無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月23日 (月)

湘南戦~寿人J1歴代最多得点

2015/11/22 サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレ エディオンスタジアム広島
 最終戦。年間1位決定戦。高まる緊張感。バックスタンドでは「2015」という文字のコレオが出来て美しい。上空は晴れ渡り満員のスタンドをより栄えて見えさせるのだった。
 この試合には記録も掛かってた。勝てばセカンドステージ優勝、そして年間1位であるが、勝ち点がJ1が18チームになって以降最高の数字になるのだった。更に佐藤寿人がゴールを決めればJ1最多得点に並ぶ。これは7試合ゴールのない寿人には難しいことかもしれない。でもそれは逆に7試合待ち望んでることだった。
 でも緊張はなかった。簡単ではないのは理解しつつもこの試合を楽しもうという達観した感情が生まれた。この雰囲気、この状況、これはかつて感じたものに似ていた。そう、初優勝した2012年のホーム最終戦。優勝を決めた試合だった。あの時は圧勝した。今回も満員の観客の後押しもあって押し切っていけるのではないか、そんな気分になってきたのだった。
 しかし、試合が始まってくると湘南が運動量を生かして攻めてくる。グイグイ来る攻撃につかみ所がない。守備を固めるサンフレッチェ。もっとイケイケにいけるかと思ってたが我慢する時間が続いたのだった。
 クロスを入れられる。楔のパスを入れられる。シュートを打たれる。だがそれをことごとく身体を張って防ぐ。人数を掛けた攻撃にしぶとく守るのだった。
 湘南の攻撃の圧力は強い。サンフレッチェはどうしてもチームの重心が低くなる。それがより一層湘南の攻撃に勢いをもたらす。やはりこの試合で攻撃に移るのは難しいか。でも裏を返せば湘南のラインが高いということだった。
 ラインの裏の広大なスペース。そこへDFの塩谷はロングキックを入れる。裏へスプリントを掛けて飛び出したミキッチ。ゴールライン際で追いついた。切り返す。マイナスのボール。駆け上がったドウグラスがシュート。ディフェンダーをすり抜けゴールへ入ったのだった。
 先制して湘南のキックオフから始まる。が、すぐにボールを奪い中央の青山に入ると右足一閃、強烈なミドルシュートがゴールにぶち込まれたのだった。追加点、たて続けに2点入れたのだった。
 この展開、そして青山がゴールを決めるというとこまで2012年と一緒だった。それなら前半の内にもう1点入る。そこまで上手くいくことはないだろうか。でも点が入りそうな雰囲気はある。
 するとゆっくりとした展開から左サイド清水にボールが入る。すると強気に突破を図ると縦へ抜け出し中へクロス。ディフェンスの頭を越えヘディング。決めた。決めた、決めた、決めた。決めた、寿人が決めた。寿人J1通算最高得点に到達したのだった。
 待ちに待ったゴールだった。やっとたどり着いた。そんな想いにスタンドはウワッと沸き立ちピッチの選手も寿人を胴上げで祝福していた。
 前半3点、本当にそんな展開になったのだった。

2015年11月14日 (土)

天皇杯徳島戦~終了間際の演出

2015/11/11 徳島ヴォルティスvsサンフレッチェ広島 ポカリスウェットスタジアム
 日が落ちただけのせいではないだろう。やたらと暗い印象を受けたスタジアムにはちゃんと照明は点っていた。場末の雰囲気、それは観客が少ないせいもあるかもしれない。天皇杯というのはどうしても練習試合のような感覚を持ってしまう。
 この試合、サンフレッチェはカップ戦の常としてリーグ戦に出場していない選手を中心に編成した。怪我から復帰したばかりの柏、途中出場の浅野、野津田、山岸、佐々木、皆川。あとは出場機会のない若手であるがこれはこれで楽しみなメンバーだった。そして徳島に目を向けると大崎がいた。サンフレッチェから移籍して数シーズン経ったけどこうしてちゃんと試合に出てることに嬉しさを感じるのだった。
 そしてこの大崎が守備に攻撃にと常に顔を出してくる。やはり期するものがあったんだろう。それでもいつものサンフレッチェのサッカーで攻撃を組み立てる。メンバーは代わってもいつものサッカーができる。そこに心強さを感じつつもどことなくスケール感がないような気がする。ボールは持ててる。シュートにもいけてる。でもゴールが決まらない。それもそのはず、ほとんどがミドルシュートで守備を崩してる訳ではないからだった。その為、時間が経てば経つほど苛立ちが積もり始めるのだった。
 丸谷や野津田がミドルシュートを打ちGKが弾くもそのこぼれ玉を拾えない。こういう時、皆川の予測の悪さを感じるのだった。どうしてボールの来ないとこばかりポジションを取ってるのだろう。近いとこにはいるのがまたもどかしさを助長するのだった。
 攻めてても点が入らない、そんなもどかしさを感じてた時のCKだった。一旦は不発に終わったかに見えたこぼれ玉。後ろから飛び出して蹴り込んだのは皆川だった。天皇杯3戦連続得点。リーグ戦では出場が限られてるがこうして結果を出したことに安堵するのだった。
 そしてこの得点をきっかけに得点ラッシュへと突き進むのかと思いきや終了間際に決められてしまうのである。しかもそれは清水のオウンゴールという不名誉のおまけ付き。どの道、清水も競らなければそのまま決められてしまったからしょうがないのだが。
 ああ、これで延長戦か。それでもまだ交代枠も残すサンフレッチェの方が有利ではあるが。きっちりと勝てると思ってたのに。もしかしてそのまま同点のままPK戦ということもあるまいな。どうしてあと数分を耐えることができなかったんだよ。
 そんな失望の中のアディショナルタイム。セットプレーから入ったクロス。
 ガツン!
 そんな音が聞こえそうなくらい力強いヘディングをした選手がいた。ボールはネットを揺らし歓喜に沸いた先にいたその選手はセンターバックのジュンボンだった。決勝点。そしてこれはジュンボンにとっても初ゴールだった。
 同点にされた直後、最後の最後の勝ち越しに興奮冷めやらない。このメンバーでもこういう演出ができたというのが驚きだった。これでまた一つトーナメントを進めた。次の対戦はJ1のチーム。果たして次ぎなる対戦ではどんなメンバーでいくのだろうか。

2015年11月 8日 (日)

ガンバ戦~万博で勝利

2015/11/07 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 万博記念競技場
 1点差、それは有利であることには変わりないがほんの1回のピンチが命取りになる。そんな危ない綱渡りに余計危機感を与えることが起きた。
 ガンバのCK。無事防いだものの水本が倒れていた。プレーが続いても動かない。レフリーストップにより治療を受けたが大事を取って佐々木と交代した。守らなければならない状況でDFの選手を交代するというのはさすがに不安だった。
 ブロックをつくってガンバの攻撃を跳ね返すサンフレッチェ。トップも寿人から浅野に代えてカウンターへの準備も整う。これでもう逃げ切りをしつつ浅野のスピードでゴールまで迫って行くという戦法だろう。
 さすがにパトリックや宇佐見にボールが入ると脅威だが何とかボールをからめ取って前線に飛ばす。それがCKにつながって追加点のチャンスが訪れた。だがこれがゴールにつながらないとボールを取られ最終ラインの裏へ出されると宇佐見に突破を許してしまったのだった。
 ああ、やられた。これは駄目だ、もう引き分けか。シュートを放たる前、それを覚悟した。が、外した。外してくれた。まるで何か見えない力が働いたかのようにゴールの脇をコロコロと転がっていったのだった。林のポジショニングが良かったのかもしれないがとにかく絶体絶命のピンチを切り抜けたのだった。
 依然としてサンフレッチェは堪える時間が続く。それでもパトリックなどはラフプレーが多くなってきた。すでにイエロー1枚貰ってる。ファールの笛が鳴る度にカード出ないのかよと叫びたくなるのだった。
 終盤に近づくと山岸がミキッチに代わって入る。2節前に劇的なゴールを決めた山岸にはまた何か起こしてくれる予感を感じた。そしてその山岸に入ると左サイド起点に中に入る。前線の浅野が落とすと青山は右に出した。がら空きのゴール前。右足一閃、清水が振り切ったシュートはゴールにぶち込まれた。
 2点目、追加点。ゴール裏へ駆け込む清水。単に勝利へ近づいたという意味でも嬉しいが清水が結果を出したというのが嬉しい。初優勝したシーズン、この清水の活躍なくしてそれはあり得なかったのは間違いない。
 もはや残り時間を堪えるだけ。そんな時にパトリックがレッドカードで退場して数的有利になるともう勝利を確信した。ゲームは終わるまで分からないとはいえさすがにこの先2点を取られることはない。パスを回して時間を稼ぎ無事無失点で試合を終えることができたのだった。
 3連勝。そして12年勝つことができなかった万博で勝つことができた。もはやこれは2ndステージ優勝は決まったも同然だった。だがこれで終わりではない。目指すはやはり年間1位である。あと1戦、もう1戦。長いリーグ戦の締めくくりまであと少し。勝利に酔いしれつつも最後に向けての緊張も感じるのだった。

ガンバ戦~ドウグラスのFK

2015/11/07 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島 万博記念競技場
 残り2戦。優勝を考えると自力では2連勝が条件。だがよりによってここでガンバというのは大きな脅威だった。そして万博記念競技場では2012年以来12年勝ってないという縁起悪いスタジアムだ。そんな不安を表すかのように空も曇ってたのだった。
 ところがスタンドにはゴール裏を始めぎっしりと詰まった紫のサポーターがいた。応援の声はホームのガンバにも劣らずそれがチームに活力を与えるのだった。
 ところが試合は一方的にガンバの攻撃。引きこもって守備に徹している様はさながらワンサイドゲームの様相だった。が、もはやこの光景も見慣れてるせいかそれほどの危機意識も感じなかった。むしろわさと相手にボールを持たせているんだろうというくらいの余裕を感じてると宇佐見にペナルティアリアの進入されてシュートを打たれた時には肝を冷やしてしまった。これも林が身体を張って防いだが改めてこの守備の安定は林に負うとこが多いのだと気づかされるのだった。
 攻めるだけ攻めさせておいて奪ったらカウンター。一気に人数を掛けて駆け上がる。サイドにいた寿人に出して、中折り返して青山が前に出す、柴崎がシュート。GK真正面、ゴールには至らないのだった。
 その後も度々そういう場面が訪れる。あとボール1個分、1歩のポジションのずれ、そんなわずかな差でゴールまでたどり着かない様子に歯噛みするのだった。
 ところがそんな失点もしないが得点もない状況が続くうちに段々もどかしくもなるのだった。もしかしてこのままスコアレスで終わってしまうのではと思った。攻撃時には前をがっちりガードされてバイタルエリアを突破できそうもない。ドウグラスには2人もマークに着かれている。が、ここで身体を反転させたドウグラスはゴールに向かって突進する。行ける、行ける。が、DFに引っかけられた。勢いを持って倒れるドウグラス。ファール、ファール!それは間違いなかったが残念ながらそれはペナルティエリアの外でPKにはならなかった。
 それでもいい場所でのFK。ボールには塩谷とドウグラスが立ってる。確かに左足の方が入れやすいポジションだがドウグラスのFKなんて見たことがない。どちらが蹴るか。塩谷が動いた。ボールをスルー。そして蹴ったのはドウグラス。ファーサイドへ向かってナイフのようなボールが飛んで行った。
 ネットに突き刺さったボール。入った。ゴール、ゴール、ゴール。先制点。ゲームの均衡を崩す先制点。割れんばかりの歓声、ピッチの選手もドウグラスに駆け寄り自身もポーズを決めるのだった。
 今シーズン、先制した試合では負けてない。勝利に向かって大きな一歩だがこのままやられるガンバではないと気が緩むことはないのだった。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30