無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月30日 (日)

名古屋戦~アップアンドダウンの感情

2015/08/29 サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス エディオンスタジアム広島
 しとしと落ちる雨はまるで霧のように照明の灯をぼんやりとさせていた。ほんの2週間前まで記録的な猛暑で熱中症の死亡者の報道が続いてたのが嘘のようだ。天候は読めない。まるでそれは最近の世界同時株安の様相と酷似してると思うのはぼくだけだろうか。
 スタンドの観客もポンチョの人が多いせいで普段と違った光景に見えてしまう。ピッチの選手のユニフォームも濡れいて生地が肌にピトッと張り着いてる。ただしプレーをする気温としては最適だろう。
 そんなコンディションの中、名古屋は前からプレッシャーを掛けてくることはなかった。そのせいもあってサンフレッチェは悠々と攻撃を組み立てていける。もしかしたらそれは名古屋もあえてボールを持たせているのかもしれないのだった。
 そんなゆっくりとした試合の立ち上がりにミキッチがボールカットした。そしてドリブル、ドリブル、切り返してクロス。スワーヴの掛かった弾道にドウグラスが頭で合わせるとゴールに入ってしまった。
 入った。早い時間の先制点。相手の隙を突いたとはいえあまりにも呆気ない得点に本当に決まったのかと疑ってしまった。だが間違いなくスコアとなるものの先制した優位性を感じる程ではなかった。それもまだ試合の序盤という要素が大きかった。
 しかしその後、ドウグラスのスルーパスにミキッチが抜けだし中央にボールを出す。がら空きのゴール。流し込んだのは寿人。追加点。だがそれよりも寿人のゴールというのが嬉しかった。逆に言うと寿人のゴールできる形、そういうシーンが久々に出てきたような気がするのだった。
 2点差。それでもまだ吹けば飛ぶような点差のような気がした。更に追加点を重ねたいものの攻撃に向かっている割にはゴールが決まらない。いい時間の時に点を取りたい。そんなもどかしさを感じるもシュートはまるで入らないのだった。
 雨はますます激しくなっていった。雨粒がはっきりと目で捉えることができる。後半になって名古屋がボールを持つ時間が増えてきたことに不安をおぼえた頃だった、中盤でのパスカットから左サイドの柏へ。切り込んだ柏はマイナスのパス。ペナルティエリアには数人の選手が入っていた。誰が打つのか。だが打ったのは後ろから走り込んできたドウグラス。走った勢いも相まって弾丸のようなシュートがゴールに突き刺さったのだった。
 3点目。もうこうなったらもっとゴールを重ねたい。浅野が寿人との交代で入ると高い位置で積極的に仕掛ける。ドリブルで中へ向かう。倒された。ホイッスルが鳴るとPKを宣告されたのだった。
 自らキッカーとなる浅野。長い助走から蹴るとグラウンダーでゴールの脇にきっちりと流し込んだ。4点目。これはもう決まった。さすがにそう思うのも無理はないだろう。だがよりによってその後逆にPKを与えてしまうのである。ああ、余計なことを。これで無失点に抑えることが難しくなってしまった。
 名古屋のPKキッカーは闘莉王。だがこれを林が止めた。ウオーッという歓声がスタンドから沸いた。絶体絶命のピンチを救ったビッグセーブ。こういうプレーがあったからにはもう勝利は確信した。もはや勢いは止まることを知らないだろう。
 だがこの後のCKのセカンドボールをあっさりと決められてしまった。ああ、何やってんだよ。しっかりとクリアしろよと思ってるとまたしてもディフェンスラインの裏にボールを出され決められ2失点となってしまった。やばい、なんかやばい。このままズルズルと押されていく展開だ。
 カウンターになっても決めきれない。それが尚更名古屋の攻撃への勢いを強めていく。もはやボールを奪ったらとにかく試合を落ち着かすことに専念する。するとそれで時間を得たせいだろうか、やっと落ち着いたようでサイドチェンジもできるようになる。そしてミキッチに渡るとゆったりと相手DFに相対する。そしてギュッとギアを入れてえぐってクロス。ゴール前のドウグラスの頭にぶち当てるとガツンとゴールに入ったのだった。
 5点目。ドウグラス、ハットトリック。そしてミキッチも3点目のアシストである。悪い時間があったもののさすがにこれは突き放した。点差以上に相手を精神的に諦念の感情を与えるのに十分だった。
 そしてこのまま5ー2というスコアで終わった。快勝と言うにはあまりにも語弊がある。あの危なっかしい時間帯は本気で逆転されるんじゃないかと思った。もっと点の取れそうな場面もあった。そのため、大量得点の割には手放しで喜ぶということはできなかった。点は取ることはできた。でもまだまだ課題もあった。頂を上る為にはまだまだやることがある、そんなことを感じるのだった。

2015年8月23日 (日)

新潟戦~惨敗の内容での勝利

2015/08/22 アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島 デンカビッグスワンスタジアム新潟

 それはまるで鋭角な山脈を登山してるようなものだった。ボールを持っても前に進めない。上がれば上がる程険しくなり結局絡め取られてしまう。ああ、さすがに2試合連続無得点のチームに多くのことを期待することはできないのだった。
 もはや得点どころか一方的に攻められて守ってるのがやっと。人数を掛けて攻める新潟に対して人数を掛けて守る。結果敵にピッチの半分で試合をやってるようなものだった。
 CKを蹴られる度に、ペナルティエリアに入られる度に、シュートを打たれる度に最後の最後は身体を張って防いだ。苦しい、こんなすんでのところでしのぐぐらいならもっと攻撃の時間を増やしていきたい。そもそもこれじゃ絶対に点が入らないじゃないか。
 試合はこの状態のまま続き活路がない。そして浅野が寿人と交代して入る。するとスピードを生かしたドリブルでカウンターが効く。だけど浅野は決めることができない。いいとこまでは行くのだが最後が決めれないのが浅野の欠点なのだった。
 それでも浅野が入ってカウンターの場面が何回か訪れる。プレッシャーが掛かってない。当然新潟の戻りも速いものの逆サイドに振るとポッカリとスペースがある。右サイドのミキッチまでパスが出る。だが幾度となく立ちはだかるコルテースが詰めたのでこれで手詰まりかと思ったらヘディングで折り返した。すると最終列から駆け上がった塩谷がドリブル、そして立てパス。密集のペナルティエリアは受けることはできてもシュートは厳しい。が、受けた浅野はワンタッチでヒールで戻すと再び塩谷。トラップ、そしてシュート。そしてそれはあらゆる障害をかわした弾道でゴールの隅に入ったのだった。
 先制。先制した。あれだけ押し込まれてたのに。そしてとても無理な状況でのシュート。そして決めたのがよりによってDFの塩谷。何もかもチグハグである。それだけにこのゴールには握り拳を上げたけどそれ以上のことはなかった。まだまだ時間はある。むしろより気が引き締まったのだった。
 そして依然として新潟の猛攻は続く。一瞬でも気を緩めたらすぐにスコアもひっくり返されてしまう。堪える、堪える。もう1点取れれば楽になるのだがそれ以上に失点したくない。人数を掛け身体を張って堪えしのぐのだった。
 そんな時、千葉がパスカットをする。そして股抜きからドリブルで駆け上がると少し空気が変わった。もしかしてこのままカウンターで点が入るかと思ったがさすがにそこまで甘くなくまたしても相手ボールになると新潟はゆっくりと出方を見てボールを動かしていった。
 中盤からの組み立て。プレスに行っても巧みにかわされてしまう。その上手さに少々ボールを取ることを諦めてるように見えた。が、フェイントでボールを持ち替えたとこを奪った。奪ったカズはドウグラスに出すと前線に走っていった。ドリブルで駆け上がるドウグラス。かわしてかわして更に突き進む。そしてラストパスをカズへ。食らいつくDF。コースを消された。が、ワントラップで切り返してシュート。ゴールに入ったのだった。
「カズ、カズ、カズ、カズーッ!」
 ここでカズがいるとは後ろのポジションだしセットプレーも前に出ないし正直ゴールを期待することのない選手である。そのカズが決めた。この時間、この場面で駆け上がっていた。そして決めた。試合も決めた。もうこれは勝利を確信するゴールだった。
 苦しい苦しい試合だった。そのまま無失点で勝つことができた。点が取れないと悩んでいたが決めたのは守備の選手だった。何もかも逆説的に進んでしまったのだった。そこも含めてまた一つバラエティを増やしたようだった。それもこれも何もできなかった2連敗の屈辱があったからこそのような気がした。新潟は負けたような気がしなかっただろう。それでも良かった。勝って良かった。そしてあの2連敗がやはり必要な経験だったと言いいたいもののそれを確信するにはシーズンを終わってからにしようと思うのだった。

2015年8月16日 (日)

柏戦~完敗

2015/08/16 サンフレッチェ広島vs柏レイソル エディオンスタジアム広島

 

 開始3分で失点した時、唖然としてしまった。真ん中がポッカリと空いてしまい正にシュートを打ってくださいという守備を突かれ決められてしまった。そしてクリスティアーノのマークを外してしまったのは久々の先発となった塩谷だった。ああ、試合勘のズレがこんなにも早く出てしまった。

 追わなければいけないサンフレッチェ。焦ることなくボールを回していくがどうにもシュートまでつながらない。特に中盤の野津田に入ると必ずと言っていいほどトラップミスをしてしまう。サイドの柏も清水も全く突破ができない。負けている。全てにおいて負けている。スコアだけじゃなく個での勝負でも全く勝てない。打開策、それは全く思い浮かばないのだった。

 その反面、柏ボールになると簡単にバイタルエリアに入れられてしまう。何でだ?どうしてこうなるんだ?そしてうかうかしているとクリスティアーノがミドルシュートを放つとゴールへ一直線に突き刺さってしまった。それもマークをしていたのは塩谷。待ち望んだ復帰ではあったがこの試合に限り失点の場面にはいつも塩谷がいたのだった。

 何とか状況を変えたいと思ったサンフレッチェはハーフタイムで野津田から浅野へと交代する。どうしても点の欲しい時の切り札として浅野は魅せた。一人でドリブルで持ち上がり相手陣内の深い位置まで持ち上がるとCKを勝ち取った。おお、これはいける。この調子でガンガン攻めまくればその内点が入るぞと思ってたのも束の間、それ以降相手の攻撃を凌ぐ展開ばかり続いてしまうのだった。

 そして次の交代カードでミキッチが入ると急に右サイドが活性化された。交代した清水も高い位置では勝負するも相手に押さえられる場面が多かった。ミキッチのスピードと緩急を使ったドリブルは柏に混乱を与えた。そして何本かクロスを上げるとヘディングで競る場面が出てきたのだった。

 だが入らない。シュートは放つものの皆相手の身体に当ててしまう。まるでそれはわざとやってるのではと思うくらいに枠に飛ばない。いやむしろそう見えてしまうのは決定機ではなかったということを意味していた。

 そんな切羽詰まった中時間はどんどん過ぎ去っていく。ボールを奪うと大事にしたい。その意識が強かったのか柏のバックパスは味方と合わなくて掻っ攫われてしまう。グラウンダーのクロスを入れられるとまたしてもクリスティアーノに簡単に決められてしまうのだった。

 0-3。そしてこのまま何もできずに終わってしまった。全くスコア通りの完敗である。柏はキムチャンスに何もさせてもらえなかった。寿人はシュートを1本も打たせてもらえなかった。塩谷は守備でクリスティアーノにやられてしまった。何もかも完敗である。

 これで2連敗。お盆休みの最後、それは暗澹たる想いだった。だけどこれは試練でもあるのだった。先に失点してしまうとなかなか相手を崩せない。柏がサイドを突破できない状況。守備の時間から抜け出せない。そんな今までの課題を克服しないといけないという啓示でもあるのだった。上手くいってる時、結果が出ている時、そういう時はなかなか自らの修正に目が行かないもの。これはもう一段上がる為のステップだとして希望を見いだそうと思うのだった。

2015年8月15日 (土)

鹿島戦~嫌悪と強さの比例

2015/08/12 サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ エディオンスタジアム広島
 その時夜行バスの中にいた。時代に取り残されてるぼくはスマートホンなぞという通信機器は持ってなく中継を観ることはできなかった。が、休憩で御殿場パーキングに降りた時知ってしまった。0ー1で負けてしまった。よりによって一番負けたくない相手に負けた。2013年に抗議により得点を取り消されて以来鹿島には絶対に負けたくないという執念のようなものを感じるようになった。それなのにぼくがその情熱を燃やせば燃やすほどチームは勝たなくなってしまった。ああ、ぼくの闘志はマイナスにしか寄与しないのだろうか。
 そして唯一の失点はCKである。こういう負け方は後味が悪い。松本の反町監督はセットプレーの失点はサンフレッチェが一番少ないと言ってたが本当にそうなんだろうかと疑ってしまった。そんなデータが指し示す程ぼくらは守備に安心感を持ってないのだった。
 実家の山口に着いた後、オンデマンドでいくらでも録画中継を観ることは可能だった。でもそれをしなかったのはやはり負けた結果が分かってみるというのは相当な苦行なのだった。
 5連勝した後だがいつかは負ける。だけどそれが鹿島だったというのが辛い現実だった。そして実を言うと鹿島には負けるかもという予感はあった。不思議なことに嫌えば嫌う程強くなっていくという気がする。果たしてそれは心理的なものなのだろうか。それとも何かしらの相関関係があるのだろうか。でも少なくとも勝てない相手を嫌うのは普通の感情なのかもしれないのだった。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30