無料ブログはココログ

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月22日 (土)

柏戦~同じ展開、同じ敗戦

2011/10/22 サンフレッチェ広島vs柏レイソル 広島ビッグアーチ

 早朝は大雨。夜明けからは晴れ間が見えカンカン照り。そして時々雨。千葉はそんな訳のわからない天候であったが広島はどうだろうか。どうも中継を観る限り同じような状況だったらしい。だとしたら相当に暑いだろう。だからどうという訳ではない。ただ言えることは暑かろうが寒かろうがサンフレッチェが勝つ気がちっともしないということだった。始まる前からすでに結果がわかってでもいるかのようだった。

 それでもチュンソンのゴールには希望を与えられた。元柏のチュンソンが古巣相手に決めた。ほぼ戦力外で移籍してきたチュンソンは柏にとって悔やまれる存在である。が、実際当の柏にしてみれば大して悔恨の感情は持ってないはずだ。それもそのはず、堂々の首位に立ってしまい特にストライカーに困ってるという訳でもない。そして柏が首位にいることによって2年前サンフレッチェがJ2から昇格後4位になったというサプライズが印象として薄められてしまった。柏はJ2から昇格後いきなり首位になったのである。お株を奪われた。そういう意味では絶対に勝たないといけない相手だったのだ。

 しかし暗雲が立ち込めたのはその後の展開である。またしても一方的に攻められる状況になりゴール前の混戦であっさり同点にされてしまった。チュンソンのゴールがミドルからのスーパーゴールだったのに対して本当にあっさりとした得点に唖然としてしまった。そしてこの後お決まりの展開になるのだった。

 すでに同点にされた時点で気力が落ちてるのがモニター越しにもわかってしまう。よくもやりやがったなという気概はなく超難攻不落な要塞に竹槍で挑んでるような稚拙さだった。高萩は時々おっと言わせるプレーがあるもののいつもその結果が惜しいで終わるのである。中途半端に上手くテクニックがあるのがまた尚更もどかしい。シュートを打っても入らない。トップ下のポジションにいながらシュートへの意識が低かったせいでせっかくの決定機があってもほんのちょっと出だしが遅れてる。もうここは治らないのかもしれない。

 治らないといえば危険な位置でのファールである。こんなもの一々相手にチャンスを与えてるだけだ。トミッチなど後ろから相手を倒してしまいファールするにしてももうちょっとマシな形にならないだろうかとため息が出てしまうのだった。ただ、トミッチも守備へ戻ってのプレーだったので致し方ないかもしれない。だとすると悪い形でボールを奪われたのが悪いことになる。

 その悪い逆襲を食らう原因を創ったのは紛れもなく横竹だった。後半からカズに代わって出たものの判断が遅く囲まれてしまう。そこで慌ててパスを出すがその時には受け手も余裕のない状況人っており結果奪われて逆襲。そこでFKを与えてしまうことにより3点目を入れられたのだった。3年前の新人選手の中では一番実践経験を積んでるはずなのだが一向に良くならない。むしろ退化してるんじゃないだろうか。そう思ったのが最初の失点だった。

 リプレーで観た映像で横竹はシュートに大して避けてるのだった。これには目を覆いたくなった。DFなら顔面を当ててでも防いでほしい。どこに当たろうが失点の痛みに比べたらボールにぶち当たる痛みなど何ともない。そういうメンタリティでなければDFとして伸び代がない。あのプレーではっきりと見切りをつけてしまった。

 13。逆転負け。北嶋に決められた。全てが全てアウェイで戦った時と同じだ。同じ展開、同じスコア、同じ選手に決められる。同じことの繰り返し。学習能力がないというのだろうか。いや、すでにこの展開さえも予想していたのだった。

 もう今シーズンは勝てないかもしれない。負けた後はいつもそんなことを思うものだが今回ばかりは本当にそんな気がしてしまうのだった。

2011年10月16日 (日)

マリノス戦~関東最終戦

2011/10/15 横浜Fマリノス vs サンフレッチェ広島 日産スタジアム

「うーん、どうしたものか・・・」

 ハーフタイムに入り共にパッとしない展開に言葉少なに顔を見合わせた。ちっとも点が入りそうな気配がない代わりにマリノスの攻撃も肝を冷やすようなシーンは現れない。それ故何を改善すればいいか分からない。ただ一つ言えることは調子を落としてるチーム状態は一向に改善されてないということだった。

「ミシャって軸となるメンバーで2、3人調子を落としてると言ってるけど誰のことだと思う?」

「うーん、カズかなあ。あ、山岸は言うまでもないけど。どうも彼は足が痛いみたいだけどそれだったら服部出せばいいのになあ。少なくとも服部だったら左足からのクロスが上がるのに」

 ドクトルを含め周辺にいた仲間と話した内容にやはり思ってることは皆同じだったという気がした。ついでに一緒にいた小学生にも感想を聞いたがやはり左サイドの選手が前に人がいないのに縦に行かずボールを詰まらせてるといっていた。ああ、山岸よ、小学生にまで言われてしまってるぞ。そしてそれを使ってるミシャはなぜにそこまで山岸にこだわってるのか理解できないのだった。

 後半に入り動きがあるのかと思いきや全くなくむしろ後退するばかりだった。それにより一方的に押し込まれる展開に陥り人数を掛けて相手の攻撃をしのいではセカンドボールを拾われるという負のパターンになってしまった。こうなるとサンフレッチェはなかなかこの状態から抜け出せない。そして左右に振られたボールは中央の大黒にあっさりと決められてしまったのだ。

「いやあ、いつもの失点パターンですねえ」

 ドクトルが呟いたがそのあまりにも定番の失点パターンにぼくはもう脱力感で虚ろになってしまった。点の入る気配はちっともない。すでに頼みの綱のミキッチは交代してしまった。もうどうすることもできない。

 こういう展開の時必ず出てくるのがムジリだった。だがなかなか出てこない。高萩と交代で出たのは84分だった。あまりにも短い時間のように思えたがここから活性する。ムジリはフィフティーフィフティーのボールをほとんど競り勝つことができる。それで攻撃にリズムが生まれる。そして寿人の折り返しをダイレクトで蹴った。そのボールは線を描いたようにまっすぐゴールに突き刺さった。

 同点。全員立ち上がる。行ける、行ける、まだ行ける。時間は少ない。でも逆転できる。波が押し寄せるようにサンフレッチェの攻撃は前に突き進んだ。後ろからドリブルでゴール前まで駆け上がることもあった。クロスを上げる機会もあった。それなのに自分でシュートを打たずにパスをしたことで時間が掛かったりクロスの精度がなかったりで得点に結びつかなかった。どうしてこのチームは相手のゴール前でストライカーのようになれないんだろう。もう時間はないぞ。急げ、急げ。

 だが無情にも終了の笛が吹かれがっくりと肩を落とした。勝てたよなとドクトルや他の仲間が言った。そうだよな、浩司のFKだって入ったと思ったんだけどな。寿人はシュート決めれなくなったよな。チュンソンはキレがないよね。かといって他に代わりがいないのが苦しいとこだよな。そしてもう少し時間があればというのが残念なとこだったがそれよりもどうしてもっと早くギアを上げなかったんだよと悔やんだのだった。

 それにしてもムジリはマリノスには必ずゴールを決める。他の選手がどんな絶好のチャンスを外そうとムジリだけは入れるとこできっちりと入れることができる。サンフレッチェにとって長いこといなかったスーパーサブと言える選手なのだった。

 関東での最終戦、今シーズンは2勝しかしなかった。何となくパッとしない。そういえば天皇杯がまだ残されてるんだった。果たして天皇杯は関東で試合をすることはあるのだろうか。

マリノス戦~スタジアムにたどり着く

2011/10/15 横浜Fマリノス vs サンフレッチェ広島 日産スタジアム

 横浜の空は灰色の雲が渦巻いてた。そして南からの生温かい風。スタジアムを包むその光景は波乱を予感させた。ただしぼくはそれとは別な意味での緊張を感じていたのだった。

 新横浜駅から日産スタジアムへ向かう通路は整備されずい分行きやすくなった。それが逆にスタジアムへのはやはり距離があるような感じを与えさせた。更にスタジアムに着いてもアウェイゲートはぐるっと廻らないといけない。そこがまた長いのだった。

 アウェイエリアの入り口、ぼくは恐る恐るチケットを出した。係員に見せるとやはり止められてしまった。ぼくのチケットにはホーム自由席と書かれてる。ホーム側に追い返されてしまうのだろうか。だけど紫で染まったぼくの格好を見ればここは何とかしてくれるんじゃないだろうかと淡い期待を込めてたのだった。

 なぜこんなチケットを持ってたか。それは近所の人の好意だった。サンフレッチェを応援してることを知ってるご近所さんは日産自動車経由で500円でチケットを用意してくれた。ぼくが頼んだというのもあるが後で気付いたのがそれがホームのチケットだということだった。果たしてこれでアウェイエリアでの観戦が可能か。ぼくはそんな余計な不安に支配されていたのだった。

 まあいい、ダメだったら当日券買ってもいいや。そう割り切ったもののすぐに係りの人がやってきて手書きでアウェイと書き直してくれこれで無事スタジアムに入ることができたのだった。

 スタンドに出ると他より広いアウェイエリアながらそれが人の密度を下げドクトルが手を振ってるのをすぐに見つけることができた。隣にはヨコハマさんも座ってる。ぼくはその後ろの方の席で合流すると屋根の下ということもあってさっきまでの天候の悪さが気にならなくなった。だがそれは逆にピッチとは隔離されてるような気もした。

「相変わらずここのスタジアムは観難いよな」

 ドクトルが笑いながら言ったがそれよりもとても閑散としたスタンドの方が気になった。後で知ったのだがそれでも2万人入ってたらしい。ビッグアーチでは2万人入れば結構入ってるように見える。同じ巨大スタジアムなのにこの違いは何なんだろう。ただしぼわーんとした臨場感のなさは共通してるものがある。それってビッグアーチとどっちが上だろうねという問いにドクトルは腕組みをして悩んだのだった。

2011年10月11日 (火)

金沢戦~冬の風物詩

2011/10/08  天皇杯2回戦 サンフレッチェ広島vsツエーゲン金沢 コカ・コーラウエスト広島スタジアム

「今日の試合でポジティブだったことは、私が広島に来て、このスタジアムで初めて勝ったことだ」

 ミシャのコメントは自嘲的だった。それだけでJ1JFLというカテゴリーの差を感じさせないデキだったのは想像できる。勝ったからいいもののこれで負けてたらとても許すことはできないだろう。

 とはいえ毎年毎年天皇杯ではこういうことが起こる。これまでも首の皮一枚残ったという感じで大学チームに勝ったりしたことがある。ジャイアント・キリングと言えばかっこ良いが単にJのチームが自滅をしてる場合が多い。なぜにそうなってしまうのだろう。考えられるとすればそれは雰囲気の問題なのだった。

 天皇杯といえばJリーグの試合と異なり広告看板もなくいかにも体育協会が運営してるというボワーンとした雰囲気がある。このつかみどころのないムードが緊張感をなくす要素にはなってるはずだ。その結果観客も少なくその観客の少なさがまたモチベーションの低さを招くという悪循環に陥っている。天皇杯も盛り上げるために日程をずらしたり開催地を工夫したりしてるのは分かるがそもそもの問題はこの雰囲気というやつを変えなければいけないのではなかろうか。

 そして天皇杯の最大の問題は試合が観れないことだった。そこでぼくらのできることは現地に行くか試合結果とメンバー表でイマジネーションを膨らますか2日遅れの『天皇杯ダイジェスト』を待つしかないのだ。それ故世間では天皇杯が開催されてるということ自体認知されてないのだった。

 『天皇杯ダイジェスト』を観ると先制しつつも逆転されそこでJ1の実力の差で余裕で逆転したという展開で編集されてた。だが現地での感覚はとは遊離してたようである。金沢の久保が一番拍手と声援を貰ってたという奇妙な状況だったようだ。そしてタイセイさんから詳しい内容がメールで送られたのだった。

まぁ天皇杯でJ1チームが下のカテゴリのチームに苦しむのは秋から冬の風物詩ですが

目の前でやられるとねぇ。

さっさと1点取ったのが良くなかったのかな。

あとコカスタは・・なんかあるなあそこは。

で、そんなとき頼りになるのはやはり寿人だった訳で。

んで、久保ですがロングループシュートを2回打って、相変わらず規格外。・・外れたからいいようなものの。

で、ポスト直撃1回、PK1回(ただし失敗)PKは中林がちょっとどうかしてたんだが。

あとツエーゲンの平林のロングシュートはJ1でもなかなかお目にかかれないスゴいもんでした。

山根のゴールはビックリ。終了後メインスタンドに来て拍手を受けておりました。

・・・ってなんでツエーゲンの事ばっかり書いてんだ。

横竹点取ったけどミス多い、大崎と石川はもっと突破しろ。トミッチ案外いい。

F戦に向けて心配だが何とかなってくれ。

2011年10月 3日 (月)

神戸戦を終え

2011/10/01 サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸 広島ビッグアーチ

・・・神戸戦、勝ったからいいけど観ててストレスたまったよぉ。

まぁ、最後のゴールでストレスが飛びましたが。以下、ボクとドクトルのゴール時の会話

「入ったー!入ったー!!入ったー!!」

「やっと入ったー!やっと、やっとー!!」

「入ったぁー!やっとだよぉ、やっとぉ!」この間3回程ハイタッチ。

神戸戦は暑かったですが、これからだんだん寒くなってくるみたいです。

今日なんか、市内でも寒いし。

 タイセイさんからメールが届いた。これによりドクトルが広島まで観戦に行ったことを知った。広島に実家があればそれも可能だ。だが広島に実家のないぼくはそうそうビッグアーチまで行けない。というのを理由にしていたのにタイセイさんは最後にしっかりとこう書いていた。

「宿はうちがありますから」

 その誘いはどんな甘美なる誘惑より強烈だった。ただし、これもこの試合に勝ったからこそであった。勝てなかった場合、例え引き分けであってたとしてもその落胆はとても耐え切れるものではなかっただろう。それくらいこの勝利の意味は大きかった。

 前節での無様過ぎる敗戦にもはや応援する価値さえ見出せなくなった。もう2度とサンフレッチェの試合は観ることができないと思いつつ結局は観てしまった。これはもう染み付いた習性のようなものなのでしょうがない。ただ、それでも理由付けをするならこれよりもっともっと辛い時期があったせいだろう。そういう意味では小野前監督には堪えるということを教えてもらったのかもしれないのだった。

どんなにつまらないと言われようとどんなに若手選手を潰そうとどんなに補強でクラブのアイデンティティをなくしていこうと絶対に辞める意思は見せなかった。実際にはクラブが契約してるのだから本人が辞めるどうのこうはお門違いだろう。だが傍目には辞めて欲しくても辞めないどこかの国の首相のようにも写った。三浦和良が『やめないよ』という著書を書いたがもし同じタイトルで小野前監督やどこかの国の前首相が本を出したらそのタイトルの意味は180度変わってネガティブなものとなってしまうだろう。

 ところで残りのシーズン、どういうモチベーションで臨めばいいんだろうという大きな問題が浮上した。すでにリーグ戦のタイトルは取れない。ナビスコも敗退。ACLも厳しい。いや、数字上可能である限り目指すべきなのだろうか。それともより多くの選手を使って来シーズンへの底上げをすべきなのだろうか。どちらがいいと聞かれればどっちもだと答えてしまう。チームの置かれてる状況はそんな曖昧な位置にあるようだ。

 タイトルが取れるならベストメンバーを組む必要がある。でもその可能性がないならそろそろ若い選手を使わないといけない。ただそれであってもある程度の試合のクオリティは出さないといけない。実は今大きな頭打ち状態になってるのではと危惧するのだった。

 成績が上がらないけど新たな戦力は台頭する。そんな楽しみがこの1年はなかった気がする。一つでも上の順位で終わりたいというのは当然であるもののこの残り少ないリーグ戦、この先数年を占うことになるかもしれないのだった。

2011年10月 1日 (土)

神戸戦~1週間での変貌

2011/10/01 サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸 広島ビッグアーチ

 中島、山岸、盛田はもう見たくなかった。そしたら本当にその3人はスタメンから外れていたのだった。さすがに前節のパフォーマンスはベンチにいたミシャにとっても問題を感じたのだろう。森脇も怪我しから復帰し青山も出場停止が解けたので理想的なメンバーを組めたのではなかろうか。もうこれで言い訳ができない。だけどこの言い訳ができないという状況が閉塞感のようにも感じるのだった。

 そしてその予感を実践するかのように慎重な試合が進められた。チーム全体で崩すというよりミキッチに頼り切っていた。確かにボールを預ければ一人で突破によってチャンスを演出する。もはや戦術ミキッチと言って良かった。そのスピードとテクニックは確かに強力な武器だった。ただしそこに依存し過ぎることによってチームとして攻め手を限定させてるようにも見えるのだった。

 なかなかシュートまで持ち込めず、かといってそれ程危ない場面もなく一進一退といったとこだった。そんな状況にもどかしくもありながらもすでにそういう煮え切らない展開にも慣れてしまっていた。山となる試合、そういう時に限って負けてしまうのにも慣れてるしこのチームを応援してると兎角落胆への免疫力が付いてくるのだった。そんな中、森脇が負傷でピッチを出た。代わりに出たのは中島。これでもうこの試合は終わったのではと悲観的な感情になるのだった。

 ただし、ハーフタイムでミシャの喝が入ったのか後半になると急にギアが入った。ズンズンとボールは前に行きゴールへ向かってる。シュートも放った。押している。それなのに神戸のDFは堅い。人数で守る。有利に思えてこういう時パスを奪われてカウンターというのが恐ろしいのだった。

 そんな中GKからのロングボールを最後列にいる中島が取った。そこからまた相手へパスを出してしまうのではと思いきやドリブルでボールを運ぶのだった。そして敵に前後を挟まれた時、その後のカウンターを考えると恐ろしかった。だがここで中島は左右の足で見事に切り返しで突破したのだった。中島のこんなプレーを観たには初めてだった。そしてその後3人の連動した動きがありシュートで終わった。そしてそのシュートを打ったのも中島あったのだった。

 中島のシュートはジャストミートせず打った瞬間外れると分かるものだったもののそのプレーには勇気付けられた。この後ほぼ一方的な展開になった。ピンチを量産するかと思いきやチームに活力を与えたのであった。

 しかし、頼みのミキッチは疲労により山岸と交代してしまった。また悩みの種が増えたというのとこれで攻めの選択肢は明らかに減った。攻めてはいるものの最後で全て防がれる。サイドからのクロスは弾き返される。中央は人数を掛けて通さない。シュートは外れる。一体どうやったら点が取れるんだろう。こういう時の頼みの綱はムジリだ。青山と交代で入ったムジリが何とかしてくれるだろうと期待するもそう思ったような展開にはならないのだった。

 CK、これも入りそうにない。FK。これも入りそうにない。神戸の守備の牙城は本当に厚い。攻めても攻めてもまるで城壁をノミで穴を空けてるかのように途方もないことのように思えた。何とか崩れないものだろうか。

 そんな時、またしてもCK。蹴るのは浩司だった。左足で放たれたそのキックは一旦クリアされるも服部がヘディングで再びゴール前へ入れチュンソンの頭へ。そのままヘッドで中へ入れると混戦から頭に当てたボールがゴールに入ったのである。そのゴールを決めたのが中島浩司だったのだ。

 入った。入った、入った、入った。全く、ちっとも、まるでアテにしてなかった中島が決めたのである。少ない残り時間での決勝点。その価値はとてつもなく大きかった。

 無事このまま試合終了。もう2度と観たくないと思っていた中島によって救われた。そして同じく観たくなかった山岸も惜しいシュートを放っていた。たった1週間前の絶望に陥れるプレーの数々は何だったんだろう。わずか1週間の内にまるで評価が変わってしまう。これだからサッカーは止められない。それこそが失望感からもうこんなチームの試合など観ないと心に誓うも結局次の試合は観てしまう理由なのだった。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30