無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月27日 (月)

清水戦~続いた寿人の2桁得点記録

2014年10月26日 清水エスパルスvsサンフレッチェ広島 IAIスタジアム日本平


 日本平は雨が降っていた。ただでさえ行きにくい場所であるがこの天候の不順は尚更客足を遠のさせたかもしれないがそれは何も天候のせいだけではなかった。日曜のナイトゲーム、翌日が平日ということを考えればアウェイサポーターにとって日程的には厳しいものがあるのだった。

 それでも2階席には雨に打たれつつも応援する人の姿がある。今やアウェイでも結構人が集まるようになったサンフレッチェだが静岡近辺は空白地とでもいうのか、どうしても人が集まらないのだった。

 そしていつしか激しかった雨はいつしか止んでいた。ピッチを走るボールは水しぶきを上げることもなくごく普通のコンディションで臨むことができた。でも試合は普通に進めることができなかった。

 落ち着いて、後ろでパスを回して隙を伺うというのはいつもと同じ戦法であったがそのパス回しの時点で奪われてしまう。激しい寄せ、果敢なプレスに途端にボールは行き場を失い相手に渡ってしまう。特に高萩の代わりに出場した野津田はほとんど敵に奪われてしまう。お陰で清水の攻撃が終わらない。攻めて攻めて攻められる。そして放たれたシュートが枠を外す度にホッと肩を撫で下ろすのだった。

 こうなってくると累積警告で出場停止の高萩の存在の大きさが分かってしまう。普段散々こき下ろしてる癖にだ。少なくともボールの収まり所ができる。そして最後のラストパスを送る選手がいない。このままシュートも打てずに終わってしまうのではと思った。

 その時だった。最後尾の塩谷からロングキックが出た。DFの後ろに抜け出した寿人。ゴール前。絶好のパス。だがトラップした時点でGKに詰められてしまう。一発を狙ったパスだが可能性は低いと思ったそのボールを寿人はダイレクトで中央へ送った。すると駆け込んだ石原によりゴールに叩き込まれたのだった。

「ヒサトーッ!」

 叫んでしまいそうになった。決めたのは石原である。それでも寿人の折り返しでほとんど決まったようなものだった。それなのに得点者が寿人にならないのに理不尽さを憶えた。寿人もあと1点で11年連続2桁ゴールの記録を伸ばせるというのに。寿人、寿人のゴールが見たい。まだ勝負の行方さえ分からないのにこんなことを考えてしまった。

 だがFWはシュートを打つだけが仕事ではない。寿人によってそれを教えられた。左サイドの前線で相手との競り合いになる。倒れてしまってもおかしくはない場面で寿人は踏ん張った。そしてボールを奪うと山岸に渡すとクロスが放たれるとまたしてもゴール前には石原がいた。DFと競りながらも驚異的なジャンプ力でヘディングを決めたのだった。

 追加点である。これも寿人によってもたらされたようなものだ。試合としてもぐっとやりやすくなった。チームがスコアを重ねるのは嬉しいもののこれこそ寿人の得点にしてやりたかった。記録として寿人の名前が出ることはない。そこにもどかしさを感じるくらい寿人の貢献度の高さは称賛に価した。

 こうなってくると清水も混乱したのか序盤のようなプレスが効かなくなってきて自由にパスが回せるようになった。特に両サイドの高い位置に簡単にロングボールが渡る。右の柏もドリブルで駆け上がる展開が増えてくる。そしてバイタルエリアへ切り込むとシュートを放つ。強い弾道、枠に行ってる。だがGKが身体を投げ出してボールは逸れるとスライディングでそのボールを押し込んだ選手がいた。寿人、寿人だった。

 11年連続2桁得点。3点目が取れたという以上にその意味合いが大きかった。一時期試合にも出場できなかた寿人。もうその記録もここで途絶えるのだろうと諦めていたが見事に決めた。そしてそれはここまで石原のゴールを演出してきたご褒美のようにも思えるのだった。

 3点差。もう余裕が出てきた。役目の終えた寿人は浅野と交代する。ピッチを去る寿人に最大の賛辞を送りたい気分だった。そしてまだ点が取れるムードがある。こういう時に取っていきたい。

 すると浅野は最前線で巧みに相手をかわすとゴールに向けて突進していく。GKとの1対1。決まったーっと声を上げそうになったらGKにぶち当ててしまった。そしてその後もゴール前でのシュートをGKに防がれてしまう。決まらない。どうして浅野はいつもシュートを決めることができないんだろう。足も速い、テクニックもある。寿人に比べ身体能力では勝ってるはずなのに最後が決まらないのはどうしてなんだろう。

 その後追加点を取ることもなく逆に高木にミドルシュートを決められる。この選手はいつもサンフレッチェの試合でゴールを決めるという厄介な選手だ。だがそのまま1-3で試合を終えることができたのだった。

 高萩が出れない、代わりの野津田は効いてない。それなのに勝つことができた。その得点は間違いなく寿人の貢献だった。やっぱり寿人はエースであった。そんな確信にまたこの勝利の味わいがぐっと染みこんでくるのだった。

2014年10月23日 (木)

FC東京戦~決める差、スコアの差

2014年10月22日 FC東京vsサンフレッチェ広島 味の素スタジアム


 水曜と土曜に限って雨が降ると思うのは気のせいだろうか。朝からの雨はナイトゲームへの向けて気温をどんどん奪っていく。ただ味の素スタジアムは屋根が付いてることだけが救いである。それだけでも現地へ行くモチベーションが大いに変わるのだった。

 とはいえ都合よく都内の事務所での仕事。帰りに寄るには調度いい。限りある関東での試合は夜遅くなろうと翌日のことを考えずスタジアムへ向かうのだった。

 都内から地下鉄で新宿に出て京王線に乗る。まさにそれは帰宅ラッシュに巻き込まれることを意味し身動きもできない程の電車は薄着をしてても暑かった。お陰で飛田給駅で降りた時には空気が爽快に感じた。スーッとする涼しさが心地いい。

 そして雨の中を歩いてスタジアムにたどり着くとちょうど選手が入場してきたタイミングだった。ゴール裏の中央では声援の塊が押し出される。その迫力は屋根が付いてる反響が大きいのだろう。だが少なくともそんな応援の盛り上がりは今日はチームを勝利に導けるかもしれないという気にさせてもらえるのだった。

 そんな雰囲気に押されたのかサンフレッチェは上手くボールを絡め取り効率のよい攻めができる。守備も最後の最後はやらせない。身体を張った実に気力に満ちたものだった。いける、今日はいける。攻撃は勢いを強める。前線に上がる。だけどシュートが打てない。それなのに対して攻められてる気がしないのに相手にはシュートまで持って行かれる。一体この違いは何なんだろう。

 そして右サイドでボールを持たれた時、守備でついてる清水は身体を寄せるでもなくドリブルを警戒して距離を取ってた。その時点でまずいなと思った。すると余裕を持ってクロスを上げられDFの隙間に飛び込んだ渡辺に綺麗に綺麗に決められてしまった。そのあまりもの呆気なさにあれがどうして防ぐことができないんだとため息をつくのだった。

 しかし、応援席のコールは余計に熱を帯び引き分けへの情熱を醸し出す。ここで下を向いてはいけないと気を取り直すと今度はペナルティエリアで石原が倒されてしまった。PK、PKの判定だ。早々に同点にするチャンス。キッカーとして歩み出たのは寿人だった。

 入念にプレー前に水を飲む。そしてボールをセットするとゴールの右を見てるようだった。そして放たれたキック、それは視線とは違う左だったがそれをGK権田は読んでいた。見事な横跳びで弾いてしまったのだった。

 ああ、決めれなかった。このPK失敗の落胆は大きかった。やっぱり寿人はゴールできなくなってる。そんな感覚を与えてしまった。そういう意味で他の選手が蹴って入らなかったショックよりもよっぽど大きいのだった。

 せめて石原が自分で蹴っていれば。水本が蹴っていれば。そんな後悔の感情は時間を追うに従って余計強くなってくるのだった。PKの失敗など誰にでもあることではありながら寿人にとってそれはあまりにも時期が悪かった。もはやPKさえも決めることができなくなったという先入観を植え付けてしまったのだった。

 点が取れない、点が取れない。エースであるはずの寿人はもうゴールを期待することはできない。だとしたらやっぱり両サイドの選手になるのだろうかと思ってた時、左からクロスが上がった。そして中の混戦でボールは軌道を変える。そして最後はファーへ。そこに飛び込んだ選手がいた。ボールはゴールに叩き込まれ同点にすることができたのだった。決めたのは寿人、寿人だった。

 寿人のチャントが鳴り響く。そしてぼくもそれに声を合わせる。さっきまでの呪いの感情などはどこかに吹き飛び崇拝と尊敬のの心情が沸きあがる。やはり寿人、決めるのは寿人なのだった。

  そしてこのゴールで息を吹き返したサンフレッチェは攻める。塩谷が上がってシュートを打つ。石原がGKと1対1になった場面では決まったと立ち上がる準備さえした。それなのにそこまで外すかよと言いたくなるようなゴールからは遠い遠い場所へシュートを打ってしまうのだった。ああ、決めきれない。決めきれない、決めきれない、決めきれないのだった。そして寿人と交代して高さのある皆川が登場するのだった。

 ところがこの皆川、かつてはそこに当てれば必ずキープしてた収まりの良さはどこかへ消えてしまった。日本代表にまで選出されたその高さはちっとも生かされることがない。不思議なことに皆川が入るとサイドからのクロスがめっきりなくなってしまう。そうこうしてる内にセットプレーから失点してしまったのだった。

 決めたのは武藤だった。皆川と同時に日本代表にサプライズ選出された選手。だが向こうは着々と実績を重ね代表にも定着していった。対する皆川は段々と影が薄くなり結局代表にも呼ばれなくなってしまった。その両者の立ち位置がそのままスコアにも反映されたかのようだった。

 それでも追い付きたい。追いつきたいサンフレッチェは相手陣地内でボールを回す。右に左に相手へ捕えどころを与えない。クリアされたかと思うとそのセカンドボールも拾い攻撃の時間は続く。それは技量としては素晴らしかった。芸術的とも言えた。だが最後のシュートを打つという目的が果たせないのだ。攻めてるようでいてただペナルティエリアの周りをぐるぐる回ってるだけ。そして時間は無情にも過ぎ去っていくのだった。

 どんなに手数を掛けてもシュートすら打てない。その反面相手は実に効率よく点を取る。PKを外した寿人とセットプレーで点を決める武藤。結局はその差が2-1というスコアでこの試合を終わらせた。何か勝てそうな雰囲気だったのになと思うのだった。

 身体は寒さで打ち震えた。2時間近くの野外での観戦は体温を奪っていき雨の天候らしい気温を感じるのだった。

「厳しいなあ・・・・」

 隣りで仲間がつぶやく。

 そう、厳しい。厳しいがいつもこのスタジアムでは奇跡が起きて勝てていた。そして今回はその奇跡が起きなかった。果たして今度奇跡が起きるのはいつなんだろう。

2014年10月19日 (日)

名古屋戦~久しかった寿人のゴール

2014/10/18 サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス エディオンスタジアム広島

 CK。クリアしたと思えばまたCK。そしてまたクリアしてもCK。更にシュートを防いでもCK。何でこんなにCKが続いてしまうんだ。そしてこの危機を凌いだ後も攻められ続ける。それもそのはず、せっかく攻めてもこれから崩すぞという時に高萩がボールを奪われてカウンターを受けてしまう。そしてワントップの寿人は相変わらずボールが収まらない。そして山岸、柏の両サイドはちっとも突破をすることができない。攻め手がない。前半を終えた時失点をしないで終わったというのは幸運だった。
 せめてシュートを打ちたい。後半になるとパスは回り出した。だけど左サイドの山岸に入るとこの日はことごとく押さえられてるだけに期待はしてなかった。だがここで山岸は単純にクロスを放ってしまった。当然GKは弾いてしまう。だが混戦となったゴール前でそのボールを高萩がシュート、入らない。またシュート、入らない。そして跳ね返ったボールはフリーの石原に。ダイレクトで放ったシュートはゴールに入ったのだった。
 ボールがピンポン球のように行き交い、もしかしてオフサイドではとさえ思ってしまった。押し込んで押し込んで押し込んで最後は入ったというゴールだった。だがこれでサンフレッチェは息を吹き返したのだった。
 今度は右サイドの柏が2人の選手がつきながらも中へ切り込むと高萩にパス。するとポーンとDFの裏へ入れたボールはとても適当なキックのように感じた。が、ここに飛び出した寿人はヘディングで流し込む。ボールの行方は、ゴールの中だった。
 オフサイドはない。寿人のゴール。そして高萩のアシスト。寿人のゴールっていつ以来だったろうか。そして高萩のアシストも久しぶりのような気がする。ああ、これぞサンフレッチェのゴール。何でもいいから点が欲しいと思ってたのが正直なとこだがそれでもこういうゴールが生まれると恍惚とした気分になる。寿人のゴール、それは得点を入れたという以上の意味があるのだった。
 こうなるとサンフレッチェは勢いを持った。点を取らないといけない名古屋のプレスをかいくぐるとまたボールは前に行く。その結果ペナルティエリアでの混戦という場面を迎えると石原が足を上げたダニルソンへ頭を蹴られた。
「ファールだろ」
 思わず叫んでしまったが主審は笛を吹きPKを宣告した。そしてこの日2枚目のカードとなるダニルソンはこのプレーで退場した。これにより名古屋は1人少なくなった。更にPKのチャンス。圧倒的有利な条件である。
 だがそれもPKを決めてこそ。誰が蹴るのかと思ったらDFの水本だ。水本のPK蹴るシーンなんて見たことないから大丈夫かと不安になった。そこはディフェンダーらしくパワーシュートを蹴るのだろうと思いきやコースを狙ったここしかないというキックを軽々と決めたのだった。
 3点目。これはもう勝ちを意識していいだろう。もはや攻める必要のないサンフレッチェは後ろでボールを回しても何の支障もない。だけど点を取らないといけない名古屋は執拗にそれを追いかける。すると前の選手が空く。それによってまた攻撃と移ることができ石原がペナルティエリアでボールを受けることができる。シュート打てるぞ、と思いきや切り返しをするとそれを闘莉王が足を引っかけてしまったのだった。
 PK。2度目のPKだ。今度は自らペナルティスポットに立った石原、冷静に、実に呆気なく決めてしまった。これで4点目もう勝利は確信下瞬間だった。
 もはや相手に攻め込む隙はなかった。追加点も取れそうだった。それなのに交代で入った浩司は2度のシュートチャンスを決めきることができず皆川に至ってはシュートすら打てなかった。もどかしくもどかしく思いながらまだ試合が終わらないことを願うのだった。
 そして結局4点のまま終了。大量得点のはずだがそれ程大量という気もしないのだった。何て贅沢な感情なんだろう。だけどもはや優勝の可能性もなくなって勝利というものに対してどこにモチベーションを持って行けばいいか難しくなってしまった。それでも高揚感があるのは寿人のゴールがあったからだろう。さんざん批判してた癖にやっぱりゴールを決めると盛り上がる。果たして今シーズン我らがエースはあと何点取ることができるのだろうか。

2014年10月14日 (火)

ナビスコカップ柏戦~決勝進出

2014/10/12 ナビスコカップ準決勝 柏レイソルvsサンフレッチェ広島 柏サッカースタジアム

 立ち上がりは優勢に進めてるような気がした。捕えどころのないボールの動きに点を入れなきゃいけない柏はファール覚悟でプレッシャーを掛けてきた。その証拠に柏のファールにはカードが頻発した。それによって柏も強く奪いに行けなくなるのではという期待をしてたものの戦況は逆に動き、いつしか柏の一方的な展開になるのだった。

 もはやピッチの半分でばかり試合が行われるようになりサンフレッチェは防戦一方だ。いくら守りきればいいと言ってもこれはキツイ。防いでも防いでもセカンドボールは相手に渡りそれにより2次攻撃、3次攻撃とつながるのだった。サンフレッチェはまるで水の中を潜ってるようなものだった。息を止めてもがいてるようなものだった。ラインを割ってやっと一息つけるもプレーが始まるとまた水の中に潜るようなものだった。

「これだけ攻められ続けると耐えきれない」

 そんなつぶやきをしてた時だった。人数を掛けクリアするもそのボールを拾われゴール前にクロス。そこに飛び込んだレアンドロに正に頭に当てるだけという安易さで決められてしまった。あれだけ人数を掛けて守ってもあんな簡単に決められるのかと愕然としてしまうのだった。

 とはいえまだあと1点勝ち越してるだけに気分に余裕はあった。そのせいか柏に入った攻撃へのギアを跳ね返すことができなくなってしまった。苦しい、きつい、辛い、もはやボールをつなげるどころか前にクリアするのが精一杯なのだった。

 何とかボールをつなげたい。そんな時GK林までボールが戻ると林はつなげようとパスを出すといとも簡単にカッとされそのままゴールに向かわれてしまう。果敢に飛び出す林。だがあっさりかわされ2点目を決められてしまったのだった。

 やられた。やられた、やられた、やられた。あれは絶対にクリアしないと。林は時々ああいう判断ミスをしてしまう。そんな失望の会話がされたが応援席は更なる声が起こるのだった。それにより、すっかり意気消沈したぼくはまだめげてはいけないんだと気を強く持とうと努めるのだった。

 ところが前にボールが出ても寿人のところで全て奪われてしまう状況に変わりはなく結局皆川に交代するのだった。少なくとも皆川はボールが収まる。そんな判断だろうが確かにその後戦況が変わったのだった。

 皆川が前で踏ん張ることで押し上げの時間ができる。するとサイドの柏も上がることができる。柏が高い位置でボールを受けるとドリブルで勝負することができる。すると前線にクロスが上がると巨体の皆川のシュートへの可能性が高まる。そしてそんな場面が実際に訪れる毎にゴール裏は一層熱気を帯びてくるのだった。もう少し、もう少しのところまできている。そしてまたしても柏からのクロスに合わそうとした皆川。だがDFに潰されてしまうとその先に石原が潜んでいた。

打てる。

それはゴール裏からハッキリと見える瞬間だった。そして次の瞬間にはボールがネットを揺らす光景があった。

決まった。うおおおおっと飛び跳ねるように爆発させた。耐えて耐えて耐えてそれでも入れた1点。相手に更に2点入れなきゃいけない状況に持って行ったそのゴールはとてつもなく大きかった。勝ち抜ける、勝ち抜ける。勝ち抜けることができるぞ。

ゴール裏は声援を一層強める。時間は経過していく。まだまだ行けるぞ。そう思ってたところで柏が負傷退場してしまった。更にはミキッチまで負傷。交代を全て使ったサンフレッチェは1人少なく残り時間を過ごさなければいけなかった。

アディショネルタイム6分。長い。もうクリアするのが精一杯だ。この時間になると空気を読んだのか明らかに主審の笛は柏寄りとなりちょっとした接触プレーには全てサンフレッチェのファールを取られるようになってきた。耐えろ、耐えろ。もはやそれしかできないようになってしまった。

そしてとうとう訪れた終了の笛。だがこの瞬間選手はうずくまってしまい終わったことが認識できなかった。もはや歓喜に沸く以上に疲労困憊してたのだろう。よく耐えた、よく耐えたよ。そしてサンフレッチェの2度目のナビスコカップ決勝進出が決まったのだった。少しの時間差はあったもののそれを認識したぼくらは飛び上がって喜びを見せた。

 その後柏駅まで雑踏の中を歩くもその人ごみさえ心地良かった。

「今になってみれば浅野がシュート外したのも盛り上がる要素になったね」

 ぼくらはそんなことを話していた。そして決勝の後の祝勝会はどこでやるなどともう気の早い話が始まるのだった。

 そんなことを言ってるとまた終了数分前に失点してしまったりという失態になりなねない。だけどこの日ばかりはこのいい気分に浸っていたいのだった。

 

2014年10月13日 (月)

ナビスコカップ柏戦~決勝を目指す舞台

2014/10/12 ナビスコカップ準決勝 柏レイソルvsサンフレッチェ広島 柏サッカースタジアム

 

 台風が近付きつつある予報のお陰でまたしても嵐に見舞われるのかと覚悟してたものの当初の見立てより遅れたことが幸いし実に快晴の中スタジアムを訪れることができた。寒くもなく暑くもない、そんな快適な気温は電車でも快眠に誘われ危うく柏駅を通り過ぎるとこだった。

 柏駅前の広場は休日らしく多くの人でにぎわってた。通りの歩行者天国ではバザーをやってて覗くと偶然にもサッカー関連の古本があり手に取ると店主に声を掛けられた。

「広島から来たんですか?」

「いえ、千葉なんですけど。昔広島に住んでたもので」

 紫のレプリカシャツは話の突端としてそういう話題を触れられることが多いのだった。

 その後スタジアムへ向けて歩くと先週に比べ観戦者は多いのはその時点でわかった。大雨の中の試合はリーグ戦であっても観戦者の足を遠のかせた。それとこの試合ではサンフレッチェが第1戦を2-0で勝ってるという圧倒的に有利な条件が盛り上げる要素となった。柏もホームで何とか巻き返そうなスコアだしサンフレッチェは逃げ切ればいい。そんな両者にとって盛り上がる要素が十分あったのだった。

 スタジアムに到着した時、すでにビジター自由席は一杯だった。前もって場所を確保してくれた仲間に合流して無事観戦する場所を確保できるのだった。その中には今回は来れないと言ってた仲間もいた。でも決勝進出が見えてきたのでどうにか都合をつけて駆けつけたということだった。

 応援はすでにアップの時間から熱を帯びている。立ち見の自由席はある意味応援するにも声が出しやすい。

「1点取れば決まるんだけどなあ。浅野が前の試合キーパーとの1対1決めてたらな。もしこれで逆転されるようなことがあれば浅野戦犯になるな」

「そうだね、2点差っていうのはわからないからな。守ろうと思って守れるチームじゃないからな。やっぱり点取りに行って欲しいよ。でも点の取れないチームだからな」

 そう、点が取れない。かといって守り切れるチームじゃない。ということでやはり取りにいかなければならない。1点取れればそれで決まってしまうのだが。1点取れれば、1点取れれば。そんな不安を抱えながらも熱気を帯びた応援はやはり決勝進出はいけるという確信めいたものをぼくに与えたのだった。

2014年10月10日 (金)

ナビスコカップ柏戦~まず第1戦勝利

2014年10月9日 ナビスコカップ準決勝 サンフレッチェ広島vs柏レイソル エディオンスタジアム広島

 柏との3連戦中の2戦目である。1戦目は嵐の中での試合だった為全く違う様相を呈するだろう。ただ困ったことにサンフレッチェは代表関係でDFの選手を3人も抜かれてしまった。チームから代表選手が出るのは嬉しいが何で揃いも揃ってDFの選手になるんだろう。しかもそういう緊急時にDFに入ると思われたカズさえも負傷してしまった。一体誰がDFで出るのか予想もつかないのだった。

 そして今回の試合、実はアウェイだった。それが次戦の当日エディオンスタジアムが使えないという理由でホームとアウェイの日程を変えてもらったらしい。それについてJリーグ側も特例として認めたものの次回からはペナルティを課すということだった。が、この話どうにも腑に落ちないのだった。

 かねてからサンフレッチェはサッカー専用のホームスタジアムが欲しいと広島で要望を出していた。にも関わらず全く聞き入れてくれそうない。それならエディオンスタジアムが優先的に使えるのかといえば今回のように他で予定が入ればそっちに持って行かれてしまう。かつてもお盆のかきいれ時にコンサートがあるからと他会場に代替えさせられてしまった経緯がある。どう考えても理不尽ではなかろうか。Jリーグも次回やったら制裁出しますよという判で押したような反応。一緒になってスタジアム使用の交渉に尽力してくれるという誠意でもあれば違うのだがただその程度の対応だったらその辺の小学生でもできるのではなかろうか。

 そんな持って行き場のない不満と不安を抱えながら試合を迎えた。そして選手の発表があるとDFにはサイドハーフの清水の名前があった。左サイドの上下動を繰り返す為守備の局面も経験はしてるが大丈夫かと思ったのは正直なとこだった。そのせいか心なしか柏も清水のとこを攻めてくることも考えられた。だが清水は全く目立たなかった。まるでその最後列にいることに何の違和感もないようにDFに溶け込んでいたのである。しかも元が攻撃の選手であるので時折見せたオーヴァーラップは鋭かった。清水にこんな適性があったとは。正にこれは怪我の功名なのだった。

 そんな守備の安定感があったからかボール回しも落ち着いていた。ところが最後のシュートまでいかない。ああ、やはり得点力不足のチームだと頭を抱える。確かに寿人はがんばってる。中盤でボールを当てられても簡単に失うことがない。本人もそこは意識したのだろう。しばらく出場機会がなかったのはゴールがないだけではない。寿人のところに行ったボールが全部相手ボールになったという要素も大きかったのではなかろうか。

 そしてチームが勝てなくなったもう一つの要素である高萩は前から後ろからと色んなとこに顔を出すものの以前のようにラストパスを送れる状況にならない。前のポジションなのに後ろでボールを受けることが多すぎる。これだからゴールが生まれない。そして相手の意表をつくようなパスはそのことごとくが不発に終わってしまう。そして今回もまたそんなプレーをしてしまったのだ。

 後ろから右サイドで受けたボールをどう展開さそうか、そう悩んでるように見えた。次の瞬間ゴール前に向かって対角線のボールが放たれた。何だその適当なパスはと思っていたらDFラインの裏に飛び出した一つの影が。正にGKの手に触れるかどうかというとこで触りゴールに叩き込んでしまった。これ、これなのだ。これぞサンフレッチェのゴール。これぞ高萩の想像力。そしてこういうシュートを決める、それが佐藤寿人なのだった。

 スタジアムに寿人コールが木魂する。ぼくもモニターに向かって叫びそうだった。もうゴールはないと諦めてた部分があった。だけど最近の試合の決められなかったシュートを見ると実はとてつもない高速の反転をしてたりする。決められなかったというよりあそこからよくシュート打てたなというプレーが結構あるのだ。だけど応援する感情はそれを冷静に受け止めることはできなかった。それだけにこの寿人のゴールにこれまで溜めていたものが堰を切ったようになだれだすのだった。

 そして寿人はこれで終わらなかった。スローインを受けるとそこからドリブル。上手く相手をかわしたかと思ったら潰されてしまった。だが後ろから倒したこのプレーにイエローカード。何と、これでイエロー2枚で退場したのだった。

 相手は1人少なくなった。しかもFKのチャンス。キッカーの高萩はゴールに向かって蹴るも跳ね返される。やっぱりサンフレッチェのセットプレーは可能性がないと嘆いてるとセカンドボールを拾い後ろから組み立て直し。そして再び中盤の高萩に入れるとふわっとDFの頭を超す送った。わずかボール1個分でもずれたらDFの頭に当たっただろうと思われるそのボールは寿人の目の前へ。そして寿人はジャンプをして無理矢理キックをしたそのシュートはGKを飛び越えゴールに吸い込まれていった。

 追加点、寿人2点目、高萩の絶妙アシスト。そんな色んな要素が重なり興奮の坩堝に陥る。まだまだ取れる。もっと取っていきたい。そしてこの試合で決めてしまいたい。そしてそれは可能だと思った。

 ところがここからゴールがなく2-0で第一戦を終えることになった。勝利には歓喜したもののそこで余韻ひ浸ることはなかった。このACLといい、昨シーズンのナビスコカップといい全部第2戦でひっくり返されてるのである。まだまだ油断ならないと気を引き締めつつも録画映像で寿人のゴールを何回も何回も繰り返して見るのだった。

2014年10月 5日 (日)

柏戦~冷たい雨のスコアレスドロー

2014/10/05 柏レイソルvsサンフレッチェ広島 柏スタジアム

 大型の台風18号が沖縄から北上し、ついには関東へと向かいつつある。その影響だろう、朝降り出した雨は雨量を増していき遂には本降りとなっていくのだった。もはや日の出も遅くなってきた時期だけにこの雨は気温をぐっと下げるのだった。外に出ようものならひんやりとした空気を感じるのだった。
 よりによってこんな日に試合とは。家を出る頃には雨は一層激しさを強め観戦へ向かうモチベーションを奪っていった。それはまだ前売り券をすでに購入しているという強迫観念で何とかなったもののそもそも中止なんてことないんだろうなという疑念が生まれた。が、柏駅に行くとしっかりと紫のレプリカの人がいる。やっぱり来てよかった、そんな感慨に耽るのだった。
 しかし、柏スタジアムというのは屋根もなければ簡易的に雨宿りするような場所もない。かろうじて雨がしのげるのがトイレという状況にそれはまるで修行のようでもあった。応援席の一角を除いて閑散としてるビジター自由席は立ち見の為に尚更根気が必要なのだった。
 合羽は着てるものの打たれる雨に体温は奪われ手足はしびれを感じてくる。更に湿気は合羽の中へ浸食し、いつしか衣服は湿っていき不快この上ない。ああ、やっぱり使い捨てカイロでも持って来れば良かった。
 そんな厳しい天候で試合は始まるとボールは芝生の上で不規則な動きを見せた。ツーンと滑るかと思えば水しぶきを上げて止まることもある。まさに行き当たりばったりとなりサンフレッチェもバックパス禁止令が出てたのか、とにかく前に蹴るのだった。蹴って蹴って蹴りまくる。最終ラインからも塩谷が大きく蹴る。蹴った先はどこへ行くか分からない。そして前線の選手が競るもそのセカンドボールだってどこに行くのかわからないのだった。
 こんな光景に、サッカーは運の要素が強いスポーツだという格言を目の当たりにしてるようだった。時としてそれは相手のミスパスを誘い、高い位置でのボール奪取につながると絶好のチャンスを迎える。まさにゴール前、GKと1対1という状況まで生まれた。だけどそれらを寿人はことごとく決めることができないのだった。
 対して柏もレアンドロにボールを集めて個人での強引な打開に頼っているようだった。パスをしようにもボールが滑るのだろうか、とんでもないミスパスになってしまう。トップの選手にボールを集めて後は何とかしてくれというのは理に叶った戦術ではあった。だが問題はそのトップの選手がシュートを決めきれないということだった。そしてそれはサンフレッチェも変わらないのだった。
 寿人と交代して出た浅野はその抜群のスピードで後方からのロングボールに反応した。DFを置き去りにして抜け出す。そして最後にシュートを打つものの決めきれない。そしてサイドからドリブルで進入する。決定的チャンスだ。ところが肝心なところで倒れてしまうと本人はファールをアピールしていた。すぐ近くでプレーは続いてる。
「アサノーッ!立てーっ!」
 ぼくは思わず叫んでしまった。
 決まらない、決まらないシュート。その分攻撃の時間を増やそうにもアバウトに蹴ったボールはなぜか柏の選手の足下に行く。クリアしても柏の選手に。大きいトラップをすると柏の選手に。どれもこれも柏の選手に渡り防戦一方となってしまうのだった。ああ、やっぱり寿人があのチャンスを決めてれば、そんな悔恨が蘇ってくるのだった。
 そんなどっちつかずのまま終了のホイッスルを聞いた。やっぱり点が取れなかった。本当に点の取れないチームだ。そんな愚痴を言ってると、今日はしょうがないよとドクトルがたしなめるのだった。
 スタジアムを後にする時、各自わずかな雨よけを探して帰り支度をしてた。このスタジアムは本当に天候が悪いと苦労が絶えない。すでに合羽の中の服も濡れてるぼくは着替えを持ってきてはいるもののこの先20分以上駅まで歩くことを考えるとそのまま雨に打たれながら歩くことを決めた。
「もしかして今シーズンって残り試合で2点くらいしか取れないんじゃないだろうか」
 そんなつぶやきにドクトルは、
「いや、それは大丈夫でしょ」とぼくを安心させようとした。
 そしてぼくらは傘でつっかえる帰り道を歩いていった。足先がまるで血の気が引いたように感覚がなかった。そしてもうずいぶんと長い間勝利に嬉々として帰ることもなくなっていたような気がするのだった。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31