無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月25日 (日)

浦和戦~入らないゴール

2016/09/25 浦和レッズvsサンフレッチェ広島 埼玉スタジアム2002
 前の席が立つから必然的に立たなくてはいけない。それが逆に応援に一体感を生みサンフレッチェの応援が響きわたる。それがいい結果に結びつければ、そう思ってたものの試合は静かな立ち上がりだった。
 ブロックで守るサンフレッチェに対してボールを回す浦和。それはそれで上手く立ち回ってるような気がしたがそんな時間が続くといい加減もどかしくなってきた。やはり攻める場面が見たい。そんな想いを感じ取ったかのようにスルーパスが出る。ミキッチが出てクロスを上げる。そしてウタカもGKと1対1のシュートを打つ場面があった。が、決まらない。でもそんなチャンスの連続はペナルティエリアでのミキッチのファールを導き出したのだった。
 蹴るのはウタカ。フラッグを降ったり大声を張り上げたりしてプレッシャーを与える浦和ゴール裏。そんなことぐらいでウタカが外す訳ないよとたかをくくってると外した。GK西川のはるか頭上を越えるキックを蹴ってしまいボールは遙か彼方へ飛んでいってしまったのだった。
 ああああああ。
 崩れ落ちそうになるもドクトルはまだチャンスはあると気丈な声を掛けるのだった。
 ところがその後カウンターからクロスを上げられる。懸命に戻ったサンフレッチェのDF。しかし次の瞬間ボールはゴールの中に入っていたのだった。ゴール、しかもそれはオウンゴールなのだった。
 PKを外してオウンゴールで失点。まるで自作自演のような展開に茫然自失となる。それでも同点を狙うべく攻めにいくと再びウタカにGKと1対1の場面が。だがこれも決めきれなかった。あれだけゴールに近づいても決めきれないウタカにもう得点の期待はできなくなってしまった。
 ゴールには近づいてる。それは間違いない。なぜならゴールまで1mの距離まで来た場面が何度あっただろうか。それらをことごとく決めきれない。それだけに終わらず速攻時にドリブルで駆け上がる茶島が攻めきらずパスを出してカットされた時、もう何万回チャンスがあっても決められないような気がしてしまった。それだけに尚のこと、攻撃への重心は傾いていくのだった。
 するとどれだけ攻めても決めきれないサンフレッチェの攻撃に気をよくした浦和はボールを取ると一気にカウンターを仕掛ける。全速力で守備に戻るもポン、ポン、ポンと簡単につながれて真正面からゴールを喰らってしまった。そしてその後もカウンターから決められるとさすがにもう諦めの心境が生まれた。それでも懸命に声を枯らすアウェイ席。1点、せめて1点でもいいから決めてほしかった。
 ウタカ、茶島に見切りをつけ、そして丸谷を下げて守備の枚数も減らし皆川、浩司、寿人という攻撃的な選手を入れていった。サイドからのクロスが入る、皆川は合わせられない。ミキッチのアーリークロス、ラインを割ってしまう。バイタルエリアでのFK、これも入らない。どこをどうやっても点が入らない。そしてCKでもちっとも点が入らないと知ると浦和は露骨にCKを与えて楽々とクリアでゴールを守るのであった。
「悪くないんだけどなあ。どうしてこうなるんだよ」
 ドクトルが呻くように決して浦和に負けてるような気がしない。それなのに3点差がついてる。一体これはどうしてなんだろう。時間が経つに連れてもしかしてこのまま無得点で終わってしまうのかという焦りが生まれるのだった。
 そしてそのまま1回もゴールを割ることができず終わると徒労感に苛まれる。ぐたっと座り込みそうになった。が、それでもアウェイゴール裏から送り続けられる声援にこちらも勇気づけられるのだった。
「いやあ、試合として悪くはなかったんだけどなあ。やっぱりウタカが外しすぎたよな。あと、失点が収まらないのもカズに比べて丸谷の守備が安定してないんだろうな。それが分かってて森保さんもあえて丸谷を使ってるような気がするよ」
 ドクトルの呟きに皆が同意を示すのだった。
 浦和に負けた。多くの元サンフレッチェの選手が所属する相手に負けた。そこがまた空しさを大きくさせるも周りにいる仲間やサポーターによって立ち直れたのだった。
 もう今年は関東で観戦するのはこれが最後だろうか。でもまだ天皇杯もあるし、希望の火はまだかろうじて灯っているのだった。

浦和戦~アウェイ席での談笑

2016/09/25 浦和レッズvsサンフレッチェ広島 埼玉スタジアム2002
 太陽を見たのは何日ぶりだろう。
 そんな大げさな表現が当てはまるくらい雨が続きすっかり夏の暑さを奪い去っていった感がある。それでいて眩しい日差しは小春日和の様相を呈していた。
 そんな中での浦和戦。生観戦は久々のような気さえするのは自分がお盆に開催された湘南戦に行けなかったせいだというのを思い出した。だがいずれにしても今シーズン残り4試合ということを考えるとこれが関東で観戦できる今年最後のリーグ戦であるのだった。
 優勝の可能性となるともうかなり厳しくなってしまった現在、それでもわずかな望みを信じて応援するのか、諦観した視点で観戦するのか微妙な立ち位置ではあった。もしくはサンフレッチェから移籍した選手、柏木、槙野、森脇、李、石原、西川、そしてペトロビッチ監督へとライバル心を煽るか。だがそれも時間と共に風化した感は否めず、モチベーションとしては難しい試合であるのは間違いなかった。優勝に手が掛かってる浦和、チャンピオンシップ出場には他力本願な広島、両者には最初からそんな違いがあるのだった。
 北越谷駅発のシャトルバスに乗ると、当然のことながら赤い人ばかりだった。それでもあまりにも静かな車内に病院の待合室を思い浮かべてしまった。空いてる席に座ったぼくに、赤いおじさんは最初こそその紫のユニフォームに視線を向けながらもすぐに手元のスマホに戻った。気づくと車内のほとんどの人はスマホをいじってるかヘッドホンで音楽を聴いて過ごしているのだった。
 バスがエンジンを入れるとホッとした。その静粛を打ち破ってくれるのに適度な音だった。世の中、ある程度の雑音も必要なのだなとこの時初めて気づくのだった。
 スタジアムに着きスタンドまで出るとまだ席は埋まってないものの満席が予想されるので詰め合って座ってくださいというアナウンスがある。その為、仲間の分も席を確保しておくと一人、また一人と仲間は姿を現してきた。お互い挨拶を交わすとドクトルは言った。
「それにしても、もう優勝も望めないから楽な気分で観れるなあ」
 その通りであるだけに笑って応える。これが4年で3回優勝したという余裕であるのだろう。どんどんと席の空きがなくなっていくアウェイゴール裏でぼくらはそんな談笑をしながら試合を待つのだった。

2016年9月18日 (日)

鳥栖戦~困難な勝利

2016/09/17 サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島 ベストアメニティスタジアム
 残り6試合。ああ、もうそれだけしか残ってないのか。勝って、勝ってこれで連勝していくと思った途端にするすると勝ち星を落としていき、いつしか優勝争いには厳しいポジションになってしまった。もう今年は駄目だろう、正直なとこそんな諦観もあるのだった。
 台風が近づいてることもあり大粒の雨。必然的に選手の顔には水滴が滴り落ちてくる。だがそんなコンディションもモノともせずサンフレッチェは攻める、攻める、攻める。相手のプレッシャーも巧みなパスで切り抜ける。そして再び攻撃へと転じるのだが入らない。シュートが入らない。攻めても攻めても点が入らないのだった。
 ウタカが抜ける、オフサイド。茶島が反転してシュート、枠の外。CKから千葉のヘッド、ブロックされセカンドボールがウタカに入るもこれも決めきれないのだった。入らない、入らない。ああ、どうしてこうもシュートが入らないのだろう。
 この展開、たった1週間前に観たような気がする。そう、前節がそうだった。チャンスを生かしきれずワンチャンスにやられる。そんな悪夢が蘇るのだった。
 そして相手のCKがあるとそれだけで緊張感が走る。もしかしてこの一発でやられるんじゃないだろうか。もはやCKの守備に関してはちっともアテにしてない。だが事なきを得るとやはりそう何試合も続けて同じパターンで失点することはないようだった。
 それでもやはり点が入らない。鳥栖の守備が堅いのか。それともサンフレッチェの攻撃尽に最後の精度が足りないのか。そう考えると確かにウタカはGKをかわしながらもシュートを打つ前にすっ転んでしまった。そして茶島も変わらずシュートが入らない。ああ、これでは点が取れない。相手のペナルティエリアの外をグルグル回している時、活路を見いだせなかった。
 ゴールからは遠い位置で塩谷が受ける。中央へ縦パスかと思われたがそのまま脚を振り抜いた。え、と意表を突かれたがそのボールは光を帯びた矢のように飛ぶとゴールネットに突き刺さった。
「うおおおおおおおおっ!」
 立ち上がった。雄叫びを上げた。信じられない。全員がブロックを敷いてる鳥栖の守備においてまさにあそこしかない箇所を突いたのだった。
 先制、とりあえずは有利になった。でもこれではちっとも安心はできない。そしてFKからヘディングで決められてしまった。ああ、何やってんだよと嘆いたものの判定はオフサイド。助かった。鳥栖の選手は抗議してるがそれほど際どい判定だった。
 だがその後、茶島のワンタッチから裏へ出たボールはウタカのオフサイドと思いきや笛が鳴らない。キヌ・ミヌと競りながらもゴールに突き進んだウタカ、GKをもするっと抜けるシュートがゴールに入ったのだった。
 2点目。ゴールも認められた。再び抗議する鳥栖の選手。確かにこれも際どい判定だった。だがその後、ペナルティエリアに入った茶島は切り返し、そしてシュート。これが弧を描いてファーサイドに突き刺さり3点目を得たことでもう勝利は確定的とも言えた。願わくばこの後、あと何点取れるかだった。
 が、ここから猛攻が始まったのは鳥栖の方だった。まるで全選手上がってるのではというくらいに迫力がありCKに逃れるのがやっとだった。するとこのCKでまたしても決められた。当たり損ねのように見えたことで事故のようにも感じ、まあ1点くらいはしょうがないだろうと余裕を持つと今度は3人くらいのマークをかいくぐりキヌ・ミヌに決められるともう尋常ではなくなった。もうそれは危機感で一杯なのだった。
 やばい、やばい、やばい。まさかこのまま追いつかれるんじゃないだろうか。鳥栖のスタジアムは異様な盛り上がりを見せていよいよ怪しくなる。クリアしても拾われカウンターを仕掛けようとするとカットされて逆に逆襲を受け、ゴールキックで難を逃れたと思ったら林はラインの外へキックしてしまう。もはやずっと水の中で息ができないような状態なのだった。
 ウタカとの交代で入った皆川。この日は異常にボールが収まらない。茶島と代わった浩司も存在感が薄くミキッチと代わった清水もボールを取られるシーンが目立ち交代選手が何の助けにもなってないのだった。
 終われ、終われ、終われ。なんともどかしい時計の進み。相手GKまでもが入ったCKにはまたやられるかも、という切迫感があった。それでもそのピンチを脱してもそのまま攻撃に移れない。そういう意味でもやはり勢いは鳥栖の方が強いのだった。
 長い長いアディショナルタイム。無事、それをやり過ごすとホッと胸をなで下ろすのだった。それと共に地響きのようなブーイングがスタジアムにこだまするのだった。
 判定も含めて今日は運も見方しただろう。でも3点も取って安心できないとはやはり守備に問題がある。塩谷のスーパーゴール、ウタカの個人技、茶島の強引なまでのゴール。それら素晴らしきゴールがあって勝ったのに素直に喜ぶことはできなかった。
 ほんの1つボタンの掛け違いで結果が変わったかもしれない。やっぱり勝つっていうのは本当に困難なことなんだというのを思い知らされたのだった。

2016年9月10日 (土)

大宮戦~防げないCK

2016/09/10 サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ エディオンスタジアム広島
 佐々木の怪我による離脱の影響は大きかった。開幕から勝ち星を拾えずやっと浮上してきたかと思った矢先のDFの離脱はその後の戦いに負の連鎖を与えてしまった。それもこれも大宮とのアウェイ戦で受けたファールのせいだ。明らかに故意による背後からのタックル。あれ以来大宮には怨念を感じる。もう一度対戦する時は完膚無きまでに叩きのめしてやりたい。
 そしてサンフレッチェは確かにゴール前に迫る展開を何度か見せた。大宮の攻撃も時に激しく、時に計算高く摘み取っていった。これはまた大量点を取って勝てるだろう、そんな気分になってしまった。ところがこれがちっともゴールが奪えないのだった。
 最終ラインの塩谷から再三柏に対角線のロングパスが通りチャンスをつくるもクロスは跳ね返される。逆サイドのミキッチからのクロスをウタカが打つもGK真正面。そしてゴール前の連携から柴崎が抜けだしシュート。ついに決まったと立ち上がろうとした瞬間、カツンとバーに当たって跳ね返されてしまうのだった。入らない、入らない入らない入らない。まるでそれは呪いが掛かってるかのように入らないのだった。
 だがよくよく観てみると前線で茶島のとこでチャンスが潰れてるような気がする。そして浩司の交代として番号が出たのはやはり茶島だったのがやはり点を取るという面で物足りなさを感じたのだろう。
 そして浩司が入ったことでより攻撃が活性化される。大宮に攻撃の隙を与えない。サイドでの攻防でも柏がよく粘って相手に当ててゴールキックにした。が、これを副審はCKにしてしまう。信じられない、目の前で見てたにも関わらずミスジャッジをしてしまった。柏が抗議するも自信を持ってコーナーを指してるとこが痛々しくもあった。
 でも防げばいい。そう思ってた大宮のCK。真ん中に蹴ったボールはガツンとヘディングで決めらた。まるでそれは誰も守備に人がいないかのように簡単に合わせられた。
 ああ、またしてもCKでやられたよ。一体どれだけCKでやられればいいんだよ。毎回毎回同じパターンでの失点に深い深いため息が漏れるのだった。
 点を取ろう。残り時間10分ちょっと。ミドルシュートを狙いサイドからの崩しもあり中央突破もやってみるも何も起こらない。点を取ったことで益々ゴール前を固める大宮。必然的に攻める時間は増えるものの一向にゴールは割れない。それに比例してプレーもどんどん雑になる。ミキッチのやけくそ気味のクロスを見た時、ああ、もう今日は点は取れないなと諦めを感じるのだった。
 最後寿人と皆川のFWの選手を2人入れたものの結局何も起こらなかった。もしかしたら2人共シュートすら打ってないのだろうか。そんな無力感をの中、終了の笛がむなしく響き渡るのだった。
 CKの守備、引かれた時の攻撃、結局いつもの課題が何も解決できなかったというのをまざまざと見せつけられてしまった。恐らく全部のチームがこういう戦い方をしてくるのではないだろうか。
 一体いつになったら勝てるのだろうか。もう100万年くらい勝ってないような気分になってしまう。これもそれもあまりにも安い失点とチャンスを逃してるせいだ。ああ、一体どうやったらCKで点を与えないようになるのだろう。一体どうやったら点を取ることができるのだろう。いつまでもいつまでも途方に暮れるのだった。

2016年9月 4日 (日)

ルヴァンカップ・ガンバ戦~個人技の差で大敗

2016/09/04 ルヴァンカップ準々決勝 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 吹田スタジアム
 スターティングメンバーの中には寿人の姿があった。そして浩司が今期初出場。DFも塩谷の代わりに野上。だが野上はどうも繋ぎの面で不確かさがあった。その点が気掛かりであったが、ピッチは雨が降りより不安定になり不安要素は大きくなるのだった。
 ところが実際のところはそこまで畏れおののいてる訳ではない。ホーム第一戦でアウェイゴールを奪われたことによって点を入れないと負けてしまうという状況。その不利な条件が気持ちに割り切りを入れさせた。つまりはこの試合に勝てばいいんだと。
 それによりサンフレッチェは相手ボールに対しては球際に激しくプレスを掛ける。それによりマイボールになる機会が増え攻撃の時間が増える。選手は気迫に満ちている。そしてそんな空気からCKを得ると青山のバックヘッドから野上。先制点を入れた。おお、野上、決めちゃったよ。さっきまで抱えてた不安は頼もしさに変わったのだった。
 ところがその後ガンバの猛攻を受けると1対1で柴崎が抜かれクロスをれられるとニアで長沢に決められてしまった。そしてその後ももう1点決められ逆転されてしまった。
 ああ、いつもこの選手が入れる。悔しい、本当に悔しい。どうしてこの選手はサンフレッチェの試合に限って活躍するんだろう。そしてそれ以上にどうしてサンフレッチェはいつも決まった選手にやられてしまうのだろう。
 だがその後FKのチャンスを得た。同点のチャンスであるが距離がある。キッカーの浩司の左足が振り切られる。すると見事な弧を描いた軌道でゴールに突き刺さる。思わず立ち上がった。凄い、凄い、凄いゴールなのだった。
 同点。これでこのまま終わればアウェイゴール数で勝ち進める。ところがこのすぐ後にガンバにCKが与えられるととても簡単に、とてもあっさりと決められてしまった。ああ、いくらいいキッカーがいるといってもここまで綺麗にやられることってあるだろうか。やっぱりサンフレッチェの守備は確実に弱くなってるのだった。
 そしてそれを証明するように次々に1対1の状況をつくられてしまう。そしてその都度相対したディフェンダーはことごとく個人技で振り切られてしまい点を与え続けてしまう。おして気づいた時にには6ー2というスコアになってしまったのだった。
 盛り上がる吹田スタジアム。もうガンバの選手は余裕の表情を浮かべている。そしてサンフレッチェの攻撃がちっとも怖くないと見えてそれでも更に点を取ろうと攻勢に出る。何とかしろ、何とかしろよ。もはや勝てるスコアではないがこのまま終わるのかよ。そう思ってたらミキッチからのクロスで皆川が合わせかろうじて1点返すことができた。だがまだまだ3点差。少し焦らせるぐらいはさせてやりたい。
 それでもパスを回してゴール前での壁パスやスルーパスは全て読まれてるようで防がれてしまう。何をやっても通じない。それでもたまに訪れるシュートチャンスに柏はとんでもない方向へシュートを打ってしまった。チャンスで確実に決めるガンバ、チャンスで決めきれないサンフレッチェ。両者の勝負は決まったようなものだった。
 6ー3。屈辱的スコアでの大敗である。一体ここに何しに来たんだろう。こんなスコアで負けてしまうのだったら若手でも使って経験でも詰ませた方が良かった。結局最後に残ったのは空しさと虚無感だけなのだった。
 1対1の守備。結局それで全部負けてしまったようなものだった。果たしてこれにどう対処するのだろう。残念ながら両者の力の差はとてつもなくかけ離れてるような気がするのだった。
 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31