアンデルソン・ロペス、ディフェンスに野上といったとこは明らかに来期を見据えての布陣だったろう。もはやタイトルもなくなってしまった終盤において2014年も似たようなことをやった。そしてあの時はまるで上手くいかなかった。なので不安の方が大きかったのだが、意外にもこれがハマるのだった。
 まずは最終ラインの真ん中に入ったカズが抜群のポジショニングでパス回しを助ける。そして後ろからつないだ攻撃は相手陣内へと驚異を与える。あとは決めるだけ。それはもう時間の問題のように思われた。
 が、入らない。クロスを上げるもスルーパスを通すも決めることができない。そしてゴール前に来たこぼれ球を皆川が空振りした時、もう今日はゴールはないような気がしてしまったのだった。
 そんな攻めてもゴールを割れない状況が相手に勢いを与えたか、後半に入って川崎の攻撃ばかりが目立つようになった。シュートを打たれ、その都度GK林のファインセーブで凌ぐ。そこからまた攻撃に移るも、段々と精度が落ちてきて肝心なとこでパスが通らないのだった。
 それでもそんな中でゴール真正面でロペスにボールが出る。
「シュート!」
 思わずそう叫んでしまうもトラップしてしまった。そしてシュートを打つもその一瞬の遅れが枠から外れてしまうのだった。
 そしてその後も交代で入った清水がダイレクトでクロスを送るべき場面でワントラップを入れてしまったが為にブロックされてしまった。その時確信した。これはもうチームに流れがないと。ゴールが割れないことで慎重になりそれがまた余計にゴールから遠ざけてると。塩谷の直接FKがゴールに入るもオフサイドにされてしまったが、これはもうツキも運もない。何をやっても上手くいかない、そんな周期に入っているようだ。
 再び川崎の猛攻が続く。連動し、局面では身体を張りシュートを阻止する。何とか耐えていた。耐えていたが、フェイントに引っかかった丸谷はマークを外され打たれてしまった。ただそれはゴールからはほど遠い場所。通常は打ってもGKに処理されてしまう。それが他の選手の死角となったのだろうか、それとも無回転の変化があったのだろうか、GK林の頭上越えてズドンと入ってしまったのだった。
 やられた。一体どうやったらあんなシュートが打てるんだろう。いつもそうだ。対戦チームには必ずスーパーゴールが出る。それなのにサンフレッチェには訪れない。塩谷が直接FKを決めてもオフサイドにされてしまう。呪われてる。これはもう呪いが掛かってるとしか言いようがないのだった。
 そんな邪気は自ら払ってやりたい。そんな想いで終了間際、GK林までCKに出て行ったものの決めることができずボールは弾かれてしまう。そしてそのセカンドボールを処理したものの清水がボールを奪われると一気にカウンター。全員上がってたサンフレッチェのゴールは無人である。
 一目散に帰る。ボールを奪うより何よりゴールまで走る。かろうじてゴールにたどり着いた林。だがその時にはすでに中村憲剛がドリブルで目の前に。そしてGKとの1対1を巧みなフェイントで決められてしまうのだった。
 地響きのような歓声をあげる等々力競技場。それはもはや敗者にとっては鞭を打たれるような仕打ちだった。だがそれをあえて受けなければいけない。なぜならそれが現実なのだから。
 2ー0での敗戦。内容はよかった。それなのに勝てない。最後の最後が決まらない。100万回チャンスがあっても決まらないのではないだろうか。
 決めたい、点を取りたい、そして勝ちたい。それなのに負けてしまう現状、一体このトンネルはどうやったら這い出ることができるのだろう。残り試合、せめてその回答だけでも観ることはできるのだろうか。

2016年10月 1日 (土)

FC東京戦~攻めても点が取れないサンフレッチェ

2016/10/01 サンフレッチェ広島vsFC東京 エディオンスタジアム広島
 どことなく太陽を見てないような気がする。というのも台風が去ったかと思うとまた新しいのが発生。結果日照の少ない天候ばかり続いてしまうのだった。
 降水確率50パーセント。そんな予報ばかりされるとこに天気予報も予測に困ってる様子が伺えてしまう。確かに雨が降ってるような、やっぱり降ってないようなはっきりしない天気ばかりが続いてる。涼しくていいのかもしれないがナイトゲームだとかなり冷えるのではという懸念があった。が、スタンドは半袖の人ばかりで選手にとってもプレーしやすいコンディションだった。
 サンフレッチェにしてみればこの試合に負ければもうチャンピオンシップ出場の可能性が消えてしまう。正に絶対に勝たなければいけない試合なのだった。ところがFC東京の攻撃ばかりが目立つ。受けて立つサンフレッチェ。カウンターを狙うのだった。
 確かにそれは何度かあった。茶島が素晴らしいトラップとターンで攻撃の起点になる。そこからガーッとゴールに向かうものの、いざバイタルエリアに入ると途端に精度が落ちるのだった。パスを貰えばトラップが強くなってしまい、シュートを打てば芯を捉えることができずボテボテと転がしてしまう。ああ、これだから点が入らないのだ。攻撃的ポジションにいながらちっともゴールを生み出せない。茶島、どうしてプレーする場所でこうも精度が違うのだろう。
 そしてもっと深刻なのは唯一の得点源と思ってたウタカだった。絶妙なスルーパスを受けてゴール前まで行ってもボールを取られてしまう、シュートはブロックされてしまう。一体どうしてしまったんだろう。
 そしてミドルシュートは青山が狙う。これも絶妙なコースだったのにGKに防がれる。これも不思議なことにサンフレッチェと対戦するチームのGKは神懸かってしまう。これも一体どうしてなんだろう。交代で入った寿人がゴール前のこぼれ球を打ったシュートさえ止められた時、本当にそう思ってしまった。
 点が欲しい。攻撃の比重を高めるが一向に点が入らない。
 入らない、入らない。どうやっても点が入らない。宮吉が入った時には活性化されたような気がしたが点が入らない。シュートは打ってるのに点が入らない。どうしてここまで点が入らないのか。
 時間はアディショナルタイム。じれてくる。ところがここでFC東京にボールが出るとネイサン・バーンズと中島にワンツーで抜かれ、更に中島はドリブル、ドリブル、ドリブル。3人もいたサンフレッチェのDFをスルスルッと抜けていき狙い澄ましたシュートをズドンとぶち込んでしまったのだった。
 やられた。ああ、やられた。何で、そんな疑問が浮かび上がる。もはやこれは最終宣告のようなものだ。攻めても攻めても決めることができず最後の最後にやられてしまう、一体今シーズン何度こういう試合を続けてきたのだろうか。
 負けた。終わってしまった。そしてチャンピオンシップ出場の可能性も終止符を打たれてしまった。どうしてしまったのだろう。これが昨シーズン最高得点、最小失点で勝ち続けたチームなのだろうか。サッカーとはわずか1シーズンで結果を伴わないチームになってしまう。何と厳しい世界なのだろうか。
 点を取る、失点を防ぐ。果たして残りの試合でこの当たり前の成果を果たすことができるだろうか。攻めても攻めても負けてしまう現状に空しさはいつまで経っても収まらないのだった。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31