無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月23日 (日)

甲府戦~叩きのめされた敗戦

2014/11/22 ヴァンフォーレ甲府vsサンフレッチェ広島 山梨中銀スタジアム

 陽光というような眩しいとさえ言える日差し。そのお陰で季節的に冬と言っていいにも関わらず少し歩くと体温は上昇していく。サッカーをやるにはちょうどいいコンディションではなかろうか。それ故にチーム力がそのまま結果として反映されるだろう、そんな気がしていていた。
 残留争いの渦中にある甲府はそれを後押ししようとするサポーターがたくさん入っていた。だがアウェイ側のサンフレッチェの応援エリアも人で埋まってる。かつてこのスタジアムでこれほどアウェイ席が埋まった記憶はないのだった。
 それに勢いを受けたのだろうか、立ち上がりからサンフレッチェは攻めまくる。巧みに相手をかわしゴール前へボールが来る。石原はペナルティエリアでボールを受ける。打て、と叫んだ瞬間には相手にクリアされてしまった。その後もCKのルーズボールを打った塩谷のシュートはバーに弾き飛ばされてしまった。だがそんな好機の連続にこの試合は楽に勝てるという気がしてきたのだった。
 そして極めつけは柏の右サイドからの横パスへ後方から駆け上がったカズはドリブルに入ろうとするとこれを倒されてしまった。PK、もうこの勢いは止まることを知らないようだった。
 キッカーは寿人。ちょっと嫌な予感がしたが大丈夫だろうと思っていたら外した。GKに反応されたというのもあるがそもそも枠に入れることができなかった。失敗、PK失敗。事もあろうに寿人はリーグ戦、2試合連続でのPK失敗だった。
 そしてこのPK失敗は甲府に活気をもたらせた。いつの間にか甲府の攻撃の時間が増えていく。サンフレッチェはボールの取りどころがつかめずドタバタと守勢に追われる。そしてドリブルに入られるとたまらず水本が足を引っかけてしまった。やってしまった。その倒した場所は事もあろうにペナルティエリアの中だった。
 PK。今度は甲府にPKが与えられた。林、何とか止めてくれと願うも甲府のキッカーはこれをいともたやすく決めてしまった。慎重に蹴って決めなかった寿人、事もなく決めた甲府の選手、その両者のPKの違いでスコアは甲府のリードとなってしまったのだった。
 いつ点が入ってもおかしくない展開をしてただけにこの失点は事故にでも遭ったような感覚だった。だがすぐに追いつける、そんなことを思ってたのものの一向に甲府の陣内へ入れない。どこをどうやってもピッチの3分の1より前にボールを運べないのである。シュートが打てないどころかクロスさえも上げられない。ああ、こうやってゴール前を固められると本当にサンフレッチェは何もできない。
 そんなサンフレッチェの攻め倦ねにボールを奪った甲府はカウンターを一気に仕掛ける。ゴール前1対1。そしてこれも最後の切り返しであっさり負けてしまいゴールを決められてしまった。ああ、何てひ弱な。それはまるで相手のシュート練習に付き合ってるのかとさえ思える軽さなのだった。
 2点差。点の入らないチームにとってもはやこれは天文学的差だった。時間が押し迫るともはや勝利は諦めたもののせめて1点くらいは返したい。だが交代で入った皆川などは尚更攻撃に停滞感を生みちっとも点が取れる気配がない。かつて見られたボールの収まりの良さもすっかりなくなってしまい凡庸な選手にしか見えなくなってしまった。そしてサイドに入った浅野も特にチャンスを創ることなく終わってしまった。終了のホイッスル、それは敗戦の合図と共に惨めさを噛みしめる瞬間でもあった。
 どうしてこの展開で負けるのか。それは間違いなくPKを決めたか決めれなかったかの差であるのは確かだった。そして決める時に決めれなかったというのも間違いない。一体どうやったらゴールが決められるのだろう。まるでとても険しい断崖絶壁に上ろうとするような感覚を覚えた。
 失点は簡単なのに得点はできない。もはや今シーズンタイトルも降格もないのに絶望に打ちひしがれる敗戦なのだった。

2014年11月 9日 (日)

ナビスコカップ~寒空に沈んだ決勝

2014/11/08 ナビスコカップ決勝 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪 埼玉スタジアム2002

 よりによって仕事が入りスタジアムに行けなかった。それで子供の話を聞いて記事にすることにした。

 何か寒い。ナビスコカップ決勝を迎えた日、そんなことを思った。だが11月ということを考えるとむしろこれが当たり前の気温なのかもしれない。でもスタジアムでの観戦はきっと寒いだろうというのは想像できた。
 カップ戦の決勝。こういう舞台でサンフレッチェは本当に勝てないのである。過去天皇杯5回、ナビスコカップ1回、計6回も準優勝で終わってる。シルバーコレクター、そのせいで決勝という舞台にどうもいい印象がないのだ。しかもナビスコカップに関してはまさに終了数分前というとこで同点ドールを決められ結果負けてしまったという苦い記憶がある。決勝という舞台には魔物でも住んでるのかもしれない。
 そんな縁起の悪さのせいか、スタンドは閑散としていた。これが決勝かよという寂しさがスタジアムに漂う。が、それは時間と共に密度を増していき溢れんばかりの観衆が入ることになる。気温は低いが会場のボルテージは必然、熱いものとなっていった。
 そんな雰囲気に後押しされてか、サンフレッチェは小気味よいパス回しで攻撃を組み立てる。そして右サイドの林に入るとドリブルでのチャレンジを繰り返すと得点への雰囲気が出てくる。そしてペナルティアリアで石原が受けた時、相手のハンドの判定がありPKを得る。先制点のチャンス。キッカーは寿人だった。
 寿人ってこの前PK外したんだよな。
 そんな暗雲が立ちこめる。恐らくそれは本人も意識しただろう。もし今回も入らなかったら、そんな重圧に押しつぶされそうになりながらも蹴った。グラウンダーのシュート。GKの横っ飛びは読みが当たってる。が、ボールの勢いが勝りゴールを決めることができた。
 先制点。まだ試合は始まったばかりだがさい先の良いスタートである。だがこれで気をよくしているとまた逆転されてしまう。まだまだ安心はできないと思っていたその時だった。ゴール前でシュートを打つとGKに弾かされしまった。だがそのセカンドボールを詰めて追加点が入った。決めたのはまたしても寿人だった。
 寿人、寿人、寿人!この重要な試合で2ゴールも決めてしまった。頼れるべきエース、そんな想いも重なって歓喜が爆発するのだった。
 イケル、もしかしたら今回はイケルかもしれない。この勢いを続ければこのまま優位に進めることができるぞ。もっと行け、もっと攻めろ。そんなヴォルテージの高さを醸し出すのだった。
 しかし、それも遠藤のピンポイントのクロスに水を差されてしまう。ゴール前に入れられたアーリークロスにいとも簡単にヘディングを決められ1点返されてしまうのだった。ああ、本当にこういう攻撃に弱いな。ACLでも同じような攻撃にやられた。結局あの時反省はちっとも生かされてないのだった。
 そしてその失点の勢いはとどまらず、後半に入り更に2点目、3点目と失点を重ねていき気づいたら追う立場になっていたのだ。こうなると相手は守備を固めればいいだけなのだから楽である。分厚く張った守備を崩すのはサンフレッチェの最も苦手とすることだった。何とか状況を打開しようと浩司を入れるも戦況は変わらず、皆川を入れると余計悪くなるという始末だった。
 結局そのまま試合は終わってしまった。優勝まであと少し、先制したのに逆転されるという展開は前に決勝に進んだ時と一緒である。そして天皇杯を含め決勝戦という舞台では決して勝てないというのも一緒だった。まさに歴史は繰り返されるである。そのジンクスを忠実に守ってくれたのだった。
 2点取っても逆転される。3点取ったら5点入れられたことすらある。一体サンフレッチェは何点取れば勝つことができるのだろう。激高してた感情はすっかり冷めてしまい秋の寒さは尚のこと身体に染み込むのだった。
 これで今シーズンのタイトルはなくなった。それに空しさを感じつつもでもつい数年前までそんなことすら言うことができなかった。もしかしたらそれだけでも十分満たされてるのだろうかと多くの観客で埋まった埼玉スタジアムのスタンドを眺めるのだった。

2014年11月 3日 (月)

大宮戦~悔いの残る引き分け

2014/11/02 サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ エディオンスタジアム広島

 何でもないパスミスがあった時、何かがおかしいとは思った。プレッシャーもないのに敵に渡すようなイージーなパスを送ったのは塩谷だった。たった1回のプレーだったがそれで守備に戻らないといけない状態になったのはもしかしたらその後の失態を予期してたのかもしれない。
 前からプレッシャーに来る大宮相手を巧みにかわして後ろからビルドアップするサンフレッチェはいつもと同じやり方をやってるだけだった。詰まったら最終ラインからGKの林にバックパスを送る。だけど塩谷は普通に前を向けそうな場面でわざわざ後ろへパスを出した。すると真ん中に立っていた林が対応できないルートでボールが転がりそのままゴールに入ってしまった。
 オウンゴール。自殺点。やってしまった。やっちゃいけない場面でやってしまった。残留争いをしている大宮にしてみれば幸運以外の何物でもない。労せずして先制することができたのだ。そして大宮はもはや守備をがっちり固めればいいのである。それは大宮にとって得意な形と言えよう。
 そしてその後はほとんどの時間でサンフレッチェがボールを持っているが崩せない。サイドを突こうと縦を突こうとゴール前にへばりついてる大宮の壁は城壁のようだ。まるでコンクリートの壁を手ハンマで壊そうとするかのようにそれは気の遠くなるような作業に思えた。
 あと一歩、あと一歩までは行く。何度となく訪れるシュートにペナルティエリアで寿人は合わせる。だけどどうしても枠に入らない。入らない、入らない。どうやっても入れることができないのだった。
 ゴールは近づいている。まさにゴールラインを割る1メートル前まで来るというのにその最後の詰めが決まらない。サンフレッチェはこうして守った相手を畳みかける力強さがない。閉じこもってるものをこじ開ける強引さがない。一体これでどうやって点を取ればいいのだろうか。
 残すはサイドの山岸と柏の突破からのクロスに賭けるしかない。再三柏も左サイドから仕掛けるがことごとく点に結びつかない。ああ、やっぱりこのまま無得点で終わってしまうのかと負けも覚悟したその時だった。柏のクロスは中央の密集を抜けファーサイドに。するとそこで待ちかまえていた山岸はヘディングを叩き込む。当たり損ねにみえたそのヘディングシュートは上手くGKの手をかすめてゴールに入ったのだった。
 同点。決まった。やっと決まった。このゴールが割れない状況で決めるとしても山岸が決めるとは思わなかった。そんな意外性に狂喜乱舞するのだった。
 すでに守備的堅めに入っていた大宮にとってこれは痛手だったろう。前に出てくるならまたチャンスが巡ってくる。勝ち越し点を決めるチャンスだ。トップも寿人に代わって皆川が入りよりパワーを使って強引に攻める気なんだと期待した。が、この皆川がちっとも存在感を示さないのだった。
 身体が大きく当たり負けしない皆川はゴール前の密集でもモノともせずシュートまで行く、もしくはサイドからのクロスも簡単に競り勝てる、そんな寿人とは違った特徴があるからこそこの交代が有効なのだが困ったことにちっと有利に働かない。特に皆川が入ると両サイドからクロスが上がらなくなるのはミステリーだ。。かつて日本代表にまで呼ばれた皆川はすっかり影が薄くなってしまった。
 そして1対1のまま試合が終わった。勿体ない失点だった。だけどあの失点がなければ大宮も貝のように閉じこもることもなかった。攻撃を放棄してまで守ってくれたからこそ引き分けに持ち込むことができたのかもしれない。
 それにしても、あそこまで攻めてて点が取れないとは。攻めてる時に点を取る。それがとてつもなく難しく感じるのはどういうことなんだろうか。そんな逆説めいたものに頭を悩ましてしまうのだった。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31