無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月26日 (月)

アジアカップ敗退とその後

2015年1月23日 アジアカップ準々決勝 日本vsUAE


 アジアカップは優勝しなくてはいけない。

 そこまで上手くいくとは思ってなかったもののそれは必須命題であった。それでも悪くてベスト4である。それがよりによってベスト8で姿を消すことになってしまった。これには激しい憤りを感じる。何をやってるんだ、ふざけてるんじゃないと。だが哀しいのはそれ以上に世間がこの事実に無反応だったことだった。

 今回の敗戦、意外なほど報道されてないような気がする。もはや伝えるべき価値がないという扱いだ。特に日本のメディアは勝てば大騒ぎするが結果の出ないものに対しては関与しようとしない傾向がある。これはスポーツ報道がエンターテイメントと同率の扱いを受けてる為だろう。つまりスポーツは面白い、楽しいものでなければならない。だから負けてしまった試合など取り扱う訳にいかないのだ。それ故に負ければ忘却される。特に当然勝つと思われた試合で負けてしまった場合それがなかったことかのような扱いを受ける。日本サッカーはせっかくのメディアに露出する機会をみすみすなくしてしまったのだ。

 実はアジアカップで負けた弊害はここの部分が大きいと思う。メディアで取り上げられれば選手の名前も覚えてもらえる機会も増える。ひいてはそれがJリーグに対する宣伝にもなる。そして日本サッカーが盛り上がればそれだけお金も廻る。だがそのチャンスをことごとく潰してしまった。これが最も大きい痛手であった。

 PK戦により敗退が決まった後、ぼくなどはアギーレ監督に憎悪の感情を抱いてしまった。同じ選手ばかり使って結局最後は動けなくなる選手がいる、パスミスを繰り返す選手がいる、皆が皆シュートを枠に入れることができない。これらは疲労とは関係ないのかもしれないが観てるこちら側の感情としてはどうしても受け入れられないものがある。同じ選手ばっかり使ってこうなるのは当たり前だろという感情がある。事実同点ゴールを決めたのは途中出場の柴崎だった。結局この監督も特定の選手しか信頼してなくてそれ以外の選手への希望も期待も持ってないのだろうと勘ぐってしまうのだった。だったら前監督のザッケローニの方がよっぽどマシだった。ザックは面白くないと言ってたものだが事もあろうにアギーレはもっと面白くなかったのだった。少なくともザッケローニはアジアカップ優勝したことを考えると両者のどちらに優劣があるかは一目瞭然だろう。

 このネガティブな感情はアギーレ監督の八百長疑惑にも影響を与えた。大会前はそんなことないだろうと考えてたものだがとっとと有罪になって解任されてしまえと思うのも無理もないだろう。実を言うとアジアカップでの敗戦はアギーレ監督が一番の打撃だったかもしれない。

 正直なところ、あの八百長疑惑に関しては雑誌『フットボール批評』においてメディアが報道する1か月も前に記事になってた。だからテレビで報道された時には何を今更とする思ったものである。逆に言うとそんなに遅れて騒ぎだしたものだからそんな大したことでもないのかなと軽く考えてたとこもあった。だが今や事の真偽はともかく有罪になって構わないという感情が沸いてしまったのは今後この人が日本代表の監督を続けていく上でどうなんだろうと思うのだった。

 でも応援する人の感情なんかどうでもいい。サッカーは勝てればいいんだとサッカー協会は判断するかもしれない。だけど実際に負けてしまって結果も出せなかったひとにこのまま継続してもらう必要があるのだろうか。その辺をうやもやにしたままやり過ごされそうな気配。サッカー協会の人は本当に日本サッカーを盛り上げる気あるんだろうとと思うことがよくあるのだった。

2015年1月19日 (月)

高萩移籍

このたび、サンフレッチェ広島所属の高萩洋次郎選手がウェスタンシドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)への完全移籍が決定いたしましたので、お知らせします。

(サンフレッチェ広島公式HP)


 退団の方向で話が進んでるという記事が中国新聞を始めとして載っていたことで一体発表はいつなんだろうと思っていた。オーストラリアを中心に探してるということだったがその移籍先として想像してたのはやはり対戦したことのあるクラブが思い浮かんだ。そして発表のあったのはその予想通りのクラブなのだった。

 ウェスタン・シドニー。ACL決勝トーナメント第2戦の終了間際の失点によりサンフレッチェは敗退してしまった。第1戦で3点取った時はもう絶対に勝ちぬけたと思ったものの本当に最後の最後にやられてしまった。その失望感の大きさは計り知れずしばらくはACLという名前を聞くのも気が引けた。そしてその後ウェスタン・シドニーが優勝したという報道にサンフレッチェもチャンスがなかった訳ではなかったと思った。それだけに尚更後ろめたい気分になったものである。

 そんなウェスタン・シドニー、オーストラリアのチームらしく前線でフィジカルを生かしたプレーをされるとJリーグのチームは後手に回ることになる。かといってそれ一辺倒だったら守っていけるもののそこで優秀なパサーがいたら話が違ってしまう。そこに眼を点けられたのが高萩ということだろう。

 今にしてみれば移籍の予兆はあった。チームの中心でありながらやたらと早い交代をしてしまうのは不自然であった。最終前の試合でスタメンから外して若手を使ったのもおかしかった。実は結構早い時期から移籍は決まっていたのかもしれない。

 そんな高萩、出て行くには惜しい選手であるが実は割り切りもあるのも事実だった。それはトップ下というポジションながら年間3点や4点といった得点力の低さがどうしてもこの選手の価値を貶めている。ペナルティエリアでボールを受けてそこで打てという場面で何度パスをしてチャンスを潰したことか。それでいて絶対入らないような場所から強引にシュートを打つというちぐはぐさ。一体この選手は何を考えているのだろう。

 だがそんな何を考えてるか分からないとこが魅力なのも確かである。高萩の繰り出すトリッキーなプレーは多くの寿人や石原のゴールを生み出した。相手をあざ笑うかのようなラストパス、そして密集での意表を突くプレーは何度心ときめかしたものだろうか。その異色さはJリーグでは際立ってたのは間違いないだろう。

 シュートを打たない、セットプレーのキックが決まる気がしない、プレーが軽い。様々なヤジを飛ばしてしまったもののいなくなった時その存在の大きさに気付くのだった。そしてもっともヤジを飛ばしてたぼくは昨シーズン買った背番号10のユニフォーム、結局あまり着る機会なかったなと切なさを感じるのだった。

2015年1月 9日 (金)

パク・ヒョンジン期限付き移籍

このたび、サンフレッチェ広島所属のパク・ヒョンジン選手が、栃木SCへ期限付き移籍することが決定いたしましたのでお知らせします。

(サンフレッチェ広島公式HP)


 パク・ヒョンジンのレンタル移籍の発表があった。だがこれもほとんど予想できたものだ。加入2年目の外国人選手、リーグ戦の出場が4試合というのは戦力として考えると厳しい。だけどこの選手がいたからこそ2012年は優勝できた。たった1つのゴールだがそのたった1つのゴールがとてつもない大きな意味を持つのだった。

 あれはアウェイのFC東京戦だった。お互い譲らない状態でスコアレスドローのままアディショナルタイムを迎えた。もはやこのまま引き分けで終わるのもしょうがないと思ったその時、ペナルティエリア前でFKを得る。ボールの前には高萩とヒョンジンが立っていた。認知度の低いヒョンジンは警戒されてなかっただろう。だがそのヒョンジンが蹴った左足のキックはスパッとファーのゴール上に入ったのだった。まさに終了間際のゴール。最後の最後のチャンス。ここで決めたことにより勝ち点3が付いた意味はとてつもなく大きかった。優勝争いは接戦を繰り広げてただけにこのゴールがあったからこそ優勝できたと言っても過言ではない。今でもあのゴールシーンを思い出すと胸が熱くなるのだった。

 そんな精度の高い左足のキックを持ってるヒョンジンであるが致命的だったのは足の遅さだった。左サイドに入るヒョンジンの戻りが遅くて自由にシュートまで打たれたという場面が何度かある。単純にスピードの遅さというより流れを読む力や守備での意識に不足があるのかもしれない。更に言えば韓国人の割にはパワーがない。競り合いなどが起ころうものなら日本人選手にも勝てそうもない気がするのだった。

 左足のキックだけ。本当にそんな気がした。だから左サイドでボールを持っても縦を防がれたらもう手詰まりだった。中に切り込んで右足でシュートを打つなどという選択肢があればもっと生きただろうに。結局1年目より2年目の方が出場機会が減ったというのは相手にその辺の特徴が知られてしまったからではなかろうか。

 それでもあの弧を描いて落ちる左サイドからのクロス。ピンポイントにゴール前に上げたらチャンスは演出できただろう。特に皆川のように体格に優れたFWがいれば尚更だ。それなのに皆川が出るとなぜかサイドからのクロスが上がらなくなる。それがサイドの選手だけの責任とするにはちょっと酷だろう。

 そんな運の悪さもあったのだろうが現状としては出場の可能性は低い。J2で出場機会を得るというのは間違った選択ではない。だが本当に帰って来ることはできるのだろうか。ここ数年、レンタルで出て行って実際に戻ってきた選手がほとんどいないのも事実。それでもあの終了間際のFKの記憶はまだ鮮明に残っているのだった。

2015年1月 8日 (木)

ドゥグラス加入

 このたび、京都サンガF.C.に期限付き移籍しております徳島ヴォルティス選手所属のドウグラス選手が、サンフレッチェ広島に期限付き移籍で加入することが決定いたしましたので、お知らせします。

(サンフレッチェ広島公式HP)


 中国新聞等ではすでに記事になっていたがやっと公式発表があった。ドゥグラス、正直それ程イメージのある人はいないのではないだろうか。徳島でも途中から出ることが多く外国人としては物足りない起用をされていた。それでいて出場すればそれなりの存在感を見せつけるのである。

 まず印象に残ってるのは競り合いのシーンである。アバウトなボールを拾う競り合いなどでは絶対に負けなかった。その身体の強さからこういう選手がいれば心強いだろう。徳島もいい外国人を見付けたものだと思ってたもののいつの間にか京都へレンタル移籍。絶対的な存在とはなっていなかったようだ。

 そういった経緯からどうしてもそれ程大した選手ではないというイメージが付いてしまう。もうちょっと他にいなかったのかなどとも思う。だけど往々にしてサンフレッチェの補強とはそういう類いのものが多いのだった。それはお金の問題が大きいのだろうがぼくらも決して大物の補強を望んでないのだった。むしろ他で戦力外になった選手を上手く活用していくチームスタイルに共感さえしているのだった。

 しかし、これで外国人の補強の意味合いが変わったのは確かだった。ここ3年くらい、即戦力というよりも成長を見込んで韓国人の新人選手を獲得したもののその中でモノになったのはせいぜいファン・ソッコ1人。あとはパク・ヒョンジンがちょっと絡むという程度である。さすがに枠が決められてる外国人でこれは厳しい。そんな方針転換をちょっと垣間見れるのだった。

 正直地味な補強である。だがその地味な補強はここ数年とてつもない効果を生み出した。果たして今回の補強はどんな味付けをもたらすのだろう。開幕までせいぜい想像を膨らませていきたいのだった。

2015年1月 7日 (水)

ファン・ソッコ移籍

 このたび、サンフレッチェ広島所属のファンソッコ選手が、鹿島アントラーズに完全移籍することが決定いたしましたので、お知らせします。

(サンフレッチェ広島公式HP)

 ファン・ソッコの移籍が決まった。その身体能力とパワーとシュート力は惜しい気もするもののすでにシーズン終わる前には予想してたことだった。本来のポジションであるとされるディフェンスにはまずチームにおいて外せない3人の選手がいる。それによりサイドでの起用もあったもののどうも手詰まりになる場面が多く柏や山岸といった選手よりも優先して使うという選択には至らない。それでいてユーティリティ性があるのでベンチに置いとくには都合がいい。だけどベンチに座ってて満足するサッカー選手はいないはずだ。もはやスタメンでの目途がないとなると別の道を探すのは当然のこと。今回の移籍はソッコに能力があるが為に決まってしまったと言えるかもしれない。

 勿体ないとは思う。ソッコの意表を突いた遠目からのシュートは枠に入ればGKはまず反応すらできない。サイドからのクロスもとてもいいものを上げてくる。そして押し込まれてる場面ではその身体能力の高さに心強さを感じたものだ。もっと活用することできなかっただろうかとも思う。

 しかし、ソッコにも問題があったのも事実である。特にACLで試合が立て込んだ時期、怪我人が出た時、そういう時決まってソッコは怪我をしてるのである。レギュラーに匹敵する実力を持ちながらここぞという時にいないのだ。ソッコがいるから大丈夫、そう思った矢先に失望したことが何度あっただろうか。だから満足な出場機会が得られなかったのは本人にも原因があったというのは否定できないのだった。

 あとソッコにおいて目に付くのが思い切りの悪さだった。あれだけのシュート力を持っていながらバイタルエリアで迷ってしまうのである。スタンドでぼくたちが「撃て!」と叫んだ瞬間次のプレーを探してしまうのだ。その結果相手の守備は整ってしまい攻撃が終わってしまうという場面を何度見ただろう。それでいてサイドにいる時は前に張り続けてるせいで攻撃が行き詰ってしまう。何となく唯我独尊と優柔不断どちらも持ち合わせていてそのボタンを掛け違えてるようにも思えるのだった。そこが出場機会に恵まれなかった理由でもあるのだろう。もしくは出場機会さえあればその切り替えはもっと上手くできたのかもしれないのだった。

 そう考えると機能した時のソッコは相当の脅威である。サンフレッチェでは中途半端に終わった印象だが移籍先で覚醒してしまったら厄介だ。

 今度鹿島と対戦する時、果たしてソッコはピッチにいるのだろうか。だとしたら嫌な選手であることに間違いはないのだった。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31