« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月25日 (日)

福岡戦~厳しい現実

2011/09/25 アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島 レベルファイブスタジアム

 一体何をやってるんだ?余裕綽綽にボールを廻している割には特にプレッシャーも掛かってない場面で相手にパスを出してしまう。舐めていたんだろうか。舐めていた。そう見られたって仕方がない。相手が最下位のチームということで最初から勝ったような気でいたんだろう。勿論見ているこちらもそのつもりでいた。それが悪かったんだといえばそうかもしれない。

 立ち上がり、山岸はアーリークロスを上げれる場面で横パスを出した。そして寿人はGK11になりながらシュートさえ打てなかった。そこで暗雲が立ち込めた。ああ、この試合はもう駄目かもしれない。まだ始まって5分もしない内に勝つことが困難になる予感がした。そしてホームで対戦した時サンフはこのチームに勝てなかったことを思い出した。

 解説は圧倒的にサンフを格上のチームとして話を展開してたものの時間の経過と共にどちらが順位が上のチームだか分からなくなってくる。シュートを打つ福岡、シュートを打たないサンフ。確率論からいってどちらに得点の可能性があるか明白だ。せっかくゴール前まで攻めながらもウダウダとシュートを打たない内に相手ボールになってしまい逆襲を受けた。そもそもシュートを打たないというのは相手も分かっていたのだろう、その内ボールも奪えるという予測の元に心置きなくカウンターの準備を着々と進められてしまった。スピードに乗ったカウンターは見事に決まりあっさりと先制されたのだった。

 情けなさと怒りが同時にこみ上げてTV画面に背を向けてしまった。それがいかに無意味な行為だとしてもその場でジッとしていることができなかった。攻めていてやられる分にはまだ自制もできる。だがシュートも打たないでやられてしまうというのでは納得のしようがない。お前らやる気あるのか、点を取る気あるのか。そんな罵声をあげたくなった。

 そして後半、追いつかないといけないサンフは中島に代わってムジリが入った。それにより再三敵にパスを送ってたのが中島だというのが分かった。中島も良い時はパスの配給役として十四名役割を果たすが悪い時は敵へパスを配給してしまうという傾向がある。それが見事に試合毎にハッキリしてるのが性質が悪い。悪いなら悪いでずっと悪ければ最初から使わないのだがそうでない時があるということで使うととんでもないことになってしまうという丁半博打みたいなものだ。ただ、丁半博打という意味では代わったムジリも同様の悩みを持ってる選手でもあるのだった。

 しかし、ムジリ幸先よくゴール前でいきなりシュートまで持っていき今日はやってくれるのではという期待感を感じさせた。よし、これから反撃だと思っていたら今度は盛田がやらかしてくれた。単純に前へクリアしていればいいボールを後ろでつなごうとするあまりゴール前で敵に取られ2点目を決められたのである。これも相手へのパスだった。そういえば盛田も相手へのパスの多い選手だったのである。チーム内に相手へパスする選手が2人もいればさすがに勝てる訳がないのだった。

 だがここで火が付いた。俄然前掛かりになりシュートを狙っていく。ミキッチから何度もクロスが入る。DFの裏へボールが出る。だがその度に皆が皆シュートを外す。特に寿人の外しっぷりは100万回シュートを打っても入らないのではないかというくらい外してた。シュートを打っても入らない、もはや絶望的だった。

 ここで山岸に代わって石川が入ってきた。2点差を追わないといけない場面で出すということはミシャも石川には期するものがあったに違いない。だがこの石川がまるでピッチにいないのではないかというくらいにボールに絡まないのだった。まだ山岸の方がマシだった。いくら縦への突破がなかろうとシュートをふかそうとボールに絡んでるだけマシである。いや、むしろ後半になって段々と積極的になってきた矢先の交代だった。ミシャもこの交代は失敗だったと思ったのではなかろうか。

 波状攻撃をする中やっと決めたのはDFの水本だった。寿人の落としからシュートを放ったもののその時すでにアディショナルタイムに入ってた。遅い遅すぎた得点だった。あえなく終了。勝つべき相手から負けてしまったのである。何をやってるんだというのが正直な感想だった。

 なぜ前半からもっと貧欲にゴールを奪いにいかなかったんだろう。なぜあんなに敵にパスを送るんだろう。なぜ最初から勝とうという闘志を見せなかったんだろう。そんな疑問がグルグルと旋回するのだった。

 でもこの試合ではっきりしたことはもはやミキッチが封じられたら攻め手がないということだった。そして負けてる状況なのに交代枠を2人しか使わなかったという選手層の薄さ。それは交代出場した石川のパフォーマンスの低さでより痛感させられた。そして決定力が低い癖にシュートを打たないという習性。どれを取ってもポジティブになれる要素はないのだった。最下位のチームに負けたというよりその現実を突き付けられたことの方がショックなのだった。

2011年9月19日 (月)

磐田戦~呪縛を解き放つ

2011/09/17 サンフレッチェ広島vsジュビロ磐田 広島ビッグアーチ

 後半、いつの間にか雨は止んでいた。それと共に少ないと思ってたスタンドもそれなりに入ってることが確認できたがこれは恐らくコンコースで雨宿りをしていた人が多かったんだろうと予想される。ビッグアーチといいつつスタンドに屋根のないスタジアムでは雨は観戦に不都合でありながらこのスタジアムは雨が降ると雰囲気がピーンと引き締まる感じがする。雨上がりの夜、昔『マイアミ・バイス』というアメリカドラマがあったがまさにあれに似ている。そしてそういう時、グレン・フライの『You Belong to the City』が掛かってたものだ。

 ハーフタイムの後というのは不吉だ。追いかける相手としては当然対策を練ってくる。そして後半にやられてしまうという不安はどうしても前節の記憶が残ってるだけに感じてしまう。リードしていれば意気揚々としていられそうなものだが逆にそれが重しになってしまう。これもサンフレッチェだからこその悩みではないだろうか。

 だが、予想に反して後半はパスがつながりボールを前に運ぶことができた。後ろからもどんどん攻撃参加する。一度水本がペナルティエリアに入ってシュートする場面があったがディフェンダーがペナルティエリアに入って攻撃参加するという形はしばらく見てなかったような気がした。そう、これがサンフレッチェだ。攻撃しないと始まらない。シュートしなければ点が入らない。上手くいかないことが続くとどうしても見失いがちになる。やっぱり攻撃してこそのサンフレッチェだ。

 再三シュートはするものの全て防がれたもののCKのチャンスを得た。サンフのCKはちっとも期待感がないもののこれだけチームが得点を狙ってる状態だととても可能性が高まってるような気がする。そして浩司の蹴ったキックは真ん中の密集地帯に入ったように見えた。そして気付けばゴールの隅にフワッと入っていったのである。

 誰だか分からなかったが決めたのはチュンソンだった。スロー再生を観ると相手は2人いるも何とか当てて入ったという感じである。2点目が取れないという悩みがあったチュンソンだったがそれを克服ししかも勝利を手繰り寄せる貴重な追加点となったのだ。そしてこの時気付いた。実はチュンソンは磐田には相性がいいのだ。柏時代を含めなぜか磐田との試合は点を取っている。実は前田がサンフにとって天敵なのと同様チュンソンも磐田にとって天敵だったのだ。ただ、結果が伴わないからその事実に気付かなかっただけであった。

 そしてサンフの天敵前田は水本がよくマークしてた。さすがに今までのDFと違って前田は自由にさせてもらってない。だがもう1人の天敵、菅沼がピッチに入ってきた。この選手も嫌な思い出ばかりがある。失点するとしたら絶対にこの選手が絡んでくるはずだ。そう思ってたら早速その場面が訪れた。

 ペナルティエリアの前でファールをしてしまい中島がカードを貰ったが、その隙にリスタートしてドリブルで切れ込んだのは菅沼だった。集中を切らしてない西川は飛び出しで菅沼と接触。その際のルーズボールを荒田にシュート打たれるも運よくポストに当たって事なきを得た。思えばこれが分岐点だったろう。この時決まっていれば磐田は息を吹き返した。そして菅沼はより自信を深めた。前田も2点目、3点目への道筋も立てただろう。ただしこれ以降失点をしなかったというのはこの試合を締めるという意味以上に過剰に与えた天敵へのジンクスを断ち切ったというのが大きかった。

 31。スコアとしてみれば圧勝である。それなのに勝った安堵感に包まれたのは3点先制した後逆転された前節の試合のせいだ。でも今回は勝った。攻撃的に勝った。これで精神的な呪縛から解き放たれることができた。これでまたサンフの試合を楽しみにすることができる。この勝利、大きかった。でももしかしてああいう悲劇があったからこそ成し遂げた試合だったのかもしれない。良いこともあれば悪いこともある。ああ、サッカーとは人生そのものだなと感慨ふけるのだった。

2011年9月17日 (土)

磐田戦~早い先制点

2011/09/17 サンフレッチェ広島vsジュビロ磐田 広島ビッグアーチ

 サンフレッチェのことは忘れていた。

 この1週間のぼくの偽らざる気持ちである。そしてもう2度とサンフレッチェの試合は見まいとさえ考えてしまった。そりゃそうだ、3点差を付けておきながらその後5失点もするチームに何の希望を見出すことができるだろう。もう絶対に勝てない。そして思い出したくもない。前節の悲劇のような逆転劇に胸が張り裂けそうだった。それ故触れぬのが一番だったのだ。それなのに中継のチャンネルに合わせてしまう。ああ、ぼくはどうして悲劇を体験してしまおうとするのだろう。

 相手は磐田。それもネガティブな要素だった。磐田にはなぜか勝てない。どんなに調子が悪くてもサンフには勝ってしまうという厄介なチームだ。そしてサンフ最大の天敵、前田がいるのである。絶対にこの選手にだけは決められたくなかった。ただし当の本人はサンフには点が取れるという自信を持ってるだろう。そして代表でチュンソンとポジションを争う身としては絶対に結果を出さなくてはいけないという闘志を燃やしてるはずだった。何とも厄介な条件が揃ったものだ。

 そして画面に映ったビッグアーチのスタンドは客が入ってなかった。大粒の雨が降ってるのが画面からも伝わりそういえば台風が接近してるんだったとその時になって思い出したのだった。客が入らないのも天候のせいだろう。だけどぼくのように前節の悲劇に打ちひしがれて来なくなった人もいるのではと不安にもなった。

 立ち上がり3分、サンフは先制した。ミキッチからのクロスは跳ね返されるもボールは中央下がり目にいたチュンソンの真正面に。チュンソンはきっちりと決めたのだった。

 雄叫びを上げてしまった。が、すぐに冷静な感情が支配した。早い時間の先制点、これまで何度もしてきたがその都度逆転されたのだ。今回もそうなるかもしれない。追加点。それがないと全く安心できない。チュンソンも2点目が取れない。ずいぶん贅沢な要求かもしれないが守れないチームだから得点を要求するのは当然のことだった。

 だが、ここでミキッチのスピードに救われた。ハーフウェーライン付近に出たボールにミキッチは磐田の選手の背後から猛烈な勢いでボールを追いついにはペナルティエリアまでボールを運ぶと相手選手に倒されてしまった。PK獲得。やっぱりミキッチのスピードは脅威だ。

 そしてPKのキッカーは寿人。ストライカーとしては期待してる寿人だがPKのキッカーとしてはどこか不安感がある。それでもキックの方向は読まれたもののキックにスピードがあったので無問題だった。2点目、これでちょっと肩の荷が下りたのだった。

 しかし、この後だった。ペナルティエリア深くに侵入されるとマイナスのクロスを入れられ真ん中にいた前田に決められてしまった。また前田だ。いつも同じ選手にやられる。全く学習能力がない。そもそもゴールラインまでドリブルしたらマイナスのクロスというのはどのサッカーの教則本にも書いてある。そんな基本的なことまで分かってないのか。前田のマークはどうなってたんだ。情けない、情けない。

 そんなぼくの叫びに力を得たように磐田は息を吹き返した。ああ、また逆転。そんな暗雲が立ち込め、早いとこ前半戦を終了してもらいたかった。それなのによりによって前半戦のアディショナルタイムが2分もあった。それって長すぎるだろう。早く終わらせろよと焦るのだった。とりあえずはハーフタイムでこの悪い流れを断ち切って欲しかった。

 21、安心して観ていられるようになるにはあと何点いるのだろう。ハーフタイム、ハーフタイムが待ち遠しかった。

2011年9月10日 (土)

セレッソ戦~悲劇の後半

2011/09/10 セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島 大阪長居スタジアム

 一体何点差付ければ勝つことができるのだろう。

 そんな疑問を浮かべてしまった。と同時にこうなることをすでに予想してた。それは何ら根拠のないことであるが勘が働いた。サンフレッチェを観続けていて悪いことの予感はなぜか当たる。普通あり得ないようなことも起きてしまう。呪いを掛けられてるのか。恐らくそうであろう。これはもはやサッカーではない。オカルトの世界である。

 この世の中のどこに3点差をつけておきながら後半5失点もして逆転負けをしてしまうプロのチームがあるだろう。もしかしたらアジアのどこか、はたまたアフリカのどこかのクラブチームではあり得るのかもしれない。だけどそういうリーグが本当にプロと呼べるだろうか。そんなリーグがあるならぼくはまだ慰められるだろう。

 「決定力について私は指導する能力がないのかもしれない」と決定機をことごとく外すチームについてコメントしていた。そこで広島修道大学や吉備国際大学といった学生相手にトレーニングマッチを組みゴールを量産さすことでゴールへの感覚を身に着けるという目的は成功したと思う。だけどそれ以上に失点するのだからこれはどうしようもない。このチームは一度歯車が狂うと堤防が決壊したように崩壊する。その癖はずっとずっと前、ミシャが来る前から持ってるメンタリティのような気がする。それ故にこの失点劇にはとても希望が見出せないのだった。

 3点差では守りきれない。だとしたら勝つ為には6点差必要。これが天文学的な数字だというのはハッキリしている。それだけに絶望感が漂う。どうやっても勝てないような気がしてしまうのだった。

 だがそれでも決定力不足が原因だろう。後半4点目を入れるチャンスはあった。それなのに寿人は見事にシュートをふかしてしまった。ああいう決定機を粗末に扱うとこが結局のところ相手に勢いを与えてしまう。どうしてゴール前になるとああも雑になってしまうんだろう。

 今まで水本が復帰すれば失点も減ると言われていたものの水本がいても45分の内に5失点もしてしまった。これがまた絶望感の上塗りをしてしまった。横竹や丸谷といった若手も試合に出場するも自分がチームを助けるという意識が希薄で絶好機に簡単にトラップミスをしてチャンスを潰してしまうのだった。ということでメンバーを替えるにも替えようがないといったとこだ。

 光がない中ぼくらはどうしよう。祈り、祈りを捧げるしかない。アーメンでもナンマイダでもいい。チームを勝たせる祈りを教えてくれ。ああ、やっぱりオカルトめいてきた。しょうがない、ぼくはすでに正常な思考はできなくなってしまってるんだから。

2011年9月 3日 (土)

北朝鮮戦~代表との同一性

2011/09/02 日本vs北朝鮮 埼玉スタジアム2002

 2006年ドイツW杯を掛けた最終予選初戦の相手も北朝鮮だった。闇のベールに包まれた北朝鮮、恐らくは日本の大勝だろうと思われたが点が取れずアディショナルタイムで交代で出た大黒が決めて辛うじて勝ち点3を得ることができた。慢心というものがあったのも事実だが意外にも北朝鮮が強いことをその時知った。ただし、サンフレッチェでもスタメン出場の難しいリ・ハンジェでさえスタメンを張ってるような相手に何であそこまで苦戦するのか不思議ではあった。

 ただしその次の2010年南アフリカW杯で本大会出場を果たしたことによりある程度の実力があるのを証明してみせた。メンバーには当時川崎に所属したチョン・テセは存在感抜群でこの大会後ドイツのボーフムへ移籍したことからも選手の質が上がったのは明白だった。そして今回リャン・ヨンギなどJリーグやヨーロッパのリーグに所属する選手が増えたこともチーム力を上げる要因になっている。

 そんな北朝鮮に対し日本は主導権を握った戦いを繰り広げた。ボール支配率で上回るだけでなく攻撃へのヴァリエーションも豊富でゴールへの道筋はできていた。それなのに最後が決まらない。攻めても入らない。この残念さ、もどかしさ、どこかで味わったことがある。そう、サンフレッチェはいつもこういう試合をしているのだった。

 そしてピッチにはチュンソン、柏木、駒野とサンフに所属した選手が3人もいた。サンフがもっとお金持ちで人気もありブランド力もあったら柏木、駒野は今もサンフにいただろう。そう考えると現在のサンフでは観れない布陣をここで観れたとも言える。長いことW杯には縁のなかったサンフが予選であっても関わることができたことも相まって久々に当事者意識を感じる大会となった。

 しかし、夢の舞台となったかというとまるでその逆でまさに悪い時のサンフをそのまま再現してるかのようだった。チュンソンは動きが周りと噛み合わないし柏木は前線のプレッシャーにボールキープできず肝心のシュートの場面では見事にボールをふかしてしまうという惨状だ。そしてそんな病のような症状はチーム全体に浸透しシュートをゴールポストに当ててしまうというとこまで一緒だった。

 アディショナルタイム、散々続いたCKDFの吉田が決めやっと勝つことができた。DFCKで何とか決め10で勝った展開も大宮戦と似ていた。どうしてこうもサンフと同一視できる要素が多いんだろう。果たしてそれは単なる気のせいだろうか。多くのサッカーファンはどう感じるのだろう。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

サンフレッチェの魂~リンク集

  • SANFRECCE Diary
    このブログを読んでる人ならすでに知ってるだろうから今更リンクを貼るのが恥ずかしい気もする。 何せこのサイト1997年から毎日更新してるというのが凄い。 過去の記事などはぼくも参考にさせてもらうことも多い。 継続は力なりというが実際には継続するのに力がいる。 そういう意味でも管理人のせと☆ひできさんは偉大である。
  • ススボウブログ
    自分サッカーやグルメについてのブログということです。 かなり熱心に応援してる方のようです。
  • ひろしま日記&サンフレッチェコーナー
    試合を時系列で紹介したりかなり凝った内容となってます。 現地の様子など行った人でしか分からないことがあり興味深いです。 試合に行った人も行けなかった人も楽しめるのではないでしょうか。
  • ゆみしん徒然の書
    ゆみしんさんのブログ。本当に色んなスタジアムに観戦に出かけて現地の様子をレポートしてます。観戦者視点でそれぞれのスタジアムの様子が分かり現地に行く時の参考になりそうです。
  • Scud Sanfrecce
    MICRAさんのサイト。ここの特集のコーナーは必見。サンフレッチェはなぜ人気がないかという考察については今までに見ない観点がある。是非一度読んでください。
  • ヒロシマ・コーリング
    今そこにある危機。サンフレッチェにはメディアが少ない。その為妙にぬるい記事が目立つ。そんな甘い現状にこのまま放置していいのかという危機感を感じた時発言していく。

ぼくのミュージック・ライフ

  • Songs Remains the Same
    Led Zeppelin: 聖なる館
    数あるレッド・ツェッペリンの名曲の中でもこれが特に好き。この曲はダブルネック・ギターがあったからこそできたような曲でこういう変則的なギターを使いこなしてるという意味でもジミー・ペイジは凄い。ロックの歴史の中で数々のギターを使ったギタリストはいたがこうしてちゃんと曲のクオリティーを保った形で生かした例というのは他にないのではないだろうか。だからぼくはレッド・ツェッペリンのライブではこの曲が一番聴きたい。そういう意味でDVD、CD含めてライブの音源が一枚しかないというのは勿体無い。だからツェッペリンの海賊版はやたらと高いんだろう。 (★★★★★)
  • モータウン・ジャンク
    Manic Street Preachers: ジェネレーション・テロリスト
     ぼくはこの曲を聴いた時はぶっ飛んでしまった。パンクのエモーショナルな躍動感がありそれでいてヴォーカルの高い声。パンクとは一線を引いてるようでその情熱はパンクだった。ハードロックとも言えないその曲調はこのバンドの大きな特徴だった。  元々このバンド、2枚組みのアルバムを出して解散すると豪語してたが結局15年経った今でも活動している。しかもCDは当時より売れて作品の評価も高くなってる。同時期に出たバンドがまるで残ってないことからすると相当に快挙である。それについて本人達ももっともらしいコメントを出すがそれがいかにも洗練されてる。パンク的でありながら教養のある人達だというのが分かる。そのどうしようもなくハチャメチャでありそうでいながら実はごくマトモな人達というギャップが親近感を呼んでる。だからこのバンドの曲は歌詞までジックリと読んでしまう。  しかし、この人達の作品は結構多く全部網羅するのは骨が折れる。この音楽へのバイタリティ、これだけは間違いなく本物だということだ。 (★★★★★)
  • ルイ・ルイ
    Johnny Thunders: New Rose Collection
     ジョニー・サンダースの死後に出たライブ音源とアコースティック・ギターによるスタジオ録音を音源に編集したアルバム。その中でもこの曲とDo You Love Meは圧巻だった。ラジカセで録ったような音源であるが、それが逆に臨場感を出している。分かる人にしか分からないという作品だ。  ちなみに現在このCDが売ってるのかどうか知らない。これだけセンスのある人がこんなカルト的な存在で終わってしまったのは理不尽な気がする。だからこそ好きな人にはよりたまらない存在になってしまうのだ。 (★★★★)
  • ロクサーヌ
    Police: ロクサーヌ
     これが売春婦に関する歌だと知ったのはずっと後のこと。歌詞も分からずずっとこの曲を聴いていた。勿論歌詞を知ってからもこの曲は大好きな曲だけど。  本当かどうか知らないけどこの曲の入ってるファースト・アルバムはわざと下手に演奏したらしい。理由は当時パンク・ニュー・ウェーブのブームの中でスタイルを合わせたということだろう。そしてセカンド・アルバムでは実力に見合った演奏で上手くなったと思わせたらしい。そういわれてみるとファーストでは音数が少ないシンプルな曲が多いような気がする。このバンド、5作しかアルバムがないのだがそういう抜け目なさというのは元から持ってたようだ。5作とも素晴らしく駄作のないバンドだった。 (★★★★★)

ぼくのブック・ライフ

  • トニー・サンチェス: 悪魔を憐れむ歌
    ローリング・ストーンズの暴露本である。現在は改題され『夜をぶっとばせ』になってるがタイトルといいブックカバーといい前の方がシックリしていた。 ストーンズというのはぼくが最も影響を受けたバンドの内の一つだが、ここまで無茶苦茶をやってそしてそれが逆に彼らのダークなイメージにつながった。まさにロック・バンドの典型である。どんなに悪ぶっても彼らのようにはなれないし彼らのような影響力は出せないだろう。 時代をロックと女とクスリと共に駆け巡り気付けば巨大産業に飲み込まれていったストーンズ。作者はそんなストーンズに最後は身も心もすり減らされてしまったらしい。それでも未だに活動しているストーンズはある意味怪物だ。 ぼくとしてはこの本の訳者中江昌彦の翻訳もその場に居合わせたような感覚になるのが良かった。他にも『レス・ダン・ゼロ』などもいい雰囲気を出してた。今まで本なんか読んだこともなかったぼくが高校生の時読んで凄いショックを受けたのをよく覚えてる。当時のブックカバーの最後に「END]という文字が書かれてたが読後その文字が見た目以上に大きく見えたものだ。 (★★★★★)
  • 落合信彦: 第四帝国
     まず最初に断っておこう。これはトンデモ本である。ここに書かれてる内容は根も葉もないことと言っていい。そもそもこの落合信彦という人がゴースト・ライターを使ってマトモに取材してるかどうか怪しい。本人いわくCIAに100人も友人がいるというから情報には事欠かないということらしいがこれではアメリカ政府のトップシークレットがなぜか来るというUFO研究者と言ってることが変わらない。そういえばUFOに関しての記述もこの本ではありオリジナルな展開を見せてるのは興味深かった。  内容はナチス・ドイツの残党が世界各地で暗躍してるというものでヒトラーは生きてる、UFOは実はナチスが造ったというファンタジーが溢れてる。その展開はちょっとしたSFといっていい。  事の真実なんてどうでもいい。ただ単純にエンターテイメントとして読めば何の問題もないだろう。誰も「ゴルゴ13」を読んで事実と違うと言わないだろう。それと同じことだ。  しかしこの人、いかにも事実というように書くのが上手い。文章も簡単でスラスラと読めるので展開のテンポがいいのである。だから知らないうちに読んでしまってるという感じになる。そのスタイルはぼくもずいぶんと参考にさせてもらった。  まあ実際はゴースト・ライターなんだが。 (★★★)
  • ニック・ホーンビィ: ぼくのプレミア・ライフ
     このブログの元ネタとなった本。この本との出合いはサンフレッチェの応援仲間に渡されたことだ。その存在は知ってたものの読む機会がなかったのでありがたかった。  内容はというとアーセナルを応援する著者のその観戦生活といったとこだがこれを読むと結構日本のサポーターもプレミアのサポーターも変わらないとこがあるのがわかる。退屈な、退屈なアーセナルというタイトルには笑ってしまった。なぜなら分かり過ぎるくらい分かる心情だからだ。ぼくもサンフレッチェを応援してて何度同じことを感じただろう。  今やアーセナルはプレミア・リーグでも優勝しチャンピオンズ・リーグでも決勝に進出するような存在。一方ぼくの応援するサンフレッチェ広島はJリーグの1部リーグで常に降格の危機を感じるクラブ。でもその根っこは同じである。海外サッカー好きにはJリーグをバカにする傾向があるがそういう人には分からない内容かもしれない。 (★★★★★)

JリーグPR

  • Jリーグ2010特命PR部員 Miles