無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月27日 (土)

川崎戦~負けたJリーグ開幕

2016/02/27 サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレ エディオンスタジアム広島
 待ちに待った開幕戦。そう言いたいとこだがすでにゼロックスとACLで2試合消化しるだけに特別な一戦という気がしない。そのせいかスタンドは少し寂しい感じだった。実際には1万8千人入ったのだが、そう感じてしまったのは天候のせいかもしれない。
 雨雲によって真っ白に染まった空の下、寒々しさがあった。雨は上がっていたのだろうがポンチョを着たままの人が多かったのは防寒対策のいみがあったのだろう。春の雨は冷える。できることなら試合で熱くしてもらいたいものだ。
 しかし、どうにもこの試合ではミスが多かった。単純なトラップミス、トンネル、パスミス。一体どうしてしまったんだろう。もしかして連戦での疲労がもうやってきてしまったのだろうか。
 防戦一方。跳ね返しても跳ね返しても相手に渡る。そしてマイボールにしてもカウンターがはまらない。スピードアップできない。その結果遅効となってしまい人数を掛けた守備を崩さなければいけなくなりる。そして崩せない、崩せない、崩せない。こういう時の頼みはサイドからのクロスだった。
 右サイドのミキッチも左サイドの柏も何度か突破をはかりクロスを入れるも入らない。CKから佐々木がガツンと頭に当てながらもGKに阻まれる。川崎の守備は最後の最後はやらせないという堅さがあった。
 CKからのサインプレーからシュートするもブロックされ、清水のクロスも身体を寄せられヘディングが枠に行かない。川崎は身体を張ってる。もはやパスでは崩せないような気がしてきた。どうやったらいいのかわからない。攻め倦ねというのはこういうことを言うのだろう。
 そんな気の迷いがあったのだろうか。中盤へボールを運んだ青山は見事にボールを取られてしまい逆襲を受けてしまう。するとゴール前の3人くらいの動きで綺麗に決められてしまった。失点、文句の言いようのないようなゴール。膠着した試合において最初の失点は絶望的な意味をもたらせた。
 何とかゴールを奪いたいサンフレッチェ。得点を取る為清水、浅野、ウタカが交代で入るも一向に点の入る気配はない。それどころかボールが取れない。川崎にいいようにボールを回されて触れることもできない様子に悲しさすら憶えるのだった。
 残り時間が少なくなってきた。最後のチャンスかもしれない。でもその最後の最後で攻めきることもできず終わってしまった。0ー1、1点差であるが完敗だった。
 ゼロックスの時は強いと思っていた。だがすでにACL含めて2連敗である。最後の場面で力強さがない。ドウグラスの穴はこれほどまでに大きかったんだろうか。長いシーズン、思った以上に苦しくなりそうな予感がするのだった。

2016年2月23日 (火)

山東魯能戦~またしても勝てなかった初戦

2016/02/23 アジアチャンピオンズリーグ サンフレッチェ広島vs山東魯能 広島広域陸上競技場
 再び訪れたアジアの舞台。初めての参戦時は国際大会という不慣れな状況にただただ戸惑って終わってしまったという感じだった。そしてその次は1勝もすることなく敗退してしまった。更に3度目の出場では決勝リーグに進出するも不振なジャッジの為に姿を消すことになった。ACLに関してはどうしても結果を出せない。だが経験値は積んでる。それだけは間違いないのだった。
 今になって思えばかつては出場するだけで満足だった。でもクラブワールドカップでリバープレートに負けた悔しさの記憶もまだ色褪せてないだけあって勝ち抜きたいという想いは強い。そして勝ち抜くのは相当難しいというのも身に染みてる。
 そして中国の山東魯能と初戦を迎える。外国のクラブだけあってやはり勝手が違う。Jリーグのような暗黙の了解の元に行われる試合のしきたりのようなものがない。だからこそ林がペナルティエリアを飛び出して蹴ったクリアボールを拾った選手は迷うことなく無人のゴールに向かってロングシュートを打った。枠に入らずホッと胸を撫で下ろした。そして更に違いがあるのが審判だった。
 まずはペナルティエリアでクリアするとそれが間接FKとされてしまった。そして清水が蹴ったCKが皆川と競ったGKのパンチングミスでゴールに入るとこれがファールとされてしまう。考えたくないがどうも笛が偏ってる気がする。これがACLというものだ。
 だがそんな審判の判定なども吹き飛ばして欲しい。ゴール前を固める山東にはボールは持てるものの最後のシュートが枠に入らない。それでもゴール前の混戦、左サイドの清水がシュートを放つ。アウトサイドで蹴ったキックはディフェンダーをかわしつつゴールに吸い込まれたのだった。
 ゴール、ゴール、ゴール!清水が決めた。これはいい。いける、絶対いける。ACL初の初戦勝利かもしれない。
 そんな喜びに浸ってたのが油断となってしまったのかもしれない。その直後、数人いるディフェンスの網をするするとドリブル突破されシュートを放たれてしまった。林のセーブによって救われたもののCKのピンチである。ニアに蹴られると合わせられたがクリアしてまたもCK。すると全く同じコースに蹴ったボールは同じようにニアで合わされゴールに入ってしまったのだった。一瞬の内の同点。そしてあまりにもあっさりと決められた失点。目の前が暗くなり卒倒してしまいそうになった。
 だがまだ同点。もう1点取ればいいだけ。だがその後は完全に山東にペースを握られると水本が1対1で完全に負けてしまい2点目を取られてしまったのだった。
 目の前の光景が信じられなかった。あれだけ有利に進めてたのにいつの間にか負けている。追いつかなきゃ、追いつかなきゃ。そんな切迫感に追われ攻めるもののやはりゴールを割れない。山東のDFは堅い。そしてサンフレッチェのシュートはことごとく枠に入らない。
 山東はあからさまな時間稼ぎをしてきた。ゴールキックは徹底的に時間を使う。Jリーグだったら絶対に主審に注意されるがこの主審は無反応。日本の常識は通用しない。
 そして何本もシュートは打ったもののタイムアップ。負けてしまった。山東の監督は当然というような余裕の表情をしていた。もしかしたらそれが今のJリーグの立ち位置なのかもしれない。
 またしても初戦を勝つことができなかった。Jリーグ最高得点、最低失点という記録を残したチームで勝てなかった。いつの間にか日本のサッカーのレベルは大きく置いて行かれたのではと気が遠くなるのだった。

2016年2月21日 (日)

ゼロックススーパーカップ開幕

2016/02/20 ゼロックススーパーカップ サンフレッチェ広島vsガンバ大阪 日産スタジアム
 眩しいくらいの輝きを放つ朝日に本当にこの日天候が崩れるんだろうかと疑問を感じたものの、時間が経つに従ってみるみる空は雲がかり雨粒が落ちてきた。天気予報はやはり当たるもんだなと妙な感心をするのだった。
 とはいえ、栄えあるリーグ前哨戦が青空の下でないというのは不思議な感覚だった。まだ春の入り口の時期、雨は体感温度を奪っていくのだった。
 入場した選手のユニフォームは当然濡れてた。だがそんなことよりももうシーズンが始まったのかという感慨の方が多きかった。長く厳しいシーズンの幕開けである。
 果たして今シーズンのチームは上手く機能するのだろうか。そんな不安があったもののサンフレッチェは巧みにボールをつなげていく。青山など、敵の目の前でボールを受けてるのにどうして奪われないのか不思議だったが身体の向きが絶妙なのだ。そしてそれぞれの選手が連動した動きからパスコースをつくり試合を彩る。確かにサンフレッチェはパスをつなげるチームだったがより洗練されて見えたのはクラブワールドカップを経験したせいなのだろうか。ふとそんなことが頭を過ぎったのだった。
 それでもさすがに強豪のガンバである。いくらボールを回してもシュートまでたどり着かない。むしろフィニッシュに関してはガンバの方が効率がいい。もしかして少ないチャンスをいかして決められるのではないかという危惧を抱きつつそのままハーフタイムを迎えたのだった。
 雨は一層強くなっていった。悪くはないんだがどうもサイドの突破がはかれない。そこは相当マークをされてるようだ。そこで右サイドのミキッチは抜かずにアーリークロスを入れた。DFとGKの間、だが前に出たGKに処理されようとした瞬間飛び込んだ選手がいた。伸ばした足にチョコンと当たるとクロスは軌道を変えゴールに入ったのだった。
 今シーズン公式戦初ゴール。そしてそれを決めたのは寿人だった。
「寿人、寿人、寿人、寿人!」
 心の叫びが止まらない。記念すべき2015年の1号ゴールを決めた寿人に賞賛の念がやまないのだった。
 そして今度は左サイド柏が駆け抜けた。ペナルティエリアへクロスをあげるとガンバの丹羽に当たる。瞬間ホイッスルが鳴りPKを宣告された。激高する丹羽。顔に当たったと主張するも不必要に手を上げてた。その辺がファールと判定されたんだろう。
 PKのキッカーは寿人と代わって入った浅野。ゆっくりとした助走から放ったキックはスパッとゴールに突き刺さった。2点目。これで大分楽になった。
 ここまで来るとガンバに攻撃の隙を与えない。圧倒的なボール支配。このまま勝てるだろう。そう考えたのも束の間、早々に失点してしまうのだった。サイドからのアーリークロスがディフェンスラインの裏へ入ると宇佐見が飛び込んだヘディングが入ってしまうのだった。
 1点差になってしまった。そのあまりにも綺麗なやられ方に唖然としてしまう。と同時に暗雲が立ちこめてしまった。やはり楽な試合はないのだった。
 ピッチにはピーター・ウタカが柴崎に代わって入る。ドウグラスの後釜という立ち位置だろうが果たしてそこまでの役割をこなせるだろうか。そんな疑念があったもののバイタルエリアからバツンと強烈なシュートを放った。残念ながらGKに防がれてしまうもそのシュートへつなげた技術の高さは伺いしれるのだった。
 そしてCK。茶島の上げたボールは中央から逸れてしまう。するとその落下地点にいたウタカがシュート。これがゴールに突き刺さる。サンフレッチェ加入後初の試合で早々に点を決めてしまうのだった。
 3点目。そして2点差。勝利を意識してもいい時間になってきた。だがそれでも攻撃の手を休めない。この試合、後何点取れるんだろう。
 そんなことを考えていたところ結局そのまま3ー1で勝つことができたのだった。
 ゼロックス優勝。考えてみればこの大会、何気に縁がある。4回の出場でいずれも勝利してることからも縁起のいい大会であるのは間違いなかった。
 そして1週間後にはリーグ戦が始まる。果たして今シーズンはどんな1年になっていくのだろうか。 

2016年2月16日 (火)

開幕直前

 ゼロックススーパーカップまでもう数日となってしまった。天皇杯を準決勝で終えた時、悔しかった反面ホッとした面もあった。セカンドステージ優勝、年間勝ち点一位。それによりチャンピオンシップへの出場。そこで勝ち抜き見事J1優勝を果たすと今度はクラブワールドカップ。3位というのは名誉でもあったがもどかしくもあった。だがそんな余韻に浸る間もなく天皇杯準決勝。実はこの時もう一杯一杯だったというのが正直なとこだ。ピッチに立つ選手も疲労感はあったろうが応援するこちらも気力が持たなかった。あそこで負けたのは仕方がないという気がするのだった。

 そしてシーズンオフ。試合がないのは寂しいがやっと休めるという気もした。勝ち続けるというのがこんなに厳しいものだと思い知らされた。だから静かに過ごせる期間が訪れたという気がしてたのだった。

 そんなシーズンオフの間にまず山岸の契約満了の発表があった。能力的には間違いなくあり終盤の川崎戦では終了前に決勝点を決めた。あれがなかったら優勝はなかったと言っても過言ではない。それだけ重要な仕事をした選手だが残念なことに稼働率が低かった。シーズンのほとんどをリハビリで過ごすようでは戦力として計算がたたない。その後なかなか次の所属チームが決まらなかったのはその辺の事情も大きかったのだろう。だがそれでもJ3とはいえ大分に決まってよかった。サンフレッチェからは出てしまうがまだプレーを辞めてしまうには勿体ない選手には変わりない。

 そしてもう一人移籍してしまった選手としてドウグラスがあげられる。チーム得点王のこの選手は無敵のような存在でいなくなったことは痛かった。でも同時にいなくなるとしたらこの選手だと思っていた。何せサンフレッチェは毎年主力選手が引き抜かれてしまう。レンタルでしかないドウグラスが残るはずがない。活躍してしまったが為にいなくなるのだが活躍してくれなければ優勝することもなかった。何とももどかしいジレンマを抱えてた選手だったのだ。

 そのドウグラスに代わって加入したのがピーター・ウタカである。が、清水でのプレーではそれ程の印象がない。ドウグラスの代わりとしては器が小さい。いや、よく考えてみればドウグラスだって当初はそれ程期待されてたわけではなかった。そう考えるとウタカだって、そんな妄想を抱かない訳でもないのだった。

 他にも若手の選手が数人入ってきたがそのどれもプレーを見たことがないので想像もできない。想像もできないのでどこでどういう風に使うかというのも予想ができない。そもそもゼロックスのスタメンが想像もつかないのだった。

 3日後にはACLも控えてるしシーズン前からすでに試合が立て込んでいる。また今回もリーグ戦とカップ戦で選手を使い分けるのだろうがそういう意味でもゼロックスが一つの指標になるのだろう。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30