無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

新入団選手

 新入団発表がありその記念写真がラインによって送られてきた。この情報に疎いぼくがラインなどというものをやってるというの自分でも驚きだが驚いたのは世間ではこの手のツールの利用が相当に進んでおり、サンフレッチェもファンへの告知、サービスに利用してたということだ。しかもこれが知らない間にアドレスに組み込まれておりその人の趣向が自動的にたどり着くような仕組みになったるらしい。
 これって便利だがある意味では恐ろしい。あらゆるインターネットのコンテンツがそうだがそこから検索をするとその検索履歴からこの人はこういう人でこういう物が好みだというのがすぐに分かってしまう。『モダン・タイムス』という小説で、あるワードの検索から始まってこの世界のシステムに振り回されてしまうという話は決してあり得ない話ではないような気がした。
 そんなラインで送られてきた写真には総勢10名の選手が揃ってた。大体5、6人くらいしか新加入の選手はいないのに慣れてる為この人数には圧倒されてしまう。でもこんなに入れて出場できるポジションあるのかよ。いや、あるからこそ穫ってきたのだろう。今回の補強にそんな意図が感じ取れるのだった。
 西川が移籍したことによりGKの林は完全にその代替の人員であることを除くとボランチの柴崎とサイドの柏は完全なる補強である。昨シーズンACLで岡本を起用するも1試合も勝てなかったのは正直誤算だっただろう。岡本自身もその存在感を見せつけたとは言い難く結局1年で鳥栖へ再レンタルされることになってしまった。当面はカズの代役となることが考えられる柴崎だがカップ戦では絶対に起用するだろう。そしてそれは柏についても言えること。そう考えると今シーズン、サンフレッチェはACLを勝ち上がることを視野に入れてるということが伺えるのだった。
 後は若手の台頭である。新入団選手も多くは新人選手だ。一体ここから何人残っていけることか。育成クラブを標榜するサンフレッチェ、そこもこのクラブの楽しみの一つなのだった。

2014年1月 6日 (月)

西川移籍、林の移籍加入

 以前から噂はあったものの西川周作の浦和への移籍が正式に発表になった。やっぱり行ってしまうのか。これにより毎年一人チームの主力が抜けていくというジンクスは守りきられてしまった。日本代表にも選出され、もはやチームの顔とも言える。そのチームの顔がことごとく同じチームへ移籍してしまうのは皮肉であった。

 西川が加入したのは2010年。GKからパスをつないでいくスタイルのサンフレッチェにとって的確な補強であった。当時からキックの正確さには定評があり大分でもチームの顔とも言える選手が獲得できたのは大分の経営破たんによるものだった。大きく膨らんだ累計赤字はもはや選手を保有する体力がなくJ2降格を機に大量放出される格好となりそれに便乗したようなものだった。大体GKなどはどこのチームでも固まっており獲得のライバルも少なかったことから割安で獲得できたのではなかろうか。

 これでGKを絡めた後方でのパス回しで安直な失点をすることはないだろう。守備も堅くなるだろう。失点も減るだろう、そんな期待をしたものだがそうは上手くいかなかった。それどころかハイボールにも飛び出して対処しようとする西川に対してDFとの連携が悪く味方同士でぶつかり失点してしまうなんて場面も結構あったのである。それによりもっと堅実な守備をするようになるのかと思いきや西川はその守備範囲を広く取るスタイルを全く辞める気配はなくむしろそれを貫いていくのだった。そしていつの間にか失点は減りついにはその動いて危険を防ぐプレーはチームを何度も救うことになるのだった。

 だが西川の本領はそれだけに至らない。公式戦ではなかなか訪れないPKに対しても結構な確立で防いでくれるのだ。言わずもがなであるがPKは圧倒的にキッカーが有利。もはやPKの判定が出た時点でもう失点は覚悟しなければならない。だがそれを止めた時、それはFWが点を取る以上の意味合いがある。そのPKを阻止した瞬間の沸き立つ感情、これはある意味点を取る以上のものがありその後の士気を高めてしまうのだ。そんな場面を西川は何度となくつくりだしたのである。

 その西川のPKの真骨頂が天皇杯であった。決勝に進むまで2回あったPK戦で勝てたのは間違いなく西川のセービングがあったからである。言ってみれば西川のお陰で決勝まで行けた。もうこれまでと思われた準決勝では相手のPKを止め自らもキックを成功させるという芸当によりトーナメントを勝ち進めることができた。まさに西川様様である。そんな西川の移籍は正直言って痛手であるのだった。

 サンフレッチェに来て成長し一流となったら広島を出て行く。それはもう広島という地方都市のチームであるサンフレッチェの宿命なのだろう。だがぼくらは胸を張って言える。西川はサンフレッチェでプレーすることにより選手としてのグレードを上げていったと。そんな成功の実績となってくれたお陰でまた有望な若手選手がやってくるだろうと。

 そして去る者いれば来る者もいる。林卓人だ。こちらもサンフレッチェでデビューしたものの出番に恵まれず巡り巡って仙台に落ち着く。そこで見せた鉄壁の守備は林の存在感を感じずにはいられなかった。以前より身体も一回り大きくなり何より雰囲気がある。仙台と対戦した時どうやったら点が取れるんだろうと感じたあの感触は間違いなく林の存在がなすものだった。

 巡るめく選手の移動にあってその中で出てくるサンフレッチェの存在。中心選手がいなくなるのは寂しくあるもそれはそれで頼もしくもあるのだった。

2014年1月 1日 (水)

天皇杯マリノス戦~やはり準優勝

2014/01/01 天皇杯決勝 横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島 国立競技場

 元日、決勝。この栄えある舞台に出場するのは5回目だ。だが過去この決勝で一度も勝ったことがない。それどころか1点も入れることができなかった。だけど今回は違う。Jリーグ連覇したチームとして堂々たる進出だ。下位に低迷したり時にはJ2に降格することもあったサンフレッチェが決勝に進んだのはその時々の勢いの部分が大きかったがここまで進むべくして進んだのは初めてだ。
 そんな満を持してというものがある。しかも相手はリーグ戦で優勝を争ったマリノス。Jリーグを連覇をしてるというのにマリノスだけには勝ってない。しかも今シーズンに至っては全部負けてしまってる。Jリーグ優勝に後ろめたさがあるとすればその点だけである。
 チケット完売の国立競技場は満員だった。この注目の試合でサンフレッチェは重心を後ろに守備から入っていった。対してマリノスはガンガンに前からプレスを掛けてボールを奪ったらゴールを目指して駆けていく。その圧力を人数を掛けてしのぐ。しのいでしのいでしのぎきる。だが最後にはやられた。それも小林祐三のたった一人のドリブルに対応できず最後に出たパスを斎藤学に決められてしまった。ああ、またこの選手に決められてしまった。そして小林も柏在籍時からずっと障壁としてはだかるのだった。
 こうなっては点を取りに行かなくてはいけない。攻撃にいこうとしたところCKを与えてしまう。そしてこのCKから中澤に決められ続けざまに失点してしまうのだった。前半で2失点。それはもう絶望的な数字のように思われた。
 この天皇杯、サンフレッチェはとにかく点が取れなかった。それで決勝まで進出できたというのが奇跡のようであるがそれもそのはず、引き分けでPK戦でここまで来たのである。そんなサンフレッチェにとって2点というのは天文学的な数字なのであった。
 縦に入れてもカットされる、高さでは勝てない、頼みのミキッチも右サイドをちっとも突破できない。どこをどうやっても攻める要素がないような気がした。
 ハーフタイムを終えファン・ソッコに代え清水が入る。確かにこの試合、ソッコの右サイドからは何のチャンスもなかった。守備でもちっとも存在感がなく失望感が大きかった。その鬱憤を晴らすかのように清水は果敢に左サイドの突破をはかる。点は入らなかったもののそれがチームに躍動感を与えたのは間違いなかった。
 攻撃の時間が続く。だがセカンドボールを奪われる。奪うのが大抵中村俊輔である。この選手がボールを持つとなかなか奪えない。だからこの選手をマンマークをすればいいようなもののサンフレッチェは絶対にそういうサッカーはしない。そしてぼくらもそれを望んではいない。どんなことがあってもサンフレッチェのサッカーで勝ちたいのだ。
 時間が進みいよいよ敗戦濃厚となると野津田と浅野が交代で入る。それでも野津田は自慢のミドルシュートを打つことはできずカウンターの場面でドリブルを数人の選手に囲まれて絡め取られる。浅野はスピードを生かすことができないしシュートも打てない。マリノスは完全にサンフレッチェのサッカーに蓋を閉じてるのだった。
 そしてなす術なく終了。またしてもサンフレッチェは天皇杯の決勝で1点も取ることができないのだった。引き立て役、シルバーコレクターという呼称が自嘲気味に浮かび上がる。だがこれはサンフレッチェに与えた試練だ。プレッシングにより早い時間に点を入れて後はゴール前を固めて逃げ切る、どこのチームだってそういう戦法を取ってくるだろう。それを打ち破る為の精度と試合運び。セットプレーやドリブルへの弱さも改めて感じたし硬直状態を打破できる力がないことも悟った。まさにこれはこの試合に負けたからこそ痛感させられた課題なのだった。
 2連覇に浮かれることなかれ、そんな神の思し召しではなかろうか。そして今年こそはマリノスに勝つとこを観たいと願うのだった。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30