無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

鳥栖戦~攻められ点を取る

2012929日 サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖 広島ビッグアーチ

 

 2点差としたのは大きかった。アウェイで闘った時攻めても攻めても厚い壁を崩せなかったことから守りに入った鳥栖から点を取るのは至難の業だった。ゴール前を固めた鳥栖から点を取らなきゃいけない状況じゃない、それは精神的にも大きなアドヴァンテージとなった。

 しかし、無理に点を取らなくていい状況は圧倒的にボール支配率を低めることになるのである。ボールは鳥栖の選手ばかりが持ち攻めに攻めてくる。ラインは下がり下がり下がる。深くえぐられクロスを上げられる度に肝を冷やされる。早いクロスからも肝を冷やされる。そしてバイタルエリアでのFKに肝を冷やされるのだった。

 ところがそのことごとくをポジショニングが良かったせいかそれともシュートに精度がなかったせいか比較的楽にクリアしてるような印象があった。肉弾戦、競ったような状態をつくられるともう目も当てられないと思ってただけに当然相手もそういうとこを付いてくると思ってただけに結構落ち着いて守ってるように見えるのだった。

 ただしボールポゼッションができないのはやはりもどかしい。ボールがつながらない。どんなに守っていてもここまで攻められていたらいつかは失点してしまいそうだ。2点差というものにちっとも余裕がないのだった。

 せっかく奪っても前に蹴っては奪われる。一発を狙いすぎるんだ。それでカウンターを警戒して相手のラインが下がればプレッシャーも下がるのだが生憎そんな様子はちっともない。ちゃんと確実にボールを回して時間を稼ぐことはできないものだろうか。

 そんな時また前にボールが出た。追うのは寿人1人。1人での攻撃では苦しい。だがボールを受けた寿人はGKを交わした。ただし角度がない。そこでシュートではなく中央へマイナスのパスを送った。弱気な選択と思いきやそこには後ろから浩司が駆け込み走った勢いそのままゴールにぶち込んでしまったのだった。

 3点差。これには大きな勇気を貰った。浩司の久々のゴール。ああ、まさに理想な展開。理想的なスコア。後はこのまま失点せずに終わることができれば言うことはない。最後になれば得失点差もものを言ってくる可能性がある。このまま点差を縮めることなく終わらせたい。

 ところがキックオフ早々に攻められる。鳥栖の選手はちっとも諦めてない。それどころか3点目がより一層闘志に火を付けたかのように攻め込んでくる。それはまるで目に見えぬ力が宿ったかのようだった。そして水沼のサイドからのクロスにファーにいる豊田が飛び込んだ時、鳥栖の恐ろしさを思い知った。誰もクロスボールに対してブロックできない。誰もそのクロスボールに触ることができない。誰も豊田をマークできない。そして失点によりもう勝ち誇ってた感情に水を差されてしまったのだった。

 もう残り時間も少ない。それでも全然諦めてない鳥栖は果敢にプレスを掛けボールを奪う。こんなにあっさりとボール奪われるのかよと不安が掻き立てられる。ああ、もっと上手く時間を使ってくれよ。ボールキープしてくれよと肝が潰されそうになっていたその時、石川と代わって入ったミキッチは前線にボーンとロングボールを蹴ってしまった。ああ、そんなボールを蹴ったら駄目だろと目を覆いたくなったがその先には最終ラインから抜け出した寿人がいたのである。バウンドするボール。飛び出すGK。そこでどう処理をするのかと息をのむと寿人はGKの鼻先でボールを浮かせループシュートを放ったのだった。そしてボールは無人のゴールへと吸い込まれていったのだった。

 失点の後すぐにそれを取り返す4点目。これは勇気づけられもし相手の気持ちを折るゴールだった。2ゴール1アシスト、この試合における寿人は数字の上でもスーパーなのだった。

 4ー1というスコアは数字程の余裕もなかったものの圧勝である。接戦が続いていた中でこういうスコアを叩き出したことは首位争いをしてるライバルへ対してプレッシャーを掛けることができた。そしてそれが圧倒的に攻められる時間の方が多かったこの試合でできたというのがサッカーという競技の魔力でもあった。そしてそういう魔力が掛かることがサンフレッチェにもあるんだなと長くサンフレッチェを観てきた者としては不思議な感覚でもあるのだった。

鳥栖戦~疑惑のPK、必然のPK

2012年9月29日 サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖 広島ビッグアーチ

 そのゴールは1本のサイドチェンジのパスから生まれた。鳥栖のブロックに切れ目を入れるような斜めのパスはフリーの清水の元へ渡った。左からペナルティエリアに切り込む。左足でシュート。身体を投げ出してブロックする鳥栖の選手。だがシュートではなく切り返しで右足でシュート。ジャストミートしてない。が、GKの手、ディフェンダーの足といずれも当たりながらもボールはゴールに入っていった。まるで引力でゴールに吸いつけられるかのように。清水の2試合連続ゴール。この数字はアタッカーとしてもはや計算できるものだった。
 清水の得点の良いところは先制点であるというとこだ。大量得点後に決めるとかもはや敗戦が決まってる状態でイタチの最後っぺのようなゴールではない。試合を進めるに当たって有利に進めることができる状態にしてくれるゴールであるというのが大きい。山岸の怪我によりやむにやまれず出場してたがこのチャンスでゴールを狙うという積極性と技術はわくわくさせるものがあった。
 それに引き替え右サイドの石川はどうも目を覆いたくなる。スピードはあるがそのスピードが生きてない。裏へ抜け出しビッグチャンスを創り出すという機会に乏しい。それはどうしてもベンチに座ってるミキッチと比較してしまうので致し方ない。
 だがこの石川、相手のDFが処理しようとしたボールに遠い位置から猛然と突っ込んでいきペナルティエリアで交錯してしまう。ああ、ファール取られた。だけどよくがんばったよ。と思ったその時主審の手にはカードが握られてる。石川イエローかよと思ったらそのカードは鳥栖に選手に向けられた。えっ、逆かよ。ということはPK?ガッツポーズする石川。いや、本当にPKだよ。
 これはラッキーだった。実況の解説でもあのファールは逆だと審判批判をしていた。疑惑のシーンである。これが残留争いをしてたら石川のファールを取られただろう。これが首位にいるチームの勢い、審判をも先入観を与えてしまう影響力だと考えた。
 だが一方で広いピッチのことを考えれば石川が長い距離をボールを追って走ってるのは鳥栖のDFも含めて分かっていたはずである。確かに先にボールを触ったのは鳥栖の選手。だけどそれはクリアに近い何とか掻きだしただけのボール。つまりぶつかるのが分かっていながらボールの進行方向へ突き進んだという審判の判断だったのかもしれない。
 ここでPKのキッカーとして立ったのが寿人だった。2試合ゴールのなかった寿人としてはここは決めたい。チームとしても2点差とするのは大きい。緊張感が走る。ゆっくりとしたモーションで入る。そしてキック。それはゴールの隅、GKがどんなに反応しようと止めることはできない位置にボールは入っていった。
 これで寿人は1シーズンにおける最高スコアの19得点を決めたのである。この数字を突き破るのに壁になってたようである。チームが勝ちながらも2試合もゴールがないというのはもどかしかった。いや、本来チームが勝てばいい。寿人以外の選手の得点がないと嘆いていたりもした。それでも寿人のゴールが欲しいというのは何と贅沢な感覚に陥ってるのだろうと気付くのだった。

2012年9月29日 (土)

鳥栖戦~鳥栖の恐怖

2012929日 サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖 広島ビッグアーチ

 

 J2から上がったチーム。そんな気の緩みがあったのがアウェイでの対戦だった。資金力がなく選手にお金を掛けれないことで個々の選手では優位に立っている。しかも圧勝的な勝率で勝ち抜いた2008年のJ2時代の記憶のせいかもしれない。簡単に勝てる、鳥栖に対してはそんなことを考えてたのは正直なとこだ。

 しかし、そんな余裕もそのアウェイの対戦で負けてしまったがゆえにまるで吹き飛んでしまった。むしろ予想外の快進撃でリーグ5位という成績により上位争いの直接のライバルという関係になっていたのだった。

 そのため嫌な、嫌な相手だった。中央を堅められて入れても入れても跳ね返される、そして高さを生かしてゴール前にクロスを入れるような展開を想像した。高さではどうしても分が悪い。肉弾戦となれば不利になってしまう。

 日中仕事だったぼくは夜録画を観るのだった。もうすでに試合結果は出てるのだから調べれば結果は分かった。だけど調べることはなかった。それは録画を観る上で興が冷めるというのもあるが実際には結果を知るのが恐かった。鳥栖は恐い。ホームゲームが恐い。恐さ、不安で一杯なのだった。

2012年9月23日 (日)

名古屋戦~太陽の男、再び

2012922日 名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島 名古屋市瑞穂陸上競技場

 

 高萩が反らしたボールは清水にフリーで渡すことができた。TVの狭いアングルではトラップミスしたかのように見えた。そしてその先に清水がいるとは気付かなかった。だが高い位置まで上がっていたのが幸いにそこからスピードの乗ったドリブルでカウンターに入る。だがペナルティエリアの前にはさすがに名古屋のディフェンダーは守備に戻っていた。

 名古屋のディフェンダーで清水はボールをまたぐ。クイッ、クイッと音が出るような鋭いシザースにより突破した。そして右角度から放ったシュートはグサッとネットに突き刺さった。清水の個人技で先制点。得点力のある左サイド。ああ、清水はもはやサンフレッチェになくてはならない存在となってしまった。

 1位と5位の対戦だが負けるとその差が3ポイントまで縮まってしまう。首位を狙うならヤマとなる試合である。そういう試合での先制はとても勇気づけられるものだった。後はこのまま試合が進むのを願うのみである。

 しかし、後半になって名古屋は早々にメンバーチェンジをしてきた。アタッカーの選手に代えてDFの選手を入れてきた。負けてるのに守備の枚数を増やす、常識では考えられない。だが名古屋は違った。闘莉王がいる。闘莉王を前線に入れるのは明白だった。

 ただしDFの枚数が増えただけで最初から前で張ってる訳ではなかった。だがそれが逆にマークが行き渡らなかったのかもしれない。サイドからのクロスに真ん中に飛び込んだのは闘莉王だった。何で最終ラインの選手がこんなところまで上がっているのか。競った森脇の頭の上からヘディングされあっさりと同点にされたのだった。あれは防ぎようがない。狡い。クロスも闘莉王じゃないと対応できないようなボールを上げてくる。狡い、狡い、何て狡いんだ。

 いつもいつもやられるのは闘莉王。本当にこの選手にはやられる。守備では障壁となり点も入れる。浦和にいる頃から何だかチームに負けたというより闘莉王に負けたような気さえしてしまう。この人のキャリアの初めがサンフレッチェだというのがなおのこと憎さを増すのだった。

 それにしても布陣を変えただけで形成を変えてしまうとは。こういうのが監督力なのだろうか。もしかしてこのまま劣性の状態が続くのだろうか。それなら引き分けなら御の字だ。だが果たしてこのまま時間が経ってくれるだろうか。

 だがこの時サンフレッチェにも唯一の光が訪れる。怪我による欠場が続いていたミキッチが交代要員としてピッチサイドに立った。代わるのは当然石川。何度かフリーで受けて駆け上がる健闘は見せたがあれがミキッチだったらと思うと胸ときめくものがあるのだった。

 そして交代で入ったミキッチはボールを受けるとまず突破する。完全に抜けきってないようでもクロスを上げることができる。そして意表を突いてグラウンダーのアーリークロスを放つとGKの目の前に寿人が滑り込む。ああ、やはり凄い。ゴールにはならなかったもののその予感を多分に引き寄せるのだった。

 ただし時間が経過する中、段々と引き分けでいいかなという気になってきた。引き分けでもかろうじて首位のままだ。負けるよりはマシ。負けるよりは。そしてアディショナルタイムに入りいよいよそうなることが現実味を帯びてきた。

 そんな時間帯に寿人が中央でボールを奪った。石原がボールを受けドリブル。完全なカウンターだ。虚に付かれた相手は必死にゴール前に戻る。石原が早いか、名古屋ディフェンダーが早いか。だが一瞬のタイミングでシュートが打てず石原はターンをした。もしかしたら石原も引き分けで妥協したのかもしれないと思ったのはゴールから遠ざかるドリブルをしたためだった。

 しかしこの時だった。後ろからゴール向かって走っていく白いユニフォームの人影があった。自分の存在を知らしめるように手を挙げてボールを呼ぶ。石原はその人影に向かってクロスを送った。浮き球となったそのボールはかろうじて頭に当たった。ふわりと浮かぶボール。だがそのボールはゴール脇のラインを割って行き残念だったなとため息をつく準備をしてしまった。が、ボールに妙な回転が加わったせいだろうか、ゴールの角に吸い込まれたのだった。

 ゴール、ゴール、ゴール!終了間際でのゴールだ。勝ち点1と勝ち点3の違いをこの残り1分も過ぎたタイミングで決めたのだ。決めたのは森脇良太。劇的なゴール、こういうゴールを決めるのはいつも森脇である。そして名古屋戦に関して言えばホームの時と続けてこういうゴールを決めたのだった。

 残り30秒。まだ油断してはならない。だが名古屋のボールを跳ね返すと早々に笛が鳴ってしまった。普通に考えればもう決まったようなものだったがセンターサークルに立つ闘莉王はそれでも諦めてない顔をしてるのが不気味だった。

 最後の最後で勝つことができた。この厳しい試合でよく勝てたと思う。しかもなぜ森脇はあのタイミングで上がりあのコースにヘディングシュートを打つことができたんだろう。これは森脇の持ってる機運だったのだろうか。太陽の男。まさに太陽の男なのである。

 寿人が得点しなくても勝てる。逆にそうでなくては勝ち続けるのは難しいだろう。これからの希望、輝ける未来。そんな気分に浸りたかった。ぼくはハードディスクに撮ったこの放送をこの後何回も続けて観てしまうのだった。

2012年9月22日 (土)

名古屋戦~観戦前の心構え

2012922日 名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島 名古屋市瑞穂陸上競技場

 

 ただ今アブダビにいるというメールが仲間から届きあらゆる手を尽くしたが中継を観る手段がなかったと応援をお願いされてしまった。ぼくにしても単に中継を観るだけなんだがそういえばかつて「スカパー!」に加入してなかった時そんな心境になったものだった。モニターに向かって叫んだりする様は第3者にしてみれば異様な光景なのだろうが勝手に気持ちが通じ合ってる気になる。そして今日もTVの画面に釘付けになるのだった。

 手元には『エル・ゴラッソ』を置く。実はこの新聞、金曜日発刊されたやつを買うとサンフレッチェが負けるというジンクスが自分にあるような気がして控えていたのだった。だがどうしても誘惑に勝てなかった。もっともぼく一人が買う買わないで勝敗が決まるなんてことは考えられない。これこそ勝手な思いこみなのだった。

 だがそれも致し方ない。藁にもすがりたいとはこういうのを言うんだろう。2位の仙台は勝ってしまうし対戦相手の名古屋は勝ち点差6しか離れてないし。当然名古屋にしてみれば大一番と捉えられている。そしていつもいつも煮え湯を飲まされる闘莉王がいる。GKの楢崎もなかなかゴールを割らせてくれない。実際寿人は脅威だがあまりやられたという記憶がないなんて言ってたそうだ。いずれは闘わなくてはいけないとはいえ嫌な相手に当たってしまった。

 ストイコビッチ監督はこの一戦の為に徹底的に対策を練ったということだった。普段あくまでも自分たちのスタイルを守るという信念を持ってる監督がよりによって何でサンフレッチェだけ。どうもほかがやってないサッカーをやってると目を付けられるようだ。さて、名古屋は一体どんな対策を練ったのだろう。サイドからのクロス、セットプレー、ケネディと闘莉王の高さ。ああ、とても不安だ。いっそのことぼくもどこか遠い世界へ逃避行したいくらいだ。もっともそんなことできるくらいなら名古屋に行ってしまうのだがだったら何でわざわざ不安に押しつぶされるようなことを自分でやってしまうのかと思うのだった。

2012年9月16日 (日)

仙台戦~天王山制す

2012915日 サンフレッチェ広島vsベガルタ仙台 広島ビッグアーチ

 

 今日の寿人にゴールはない。

 そう感じてしまったのはシュートをうたなかったからだ。裏へ抜け出しGKとの11、絶好のシュートチャンスでパスを出してしまった。そのマイナスのパスに浩司は反応できなかった。それもまさか寿人がシュートを打たないと思わなかったからだろう。狙える時は打つ唯一の選手である寿人がシュートを打たない。これで一体どうやって点を取るんだろう。

 試合序盤こそさぐり合いの中からパス回しを優位に進めてたが徐々に仙台がボールを持つ時間が増えていった。それでもブロックを造り攻撃を跳ね返すとセカンドボールは仙台の選手に。そしてまた攻められるとシュートを打たれ枠を外れるとホッと胸をなで下ろす。そしてマイボールから始められるゴールキックは決まって仙台のボールとなってしまう。一体この逆境はいつになったら終わるのだ。そう、もはや攻撃どころではなく守るので精一杯だった。

 同点で終われば御の字。そんな気さえしてた。こんな時ミキッチがいればとりあえず預けると1人でどうにかしてくれるのに。代わりに右サイドに入った石川はボールを貰うとほぼ100パーセントに近く奪われてしまう。足は速いはずなのに抜くことができない。クロスを上げればラインを割ってしまう。そもそもボールを受けた時悩んでいる。どうしようか考えている。イマジネーションができてない。ピッチの上にそんな悠長な時間が許される訳もなく何のアクションも起こすこともなくラインを割った時には深い深いため息をついたものだった。

 ああ、せめてマイボールの時間ができれば。もはや点が入ることより失点しなければ良かった。もう長い時間ハーフウェイラインの半分でしかボールが回ってない。守備の時間が減ればそれで良かった。

 そんな時カズがスルスルスルッとドリブルで上がってきた。おお、ようやくマイボールの時間が創れた。さて、これからどうやって展開するか。ただもうすでに仙台の守備は戻りパスコースを消していた。出し所がない。だがその状況でカズは一閃、シュートを放った。低い軌道のそのシュートは仙台の選手の足に当たりコースが変わった。そのためGK林の反応した逆サイドへと向かった。

 入った。本当に入ったよな。間違いない、ゴールだ。押されて押されて攻撃の目がないところでのゴール。しかも滅多にシュートを打つことのないカズのゴール。カズの今シーズン初ゴール。予想外の人が予想外の状況からのシュートを決めたのだった。

 苦しい展開。いつ失点してもおかしくない流れの中で点を入れたというのは大きい。これは相手にとって落胆は大きいだろう。ただし先制するとなぜか苦しくなるサンフレッチェは今日も変わらないのだった。

 裏を突かれ清水は付いていけない。そしてクロスを入れられると千葉の背後からスッと入った赤嶺に決められてしまった。せっかくリードしてもこんなにも簡単に失点してしまうとは。そしてサンフレッチェがこれ以上点を入れるのはイメージできなかった。やはり同点で御の字と考えるべきようだ。

 そのためにも前でボールを持ちたい。やはりあまり攻められてると結局失点してしまう。もはや失点への恐怖の方が大きい。だが左サイドの高い位置でボールを受けた清水は果敢にも勝負を挑みクロスを上げてしまう。ファーに流れたボールは石川の足下に。ダイレクトでシュートすべきところをトラップで止めてしまった。そこでシュートしてもGKは当然反応できてしまうのだった。

 しかし、この時GK林の弾いたボールの元には紫の選手が走り込んでいた。金髪の頭、高萩だった。右足を振り上げるとボールを叩きつける。バウンドしたボールはゴールの中へ収まったのだ。

 勝ち越しゴール。激情に駆られた高萩はピッチの外へ走り出し大きくガッツポーズを取る。普段あまり大きなアクションをしない高萩が感情を爆発させていた。ゲームを創りシュートへ結びつくラストパスは送る。だが足りないのは自身のゴールだった。本人もそのことは分かっていたのだろう。それがその喜びの発散となったに違いない。

 だが忘れてはならないのはそのゴールを演出したのは石川だということだった。正直高萩へボールが渡るなどまるで念頭になかったと思うがそれでも結果的にアシストへとつながった。この試合通してずっと持ち続けていた石川への不満がこれで吹き飛んだ。最後疲れを考慮されて交代した時には勿体ない気さえしてしまったのだった。

 残り10分。引きすぎることなくまともな試合をすることができた。相手が追いつめられた状況なのに上手くコントロールできているところに何であんなサンドバック状態になる時間ができてしまうのか不思議でしょうがないのだった。

 刻一刻と経過していく時間。早く、早く終われと願う中、ようやく終了の笛が鳴ったのはアデイショナルタイム1分以上過ぎてからだった。

 この勝利で再び首位へ立った。選手、観客共に雨でびしょ濡れになっていた。25,352人の観客の入ったビッグアーチ、その中にいた人はさぞ気持ち良かっただろう。ただし再び追われる立場となった。喜び半分、そしてまた新たな緊張感半分といったとこだろうか。

 いつもいつもここ一番、ヤマとなる試合では負けていたサンフレッチェ。それが天王山と言われる試合で勝つことができたのは今まで違ったことをやったようには見えなかった。だが、寿人にゴールがなくカズと高萩の得点というのが違う。J2のもっとも得点力があった頃はもっと色んなとこから得点できた。攻めてはいるけど勝てない、そんな悩みを抱える中、一つの光明を見たような気がしたのだった。

2012年9月15日 (土)

仙台戦~雨上がりのビッグアーチ

2012915日 サンフレッチェ広島vsベガルタ仙台 広島ビッグアーチ

 

 静粛に包まれた時を過ごすことができたのはリーグ戦が1週間なかったせいだ。それがこれほど心休まることだとは。無駄なストレスを感じなくていい。だがそんな安らぎがあること自体すでに忘れてしまってるということだった。そう、中断中にあった天皇杯のことなどもう頭にないのだった。人間、都合の悪いことはすぐに忘れてしまようにできてるようだ。

 天皇杯。まさか4部のチームに負けるとは夢にも思わなかった。Jリーグで首位争いをしてることですっかり強豪であるかのように錯覚してしまったのだ。そしてそれにより更に思い出してしまった。サンフレッチェは天皇杯を含めて3試合勝ちがないのだ。12敗。厳しい。この成績だけ見るともはや下り坂という後ろ向きな思考になってしまう。そのせいでリーグ再開が楽しみであり恐くもあるのだった。

 この試合はプレッシャーだった。よりによってこの状況で仙台との1位、2位直接対決をしないといけないのである。これで負けたらもはや2位の立場も失いますます首位との差は広がってしまう。そしてそうなると絶対にズルズルと負けていくような気がした。それによりぼくは緊張で押し潰されそうだった。何だか実際にプレーする選手よりもぼくの方が堅くなっているのかもしれない。現地にいる訳でもないのに。行こうと努力した訳でもないのに。

 そんな中仲間からは広島へ行ったようだ。メールでそんな通知が届いてた。やはりみんなこの1戦に賭ける想いは強いようだ。それこそが真のサポーターということなのだろうか。でもぼくだって一応高速バスの空席状況くらいはチェックしてみた。するとこの日広島着の便は全て予約済みだった。凄い、こんなにビッグアーチに行く人いるのか。いや、それとも単に3連休だらか予約が集中しただけなのだろうか何とも判断の下しようがないのだった。

 そして千葉にいるぼくは家で中継にチャンネルを合わせた。雨上がりのビッグアーチの映像。ピッチ脇のトラックに水たまりが所々広がって照明の光を反射していた。それが上空の闇に混じってピーンとした雰囲気を醸し出している。それがモニター越しにも感じられるのだった。

 その空気、ビッグアーチが時折見せる張りつめた空間。かつてアメリカのTVドラマ『マイアミ・バイス』でこういうシーンがよくあって臨場感を高める演出となったものだった。そしてそれがある時は何かが起こる。ぼくの少ないビッグアーチの観戦体験からもそんなことが言えた。今日のビッグアーチは何かが起こる。そんな予感めいたものを感じたのはぼくだけだったのだろうか。

2012年9月10日 (月)

天皇杯FC今治戦~早すぎる天皇杯敗退

2012/9/9 天皇杯2回戦 サンフレッチェ広島vsFC今治 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場サッカー場

 

 天皇杯2回戦。TV中継もない、対戦相手についての知識もない、会場も馴染みのない場所。それらの条件がどうしても試合を軽いのもとしてしまう。そしてそれ以前に天皇杯そのものの運営自体疑問を抱くとこは多々ある。実際にお客さんを入れて入場料をいただくという観点からすると実にいただけない要素が多い。Jリーグの試合と比べるとどうも観客視点が欠けてるのがこの大会の権威を落としてるのは明白だ。

 そんな大会であるからアマチュアチームとの対戦となることの多い2回戦というのは特に注目度が低い。メディアも取り上げないものだから世間もその存在すら知らないという有様。それでも主催者はどこ吹く風、まるで気にしていないという態度をどうしても感じ取ってしまうのだった。

 それでもどうせ勝って3回戦になれば少しはメディアも取り上げるだろうとたかをくくってた。負けるということは全く考えてなかった。だが予想に反する結果が訪れた。それは1対2という信じられないスコアだった。そう、サンフレッチェは負けてしまったのである。これは一体どういうことなんだ。

 ネットでメンバーを確認する。15軍といったメンバーであるもののこっちは曲がりなりにもJ1のプロの選手である。そして相手は4部に当たる四国リーグのクラブである。どうやったら負けるのか不思議でしょうがなかったのだが結局のところ寿人の1点しか決めることができなかったということだろう。追加点が取れないここ数試合の課題がそのまま出てしまったような気がした。そして辻尾や塩谷は結果を出せなかったことで尚更公式戦に出るチャンスをなくしてしまった。これでは文句の言いようもないだろう。

 だが、その後NHKの『天皇杯全日本ダイジェスト』の映像を観る限りその失点のシーンは決してそれらの選手のせいでもないようだった。単純な、あまりもの安い失点。あんなんで点が取れるのかという程のあっさりとした失点にぼくでもプロ相手にゴールを決めることができるかもしれないという錯覚さえ起こしてしまうのだった。

 相手の3倍のシュートを打ったということだった。だがそんなのは何の慰めにもならない。むしろそれだけ打って決められないという虚しさがますます大きくなった。ここのところあまり点が取れてないがまさか4部のチームにも1点しか取れないとは思いもしなかった。

 今シーズン、カップ戦は本当に勝てなかった。1発勝負というものに勝てないのが今のチームの特徴らしい。そして残すはリーグ戦のみとなった。これでリーグ戦に集中できると強がってはみるもののこの早すぎる敗退はさすがに寂しさは隠しきれないのだった。

2012年9月 1日 (土)

磐田戦~遠い得点

 

2012/9/1 ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島 ヤマハスタジアム

 

 CKからの先制点。珍しいものを魅せてもらった。セットプレーでの得点が希薄なサンフレッチェにおいてそれは正に天の恵みのような得点だった。そしてその得点は寿人のヘディングシュートだった。常にマークされてる寿人がCKでゴールの目の前でフリーでシュートを打てたというのは奇跡のようなものだった。

 そしてその後も磐田の攻撃をつみ取りチャンスを与えない。ボールを取られてもそのカバーに別の選手が入る。攻守において実に連動していた。さすがは首位にいるだけのことはあると一方的な試合を考えていた。だがそれが甘かった。忘れていた。早い時間に先制点を挙げるとろくなことにならない。逆転負けはサンフレッチェの十八番みたいなものだ。安心するには早すぎたのだった。

 圧倒的にゲームを支配していたはずの波がいつしか磐田に移っていたのだ。そしてその波を押し返すことができずずるずると下がる。全員下がる。そして磐田はやりたい放題攻めてくる。そう、それはまさしくサンドバック状態だった。そしてその起点となったのがよりによって駒野なのだった。

 左サイドで清水と対する駒野はあらゆる局面で清水に勝ちどんどん前への推進力を強める。そして守備に追われる清水。そして振り切られる清水。明らかに翻弄されてた。前回対戦した時は清水の方が優位に進めてたのがまるで嘘だったかのようだ。一体今日はどうしてしまったんだ。

 自信を持った駒野はバイタルエリアでゴールへ向かうドリブル。水本はこれに身体を入れ上手く防いだと思ったら何と、ファールの判定を受けた。絶好の場所で磐田にFKが与えられた。スローで再生されるとなおさらあれがファールかと首を傾げてしまったが水本にはイエローカードまで出されてしまった。分からん、ぼくには分からん。ただ、磐田の方が優勢だったので審判の先入観がそう働いたのかもしれない。

 そしてこのFKを駒野はあっさりと決めてしまったのだった。なぜに決めるのだ。サンフレッチェにいた頃は本当にシュートが入らなかったのになぜに敵になった時には決めるのだ。間違ってる。何かが間違ってる。そんな理不尽に喘ぎながら磐田は更に勢いを増すのだった。

 防いでも防いでもマイボールにできず、跳ね返しても跳ね返してもボールは相手のところに行く。いつの間にかシュート数でも磐田に越され一方的な展開になってしまった。ああ、誰かこの状況を救ってくれ。いや、これが首位争いをしているチームの台詞だろうか。

 こういう困った時の頼みの綱ミキッチはいない。代わりのファン・ソッコもボールを持てばそれなりの動きはするもののいかんせんボールが貰えないのである。そして逆サイドの清水は持ち味の突破がはかれない。ボールは後ろで回してばかりでちっとも前に行かない。そして奪われる。そして守備に追われる。もうこの試合で得点は狙えそうにないのだった。

 時間が過ぎれば過ぎる程点が入らないような気がする。サンフレッチェは後半の方が点が入ると言われてたがそれが幻であるかのように点の入る気配がない。確かにシュートは何回か打った。だけど枠に飛ばないんじゃどうしようもない。

 そして引き分けに終わってしまった。点が取れない。2試合で1点しか取れてない。得点力が売りのチームにおいて点が取れないのである。ましてや首位争いをしてるのに点が取れないというのは致命的だった。

 一体どうしたら点が取れるのだろう。そして何でこんなことを悩むのだろう。どうやって点を取ってたんだろう。ああ、点を取りたい、点を取りたい。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30