無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

清水戦~浮かれることなき大勝

2015/09/26 清水エスパルスvsサンフレッチェ広島 IAIアウトソーシングスタジアム
「清水まで乗り合いで行かないか」
 仲間のドクトルに誘いを受けたものの遠く栃木まで仕事に行ってた為断念した。果たして行けなくて残念となるかそれとも行かなくてよかったとなるのか。でも自分がどういう境遇になろうとも勝ってほしいという想いとともにTV観戦するのだった。
 点が取れない。前前節のそんな悪いイメージが残ってる中で対戦相手が残留争いをしてる清水というのも嫌な気がした。下位チームが終盤になって急に勢いづくというのはよくあること。呑まれなければいいが、そんなことを思って試合を迎えた。
 するとその悪い予感は的中し清水の攻撃ばかりが目立つ。最後を崩されてシュートを打たれた時にはやられたと思った。が、DFや林もセーブによって最後をやらせなかったもだった。
 身体を張った守備、それは中盤でも見られ柏も身体を入れて縦への突破を防いだように見えた。だがこれがファールを取られてしまう。一体今のどこがファールなんだよと毒つく。セットプレーのピンチである。こんなのでやられたら呪っても呪いきれない。納得いかない、納得いかないのだった。
 だがそのFKは跳ね返されミキッチに渡る。ドリブルで突き進む。そして中央のスペースに出すとドウグラスがGKと1対1に。フェイントをしてかわす。ゴールへボールを転がす。DFも追いつかずゴールに吸い込まれた。
 早い時間の先制点。カウンターになった時のミキッチのスピード、ドウグラスの決定力。これでピンチの直後のゴール。そこがまた頼もしいのだった。
 そしてそのすぐ後にCKで水本がヘディングでゴールを決める。そのゴールがあまりにもあっさりと決まったので本当に入ったのかと目を疑ってしまった。が、紛れもないゴールで早々に2点先行したのは気分的に随分優位に立てた。
 後はこのまま点を与えたくない。できればもう1点取って試合を決定づけたい。だけどやはり清水の攻撃が目立つのだったのだった。シュート数で比べると清水の方が圧倒してるのである。そんな嫌な雰囲気が漂う中またしてもサイドでファールを取られてしまう。そしてFK。チョンテセにヘディングで叩き込まれたのだった。
 1点差に詰められてしまった。まだリードを保ってるとはいえこういう追い上げというのは気持ち悪い。このまま勢いに乗って来られたら溜まったもんじゃない。ああ、もう1点入れていれば。もう1点入れていたら。
 同点に追いつこうとする清水は攻め立てる。なんだかんだでシュートはサンフレッチェの3倍くらい打ってる。そしてサイドからクロスが入ると心臓が高鳴る。だが無事林がキャッチするとホッと胸をなで下ろすのだった。
 その後どう組み立てていくか、林はボールの出し所に迷ってるようだった。が、突然前線にポーンと長いボールを蹴った。そのボールは大きく伸び清水の最終ラインへ。トップの浅野が競る。出し抜いた。そしてゴールへ向かうとGKをかわしてシュートを叩き込んだのだった。
 再び2点差。これは時間的にいっても勝利にぐっと近づいた得点だった。そんな余裕からだろうか、オフサイドラインぎりぎりで受けた浅野はGKの鼻先でチョコンと浮かしたループシュートを決めたのだった。
 その後もドウグラスがシュート。だが枠を外れる。柏が突破からクロスを上げるもディフェンダーに阻まれる。そしていよいよ残り時間が少なくなったとこで再び柏がドリブルで仕掛けるとGKの股下を通して5点目が決まったのだった。
 1ー5、スコアの上では大勝である。でも点差ほど差があるとも思えなかった。それはまだまだシーズンは残されてるという余裕のなさが大きい。本当に喜ぶのはまだ早い。でも1勝1勝を積み上げていくことが大切。そんな微妙な緊張感を持った上で勝利の喜びを感じるのだった。

2015年9月20日 (日)

鳥栖戦~試練の時

2015/09/19 サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖 エディオンスタジアム広島
 鳥栖には主力選手が出てなかった。それでも苦労する試合になるのは目に見えていた。豊田という絶対的なストライカーがいないことで余計のこと引きこもってカウンターを狙ってくるだろう。いや、むしろ引き分けでもいいような割り切りをしてくるかもしれないと予想できた。
 ところが蓋を開けてみれば鳥栖の方がボールを持ってる時間が長い。全員で引いてブロックをつくるもボールカットしてもセカンドボールを拾われる。何だか最初に考えてたのとは逆の展開になってしまった。
 それでも徐々に重心を上げていく。攻撃へと転じていく。だけどシュートまでいかない。まるで登山でもしてるようにゆっくりゆっくり上がってく。そしてシュートという頂上にたどり着く前にボールを下げてしまう。やり直し。そしてまたゆっくりとボールを前に運んでいく。そんなことの繰り返しだった。
 サイドのミキッチも柏も突破ができない。真ん中もちっとも崩れない。一体こういう時どうやって点を取ればいいのだろう。いや、まずシュートすら打てないのがもどかしいのだった。
 密集したバイタルエリアではもはやミドルシュートに賭けるしかなく何度かそのチャンスもあった。青山も打った。塩谷も打った。水本も打った。でも入らない。恐らく当てたのが精一杯だったのだろうか。枠には遠く及ばないのだった。
 それでもいつかはゴールが見れる。そんなことを期待してた。それでも気づいたらもはや残り時間は3分しかなかった。おいおい、もう時間ないじゃないかよ。それなのに怒濤の攻撃とうようなものをちっとも見せていない。焦らずじっくりやってるつもりだろうが何だか時間がゆったりと流れているかのようだった。それでも確実に時間は減っている。もっと血沸き上がるような感情を発したい。
 遅い、遅い、遅い。それが鳥栖に守りのリズムを与えてるようにも見える。攻められてもまるで焦ってる気配がないのだった。
 ため息が出る。時間がないのに攻め込まれてる。クリアしてもボールを疲労のは必ず鳥栖の選手。もはやこれまでかと思った時フリーのミキッチに渡った。そして前線の浅野に絶妙のパスが出た。トラップをすればもうゴール前だ。身体が起きあがった。が、ここでこともあろうにトラップが後ろにいってしまった。結局自分ではシュートを打てなくなってしまい後ろのドウグラスに預けると遠目からシュート。ドカンと打ったシュートは火星にでも向かってるのかというくらい遠く飛び去ってしまうのだった。
 ああ、ドウグラスも今日は精度がなかったな。だがそれでも最後の最後でFKのチャンスを得る。左利きの浩司が蹴るのに悪くない場所。これが本当にラストプレー。助走から放たれたキック。が、それは誰にも触ることもできないままゴールラインを割ってしまった。
 終了の笛は無情だった。引き分けだったものの無力感が漂った。今日は何かできただろうか。とにかく最後の最後でプレーの精度がなかった。引いた相手を崩せなかった。1対1で勝てなかった。そんなネガティブな感情ばかり浮かぶのだった。
 鳥栖の岩のような守備。だけどそういうのを打破しないといけない。なぜならそうしないとみんな同じような戦い方をしてくるからだ。かつてJ2の頃全チームがサンフレッチェ対策をしてきた。だけど今度はJ1でそれをやられるとさすがにその強度が違う。辛く厳しい道。まだまだなすべきことは多いのだった。

2015年9月14日 (月)

山形戦~濃密な90分

2015年9月12日 モンテディオ山形vsサンフレッチェ広島 NDソフトスタジアム山形

 それは死刑台へ上るような心境だった。ボールをセットしたディエゴは先制点を取った選手。このPKを阻止できなかったとしても誰が林を責めることができよう。ああ、こんなありえないPKの判定をした審判は許せない。あれのどこがPKなんだ。呪ってやる、呪ってやる。

 ぼくは怨念をモニター越しに伝播させる。それでもPKの合図の笛が鳴った時、もはやこれまでと思った。ゆっくりしたモーションからシュート。その瞬間林は飛んだ。そして次の瞬間にはバシンというボールを弾く音がしたのだった。

 止めた。PKを止めた。まさか、まさかまさかのPK阻止である。凄い、林のファインプレーだ。このプレーに選手全員が詰め寄る。が、表情は引き締まったままだ。なぜなら前節も同じような場面があったからだ。せっかく林がPKを止めたのにその後のCKで決められてしまったこと。そしてその後相手に勢いを与えたこと。それらが苦い教訓として選手の脳裏には植えつけられていたのだった。

 そしてCK。これを無事凌ぐとボールはフリーの浅野に渡った。そしてそのまま前を向きドリブルを始める。速い、速い。浅野のドリブルは速い。懸命に戻る山形の選手をボールを持ったまま置き去りにする。だがゴール前には2、3人の選手が戻った。そしてその中には柏も駆け上がる。柏へパスか?それとも自分で・・・・。

 そんな選択肢に揺れるそぶりをしながらもそのまま行った。そして打った。ボールはグラアウンダーで真っ直ぐな軌道を描きゴールに吸い込まれたのだった。

 入った、入った、入った、ゴール!

 そこまで走りぬいた勢いそのままにサポーター席へ走る浅野。凄い、凄い、凄いゴールだ。絶体絶命のピンチから一転、逆にこっちが点を取ったのである。まさかこの展開は誰も想像してなかっただろう。それだけに相手の戦意を削ぐのに絶大な効力を挙げた。

 1-3。スコアとしての優位性よりも精神的なリードの方が大きかった。こういうもう1点欲しい時に取った浅野はやはりストライカーとしての素質がある。大きい、とても大きい追加点なのだった。

 もはやこれは勝負を決するゴールだった。このまま試合は終わったが勝利したというのが信じられない気分だった。絶対に今日は負ける。最初の失点の時にはそう思ってた。そしてPKの判定が出た時もはやこれまでと思った。だがそのPKをきっかけとして追加点を挙げられた。この90分の中になんと濃い喜怒哀楽の時間が凝縮されてただろう。1試合の中にストーリーができている。

 天皇杯の為2週間ぶりに開催されたリーグ戦はそれを補って余りある充実感を与えてくれ、その幸福感に身をゆだねるのだった。

2015年9月13日 (日)

山形戦~不可解なPK

2015年9月12日 モンテディオ山形vsサンフレッチェ広島 NDソフトスタジアム山形


 ガツン!

 フリーキックがバーに当たった時ドキッとし、これはヤバいと気を引き締めたように見えたがその後はまたのらりくらりと安全なところでボールを回して相手の出方を伺ってばかりいる。そして機を見てディフェンスラインの裏へロングボールを蹴るもののそのこと如くがGKにキャッチされるかラインを割って終わってしまう。ああ、もうちょっと普通に攻撃できないものだろうか。

 だがラインを高くした山形の中盤はすぐにボールを絡め取ってしまう。それをプレスに行って取ったと思っても他の選手がまたフォローして絡め取る。そしてロメロ・フランクにパスが通るとゴールに迫られる。懸命に戻るDF。だが同じくゴールに向かったディエゴのスピードの方が速くてラストパスを出されると余裕でシュートを決められてしまった。この時ゴール前には4人も守備で戻っていたのにたった2人の攻撃を止めることはできなかった。

 何をやってるんだ。

 はあ~とため息をつく。もうこうなったら攻めるしかない。特に山形のようなチームは時間が進むと貝のように引き込まれる。その前に点を取らないといけない。

 中盤から裏のスペースにボールが出る。ミキッチが追いつく。切り返して中央へクロス。ニアに走り込んだ寿人には合わない。が、スワーヴのかかったボールはそのままゴールの隅に入ってしまったのだった。

 同点、同点、同点。早い時間に追いついた。多分たまたま入ったのだろうがこれは貴重なゴールだ。どうして狙った時は入らないのに狙ってない時は入るのか。そこがミキッチのとても不思議なとこなのだった。

 振り出しに戻ったことで精神的に落ち着いた。そして逆転への機運が高まった。すると前線にもボールが回るようになりゴールの期待も高まる。するとドウグラスにボールが入るとシュート。ブロックされる。だがもう一度シュート。入った。横っ飛びになったGKの手も届かず決まったのだった。

 逆転。ペナルティエリアの外からだったしとても入るような気がしなかった。それでも一旦ブロックされたことが逆にGKに対してフェイントになったのだろう。何にしてもこれでスコアをリードすることができたのだった。

 もう1点あれば楽なのに。それは事実だったが決まらない。寿人との交代で浅野も入ったもののどうにもシュートまでたどり着かない。何だか段々と攻め込まれる時間が増えたような。怪しい雲行きじゃないのか。そう思ってたらクロスが入った。ミキッチが身体を入れてヘディングを防ぐ。弾き飛ばされた山形の選手。するとこのプレーにホイッスルが鳴ったのだった。

 PK。な、なんだと~!あれがPK?考えられない。どう考えたってPKじゃないだろう。こんな理解できない判定でみすみす同点のチャンスを与えてしまうことになった。

 あれがPK、あれがPK。そんな疑問を怨念のように口ずさむのだった。

 

2015年9月 8日 (火)

天皇杯広島経済大学戦~天皇杯への疑問

2015/9/5 天皇杯2回戦 サンフレッチェ広島vs広島経済大学 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場


 困った。

 このシーズンになると必ず訪れる瞬間である。サンフレッチェの試合があるというのに試合を観る手段がない。スカパーもない、BSもない。一体どうすればいいのだろうか。結局のところ試合結果の速報を待つしかない。その間じっと我慢するのだった。

 当然のとこながらこの試合で負けることは考えてない。大学でも福岡大学や流通経済大学といったプロ養成学校のようなとこもあるが広島経済大学はそれには類しない。正直なところサッカーにおいてその名前を聞いたことがない。そんな相手に対して一体何点取れるか、そして出場機会のない選手がどれだけアピールできるかに興味が絞られる。そして訪れた速報では8-0のスコアが表示されたのだった。

 まずはその得点差にホッと胸を撫で下ろす。だけど4500人くらいしかいなかった観客数にハア~とため息をする。そもそも何で両方とも広島市内のチームなのにわざわざ福山で試合をやるんだろう。どうも天皇杯にはこういう点でサービス精神というものが感じられない。だから客が入らないのは致し方ない気がするのだった。

 映像でも観ることができない、応援してる人にも観に行きにくい、一体天皇杯って何の為にあるんだろうと時々疑問に思うのはぼくだけだろうか。 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31